どこまで許される!? 可愛いわがままとウザいわがままのボーダーラインって?

どこまで許される!? 可愛いわがままとウザいわがままのボーダーラインって?

彼の機嫌がいいから可愛くおねだり。今回は許されても、次回以降も対応してもらえるとは限りません。わがままのつもりで伝えたことが、実は彼からしてみると「束縛」だったり……。わがままは一歩はずれると、可愛くなくなってしまいます。今回は、可愛いわがままとウザいわがままのボーダーラインについてご紹介。わがままって、どこまで許されるの?


可愛いわがままの特徴

可愛いわがまま#1 控えめにお願いをする

わがままを「可愛い」の範囲でおさえておきたいなら、控えめにお願いするのが一番です。
たとえば一緒にウィンドウショッピングをしているときに「これ、今度の記念日にほしいなぁ。なーんて」と可愛くおねだりするのは、きっと許してもらえるでしょう。

しかし「これ今度の記念日までに買っておいてよね。たまには男らしいところを見せてよ」と、強制的に行動させるのは可愛いわがままとはいえません。
おそらく、彼の目には“ただ駄々をこねている大きな子ども”にしか映らないでしょう。

何かお願いをするときは、あくまでも控えめに。「これくらい当然でしょ?」と思いながらお願いをすると、可愛いわがままとしては受け付けてもらえません。

可愛いわがまま#2 「もっと一緒にいたい」「離れたくない」はOKライン

デートの解散時刻が迫ってくる中「もっと一緒にいたい」と伝えるのは、どうやら可愛いわがままの範囲のようです。彼に何かを強制することなく、純粋な気持ちを伝えているだけですからね。

ただし彼が「もう今日は帰らなきゃね」と優しく諭したときに「絶対に嫌!」と言うのは、一瞬にしてウザいわがままになってしまいます。

あくまでも可愛く振る舞うからこそ「こいつは可愛いな」と思ってもらえるのです。彼をドキッとさせたいときは、自分の気持ちを我慢するより正直に伝えた方が、つまり可愛いわがままを言った方が二人の絆も強まるでしょう。

ウザいわがままの特徴

ウザいわがまま#1 自分中心じゃないと気が済まない

ウザいわがままと思われてしまうのは、きっと自分しか考えていないから。せっかくのデートなのに、彼からのリクエストをすべて断っていませんか?

彼が「ここに行ってみたいんだけど」と言っても「えー面倒くさい」と、提案を却下。「私はこっちに行きたいからついてきて」と、まるで犬のように彼を従わせる状態……。

最初のうちは彼も「従うことで彼女が喜ぶなら」と思っていたかもしれません。しかし付き合いが長くなれば、最初は恋の色眼鏡で可愛く見えていたわがままが、ウザいわがままとしか思えなくなります。

彼がストレスで爆発する前に、ウザいわがままの頻度を下げておきましょう。自分の目の前から彼がいなくなってから、後悔しないように。

ウザいわがまま#2 彼氏の心理状態を無視して無茶なお願いをする

「今日は帰りたくない」というワンフレーズも、彼氏の心理状態がいいからこそ「可愛い」と思ってもらえます。

もし仕事で忙しく、早めに帰りたいと思っていたら……。とても可愛いとは思えないでしょう。むしろ自分が仕事で忙しいのを知っていて、わざとそんなことを言ってくるのかと、喧嘩に発展するかも。

彼氏の心理状態や状況を無視して、一方的なお願いをするのは「ウザいわがまま」になってしまいます。たとえ自分としては可愛くおねだりしたつもりでも、状況を無視しているなら、それはウザいわがままなのです。

可愛いわがままには思いやりが必要です。わがままを言うときは、必ずお互いの状況を確認。とくに彼氏の心理状態を読みながら、伝えましょうね♡

ウザいわがまま#3 連絡を義務として押し付けてくる

男性が一番嫌がる彼女のウザいわがままは「もっと連絡してよ」かもしれません。
ただでさえ仕事で忙しいのに「もっと連絡してほしい」「なんで既読をつけたまま返してくれないの?」と、非難されるばかり。

そもそも男性は、頻繁にやりとりをするという感覚がないはず。毎日連絡をしてほしい、と言われても、毎回何を送ればいいのか分からなくなる男性も少なくありません。
結果として「おはよう」「おつかれさま」しか思いつかず、また彼女から「それしか言うことないの?」と怒られることに……。

カップルにとって、連絡の義務化は必須条件といえば、そうなのかもしれませんが、度を越えると一方的に価値観を押し付けている状態になります。「私の価値観にあなたは合わせるべきよ」と思いはじめているなら、やや危険。

彼氏に行動を強制したり、価値観を無理やり変えさせようとしたり。相手にストレスを与えるわがままは、ウザいわがままといえます。

相手のことを考えていないわがままは、すべて「ウザい」と認定される

わがままを伝えるときは、必ず相手の状況を確認。
今は言うべきではないと感じるなら、飲み込むのも彼女なりの気遣いです。

一方的に自分のお願いを押し付けるのは、すべてウザいわがままと認定されるでしょう。どうしても、わがままを言いたくなったら、シンプルかつ可愛く、控えめに伝えてみてくださいね♡

カップル 一覧 >

この記事のライター

コラムニスト、webライター。
1990年東京都生まれ。恋愛・ライフスタイル記事を中心に執筆中。

関連するキーワード


男性心理 恋愛テクニック

関連する投稿


恋愛の優先順位が低い彼氏…男性の優先順位と向き合うための5つの方法

恋愛の優先順位が低い彼氏…男性の優先順位と向き合うための5つの方法

「彼とデートの約束をしていたのに、仕事が入ってドタキャンされた」「友達とは会うのに、私との時間はなかなか作ってくれない」あなたはこんな経験したことないですか?「私って彼に愛されてないの?」と思ってしまいがちですが、彼女を後回しにすることって、実は男性あるあるみたい。今回は、そんな恋愛の優先順位が低い彼氏と向き合うための方法をご紹介します。


大人の恋愛を成就させるために「捨てた方がいい5つの思い込み」

大人の恋愛を成就させるために「捨てた方がいい5つの思い込み」

「両思いになりたい」と考えたとき、「デートに誘って引かれたら怖い」「私の方が年上だから恋愛対象外かも」と及び腰になってしまった経験がある女性は多いでしょう。ですが、「女性からアプローチしたら男性は引く」「男性は年下の女性が好き」というのは単なる思い込みかもしれません。恋愛を邪魔しているかもしれない「間違った思い込み」を捨て、もっと自由に恋愛を楽しみましょう!


いよいよ明日は勝負の日!デート前夜にやるべきこと

いよいよ明日は勝負の日!デート前夜にやるべきこと

いよいよ明日は勝負の日。彼とのデートに向けて、準備万端ですか?何事もいかに準備に知力を入れるかで、その日の運命が変わります。洋服を選んだり、お肌をお手入れしたり。前日のうちにできることは、すべて進めておくこと。今回は、デート前夜にやるべきことをご紹介します。恋愛ソングでも聴きながら、準備開始♡


マンネリ打破!男性が「彼女と付き合っていて良かった」としみじみ思うときとは?

マンネリ打破!男性が「彼女と付き合っていて良かった」としみじみ思うときとは?

恋愛関係が長くなってくると、「マンネリ化」してしまいがちですよね。ですが、なかには「やっぱりこの人と付き合っていて良かった」と都度惚れ直すような素敵なカップルもいます。今回は、20代後半〜30代の男性に、「彼女と付き合っていて良かった」としみじみ思うときとはどんなときか、を聞いてみました。


男性のトリセツ!女性より男性の方がデリケートってホント?

男性のトリセツ!女性より男性の方がデリケートってホント?

男性と女性は同じ人間ですが、脳の構造が違うと言われているため、本能や思考にかなり違いがあるそうです。ある意味、男女は全く別の生き物と言っていいくらいなのでしょう。だから、男女の間では分かり合えないような部分があっても、決して不思議ではないのです。今回は、男女の違いを脳科学的に切り込みつつ、男性のデリケートな部分、つまり、男性のトリセツ(取扱説明書)のデリケート編をお届けしたいと思います!


最新の投稿


【アフターピル】望まない妊娠のリスクに…緊急避妊薬の効果・副作用・価格など

【アフターピル】望まない妊娠のリスクに…緊急避妊薬の効果・副作用・価格など

「避妊に失敗した。無理やり避妊なしのセックスをされた」。そんなとき、泣いたり不安がったりしているだけでは、時間が立つばかりです。できる策は早めに打ちましょう。アフターピルは、そんな性交の後、望まない妊娠を防ぐための緊急用ピル。ここでは緊急避妊薬アフターピルについて詳しく解説します。


理想の夫婦1位はやっぱりあの夫婦!9割以上の妻が今年夫の大切さを実感♡

理想の夫婦1位はやっぱりあの夫婦!9割以上の妻が今年夫の大切さを実感♡

“平成最後の”いい夫婦の日ということで、結婚式場のクチコミサイトを運営する株式会社ウエディングパークが、20代~30代の既婚女性を対象に「いい夫婦」に関する調査を実施しました。その中では、2018年「理想の有名人夫婦」などもランキング形式でご紹介。あなたの好きな有名人夫婦は一体何位にランクインしてる!?


意外と多い?結婚指輪「着けない派」の理由は?着用率アンケート|いい夫婦の日

意外と多い?結婚指輪「着けない派」の理由は?着用率アンケート|いい夫婦の日

婚約・結婚指輪オンラインショップ「BRILLIANCE+:ブリリアンスプラス」が「いい夫婦の日」特別調査として、既婚男女888人に結婚指輪の着用率に関してのアンケートを実施。その結果、「半数以上が結婚指輪を毎日着けない」ことがわかり、さらに「年代が上がると共に着用率が低下する」という結果になったそう。みんなの結婚指輪を着けない理由をみていきましょう。


大人気サロンが提案する秋の“ニュアンスヘア”と“ミニマムメイク”のススメ

大人気サロンが提案する秋の“ニュアンスヘア”と“ミニマムメイク”のススメ

一気にアカ抜け顔にチェンジする!季節の変わり目とともにヘアスタイル&メイクもアップデートしたいもの。おしゃれに見せる鍵はポイントだけ抑えたミニマムメイクとさりげない動きや質感を添えたニュアンスヘア。大人気サロンが作るヘアとメイクの絶妙バランスをご紹介いたします。


膣が狭いのは膣狭窄が原因?セックスで挿入時に性交痛があり、彼とギクシャク…

膣が狭いのは膣狭窄が原因?セックスで挿入時に性交痛があり、彼とギクシャク…

「彼のことは好きなのに、膣が狭いのか、性交時の挿入が痛くてつらい。膣が狭いのは病気…?“ゆるい”よりは“キツい”が良いと言うけれど、痛すぎる」。膣狭窄という病気があると知り、挿入時に痛みが出るほど膣が狭いのは、もしかして膣狭窄が原因なのではないかと心配している人もいるでしょう。ここでは、膣狭窄と膣の狭さ、性交痛の関係について解説します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング