「ながら」エクササイズでらくらくダイエット!効率よく脂肪燃焼ができる「NEAT UP」とは?

「ながら」エクササイズでらくらくダイエット!効率よく脂肪燃焼ができる「NEAT UP」とは?

今回は、だれでも簡単にできる「ながら」エクササイズをご紹介。ちょっとした普段の動きに動作をプラスして、普段どおりに生活しながら、実はダイエットにつながっている。そんなお得なエクササイズをたくさん紹介していきます!「やっぱりダイエットが続かない」「できれば本格的な運動をしないでやせたい!」方にはおすすめですよ。


「NEAT UP」ダイエットって知ってる?

「NEAT(ニート)」という言葉を聞いたことはありますか?
「NEAT」とは、「Nonexercise Activity Thermogenesis」の頭文字をとったもので、非運動性身体活動によるエネルギー消費のことをいいます。
そのNEATを増やすのが「NEAT UP」。

「やせたい」「健康のためにダイエットしなきゃ…」でも、時間がない!そんな忙しい現代人にオススメな、効率よくカロリー消費量を増やせるダイエット方法が、この「NEAT UP」ダイエットです。

これではわかりにくいかもしれませんが、要は家事などの日常生活に伴うエネルギー消費活動のこと。まさに、「ながら」エクササイズのことなのです!

ランニングやスイミングなどの、いわゆるエクササイズやスポーツによるエネルギー消費は該当しません。

なぜ「NEAT UP」がおすすめなの?

私たちが1日24時間で行うエネルギー消費は、大きく分けて次の3つで構成されています。

基礎代謝によるエネルギー消費

3つのうち、一番割合が大きいのが基礎代謝によるエネルギー消費で、約60%。その量は性別、年齢、体格によって変わります。

食事誘発性熱産生によるエネルギー消費

食事誘発性熱産生は、食事後に起こる代謝の活発化のこと。この消費量は約10%といわれています。

身体活動によるエネルギー消費

残りの約30%が、身体活動によるものです。

この身体活動によるエネルギー消費量を、エクササイズや運動をして上げるのはとても良いこと。ですが、「忙しくて、そんな時間とれない」という人も多いでしょう。

そこで注目してほしいのが、NEATなのです!
わざわざ運動する時間を取るのではなく、普段の生活で行う家事や通勤・通学の時間を使って、エネルギー消費量を上げる。
例えば、「掃除機をかける」「洗濯をする」などの行動によるエネルギー消費量をアップする。
つまり、効率が良いから、NEAT UPがオススメなのです。

それでは、NEAT UPのコツをご紹介していきましょう。

ちょこちょこ動いて代謝UP!「NEAT UP」のコツ

お洗濯中に

今はスイッチを押すだけで洗濯機が洗ってくれますが、昔は洗濯板でゴシゴシやっていたわけですから、当時の女性はさぞかし二の腕が引き締められていたことと思います。

洗濯板で二の腕引き締めもいいのですが、手も荒れそうだしちょっと大変そうですので、現代の女性は洗濯物を干しながら、太ももの筋トレを行っていきましょう。

1:洗い終わった洗濯物を床に置く。

2:次に干すものを取るときに、脚を前後に開いて、ひざを直角に曲げるようにしてかがむ。

3:1回ごとに足を入れ替えるか、半分干したら体の向きを変えるかして、左右の太ももを均等に引き締めるようにする。

また、洗濯物を干すハンガーは、できるだけ高い位置にかけるようにすると、肩こり解消の動きにつながるので、おすすめです。

お掃除中に

床に落ちているゴミやホコリは、これまたスイッチひとつで掃除機が集めてくれちゃいますが、NEAT UPを目指すなら、自分の手で集めることにしましょう。

実は、床の拭き掃除は、おなかの引き締めに最高のエクササイズなのです!

1:腕と両太ももが垂直になるようにして、四つんばいになる。

2:おなかをキュッと引き締めるように意識して、背すじを一直線に伸ばす。

3:この体勢をキープしながら、片手に持った雑巾で周りの床を拭く。

4:左右の手で交互に拭いていく。

5:床を拭く手と反対側のひざを浮かすと、さらにおなかに効くエクササイズに。

円を描くように手を動かすと、肩のインナーマッスルの運動にもなるので、肩こり解消にもつながりますよ。

外出先でできる「NEAT UP」ダイエット

お買い物中に

週末は、街に出かけてショッピングをするのが楽しみ!というあなた。

そんなショッピングも、ちょっと意識をするだけで素晴らしいエクサになるって知っていましたか?

ウィンドウショッピングを1時間楽しむのは、言い換えればウォーキングを60分行っているようなものです。

なので、服などのお買い物が好きな方には、積極的に「ウィンドウショッピング」することがおすすめです。

この記事のライター

美容・ヘルスケアライターです。恋愛など、女性のお悩み記事も配信していきます!
好きな飲み物は南の島で飲むビール♡

関連する投稿


冬こそ鍋ダイエット! 痩せる理由とコツを教えます:レシピ付き【管理栄養士監修】

冬こそ鍋ダイエット! 痩せる理由とコツを教えます:レシピ付き【管理栄養士監修】

冬が近づいてくると恋しくなる鍋。鍋は心も体も温まりますよね。また具材を切るだけで準備でき、片付けも簡単などのメリットがあります。そしてダイエットに鍋が活用できることはご存知ですか?そこで今回は鍋を活用したダイエットとレシピをご紹介いたします。


料理好きのみなさん、狭いキッチン、どうやって使ってる?

料理好きのみなさん、狭いキッチン、どうやって使ってる?

料理を楽しむための工夫をまとめてみました。


2人でやると効果アップ! カップルにおすすめのエクササイズ3選

2人でやると効果アップ! カップルにおすすめのエクササイズ3選

前回、前々回と二人で協力することで高い効果の得られるエクササイズを紹介してきましたが、今回は一緒に行うことで、より楽しくできて、二人の仲も深まる、そんなエクササイズを紹介していきます。


2人でやると効果アップ! ペアトレーニングのやり方【中~上級編】

2人でやると効果アップ! ペアトレーニングのやり方【中~上級編】

「ダイエットしよう」「運動しよう」と思っても、なかなか続かなかった経験、誰にもあるのではないでしょうか?そんなあなたも、パートナーと一緒に行う「ペアトレーニング」なら続けられるかもしれません!というわけで、今回のテーマも、前回に引き続いて「ペアトレーニング」です。


二人でカラダを鍛え抜く!彼と楽しみたいエクササイズデートプラン

二人でカラダを鍛え抜く!彼と楽しみたいエクササイズデートプラン

一人で黙々と運動するのも楽しいけど、彼がいるなら彼と一緒にトレーニングを。お互いにスタイル維持や、健康管理のために努力し続ける関係って素敵。エクササイズデートは、大人カップルらしいデートとも言えます。今回は、彼と楽しみたいエクササイズデートプランをご紹介します。


最新の投稿


膣が狭いのは膣狭窄が原因?セックスで挿入時に性交痛があり、彼とギクシャク…

膣が狭いのは膣狭窄が原因?セックスで挿入時に性交痛があり、彼とギクシャク…

「彼のことは好きなのに、膣が狭いのか、性交時の挿入が痛くてつらい。膣が狭いのは病気…?“ゆるい”よりは“キツい”が良いと言うけれど、痛すぎる」。膣狭窄という病気があると知り、挿入時に痛みが出るほど膣が狭いのは、もしかして膣狭窄が原因なのではないかと心配している人もいるでしょう。ここでは、膣狭窄と膣の狭さ、性交痛の関係について解説します。


冬こそ鍋ダイエット! 痩せる理由とコツを教えます:レシピ付き【管理栄養士監修】

冬こそ鍋ダイエット! 痩せる理由とコツを教えます:レシピ付き【管理栄養士監修】

冬が近づいてくると恋しくなる鍋。鍋は心も体も温まりますよね。また具材を切るだけで準備でき、片付けも簡単などのメリットがあります。そしてダイエットに鍋が活用できることはご存知ですか?そこで今回は鍋を活用したダイエットとレシピをご紹介いたします。


夫と妻に10の質問!結婚相手との関係をどう感じてる?7割以上が“円満”と回答

夫と妻に10の質問!結婚相手との関係をどう感じてる?7割以上が“円満”と回答

11月22日は「いい夫婦の日」。3組に1組が離婚するこの時代ですが、これからの長い人生において「現在のパートナーと一生を添い遂げたい」と願う既婚者も多いはず。40代から定年前の59歳までの既婚男女は「結婚相手との関係」をどのように感じているのか?美容外科「東京イセアクリニック」が実施したアンケートで、夫婦のホンネを見ていきましょう。


恋愛の優先順位が低い彼氏…男性の優先順位と向き合うための5つの方法

恋愛の優先順位が低い彼氏…男性の優先順位と向き合うための5つの方法

「彼とデートの約束をしていたのに、仕事が入ってドタキャンされた」「友達とは会うのに、私との時間はなかなか作ってくれない」あなたはこんな経験したことないですか?「私って彼に愛されてないの?」と思ってしまいがちですが、彼女を後回しにすることって、実は男性あるあるみたい。今回は、そんな恋愛の優先順位が低い彼氏と向き合うための方法をご紹介します。


大人の恋愛を成就させるために「捨てた方がいい5つの思い込み」

大人の恋愛を成就させるために「捨てた方がいい5つの思い込み」

「両思いになりたい」と考えたとき、「デートに誘って引かれたら怖い」「私の方が年上だから恋愛対象外かも」と及び腰になってしまった経験がある女性は多いでしょう。ですが、「女性からアプローチしたら男性は引く」「男性は年下の女性が好き」というのは単なる思い込みかもしれません。恋愛を邪魔しているかもしれない「間違った思い込み」を捨て、もっと自由に恋愛を楽しみましょう!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング