眞子さま×小室圭さん|数字使いMINAEが有名人カップルの恋愛を読み解き☆

The following two tabs change content below.
MINAE

MINAE

素敵な未来を送りたい方の為に数字で道を作ります!魔法をかけるように数字を使ってワクワクした人生を送りませんか。https://ameblo.jp/suji-tsukai-minae

今話題の数字使いMINAE(みなえ)の有名人カップル読み解きコラム。数字を使って芸能人の相性を読み解く占いコラムです。

今回はこちらの2人を見てみましょう。2017年に、婚約内定報道があった眞子さまと小室圭さん。さてこの2人の相性は?結婚の可能性は?あなたの恋愛の参考にしてみて!

あれから1年、その後のお二人は今…

眞子さまと小室圭さんの婚約内定報道があったのが昨年の2017年9月3日。あれから早いもので、もう1年経ちます。

明るい話題に日本中が喜んだものの、小室圭さんに関する色々な事が取りざたされて、延期になり、そして留学…。
こうなってしまうと、なんだかんだで、ご結婚はなさそうな感じがしますが、逆境ほど燃えるのがこの2人のタイプです。

一連の儀式は2020年に延期となっていますが、2020年と言ったらオリンピック開催、そしてその前には天皇陛下の生前退位などの行事があるので、スムーズにご結婚されるとはちょっと考えにくい気もします。

 

眞子さま×小室圭さん 読み解き

眞子さま×小室圭さん 読み解き

眞子さま、小室圭さん、共にとても興味深い数字なんです。

眞子さま  1991年10月23日
この方を数字で表すと…5・8・6

小室圭さん 1991年10月5日
この方を数字で表すと…5・8・6

なんと2人とも「5・8・6」。全く同じ数字ですので、基本的には似た者同士です。

文化に興味のある自由奔放タイプで、拘束されるのが苦手。
他の視点からの意見というのが、なかなか受け入れにくい面も持ち合わせているのかな。

そして、愛情にあふれる方々であるがゆえに、愛情配分がなかなかの課題です。2人とも、「これっ!」となったら突っ走り、達成することにこだわるタイプです。
ですから、眞子さまも小室圭さんも、今までかけた時間、一緒に過ごした時間が無駄に終わることを、きっととても嫌がるはず。

「今までの一緒に過ごした時間は、なんだったんだ…」「これだけお互いが気持ちを注いだのにどうして…」。おそらく内心はこんな気持ちなので、「なんとかして結婚をしたい」「達成したい」というお気持ちが強いんじゃないかと思います。

ただ、眞子さまは皇室の方ですからね。自分たちの気持ちだけで、2人の恋愛を押し通すのは難しいですよね。
小室さんに関しては、金銭的な問題が噂されていますが、「金銭的な事だったら、どうにかなる!」と思っていそう…。

同じ「5」を持つ2人の違いとは?

同じ数字でも、ちょっと違うのが「5」という数字を作っている数字の構成です。

眞子さまは…「2」と「3」からの「5」
小室さんは…「5」のみ

「5」は、自由でスピード感のある数字。「次は?次は?」と、どんどん思考が先へ先へと走っていきますが、その数字のままのような性格なのが小室さん。

眞子さまは「2」と「3」の「5」なので、同じ自由な「5」でも、「迷い」「楽観的」の2つで構成されている「5」です。

次々と新しい世界を見ることをとても楽しむタイプですが、周囲の人から「あっちもいいよ」「こっちでもいいよ」と色々な意見を言われると、自分でどっちがいいか迷ってしまい、周りの見に翻弄(ほんろう)されることもあります。
色々と悩まれることもあるとは思いますが、結局は皇室の意見を尊重されてお決めになると思います。
小室さんに思考を誘導されなければの話ですが…。

 

「6」の数字がもつ意味

「6」という数字を、3つの数字のいずれかにお持ちの方は、離婚経験がある方がとても多いです。それは、決して悪い意味ではなく、愛を大切にする「6」の持ち主だからこその選択というか、「6」らしさの表れとも言えます。または、家庭環境において、何かしら特殊な状況にある方。
「愛とは一体何?」って試されているような人生です。

「6」の愛情は「6」の方に受け止めてもらうのが一番ですから、スムーズにご結婚まで行けば、それはそれは仲の良いご夫妻になることでしょう。

ただお二人の愛、実るといいですが、ちょっと難しいかな…。

 

これから注目したい「2」

ちなみに、眞子さまと小室圭さんがお生まれになった1991年というのも因果なもので、
1+9+9+1=「20」
2+0=「2」
「2」の年のお生まれです。

そしてこの1991年というのは「バブル景気の終焉と失われた10年の始まり」と言われており、まだこれから起こる平成不況を楽観的に捉えている方が多かった時代。ちょっとのほほんとしている年でもあったのですね。

そして、2000年代に入っている今、「2」という数字がとてもキーになっていて、私も注目している数字でもあります。

さて、結局のところ、お二方の未来は、眞子さまのお気持ち次第ではないかな、と思います。

こちらの記事もおすすめ↓

数字の力と、幸せのヒントをもっと知りたい人はこちら↓