早漏より深刻?遅漏問題。改善のために女性側ができる5つのこと【エッチのお悩み】

早漏より深刻?遅漏問題。改善のために女性側ができる5つのこと【エッチのお悩み】

最近、若い世代を中心に、遅漏の男性が増えているそうなんです。実は、遅漏は日本人男性に多い、日本人男性特有の症状なのだとか。遅漏に悩む男性が増えているということは、女性側にも、パートナーがなかなかイッてくれないと悩む人が増えているのではないのでしょうか。ということで、今回は遅漏の基礎知識や遅漏のイマドキ事情、遅漏に関する男女それぞれの本音や遅漏対策をご紹介していきますね。


遅漏の基礎知識

遅漏とは?

遅漏とは性機能障害(性行為に支障をきたす症状)の一種で、セックスのときに本人の意志とは反し、射精する(イク)までに時間が過渡にかかってしまう状態のことを言います。

早漏とは違い、射精までにどれくらい時間がかかると遅漏なのかという明確な基準は特にないようです。ですが一般的に、通常の射精は、膣内挿入から4~10分が多いため、30分~45分以上は遅漏と判断されるケースが多いそうです。

早漏についてはこちら↓

遅漏の原因って?

・病気や薬物など

・射精に関わる薬物の摂取。
・アルコールの過度な摂取。
・神経症やうつ病など。
・糖尿病などによる、ペニスの皮膚感覚の低下。

・トラウマやストレス

・過去の女性との性経験からのトラウマ。
・学校や家庭での性に対する厳しいしつけ。
・仕事や対人関係などの日常的なストレスによる、ホルモンバランスの不調。

・加齢

男性は40代頃から、性欲に強い影響を及ぼす、男性ホルモンのテストステロンが減少してくるため、テストステロンの不足により遅漏、または遅漏気味になりやすいです。

・性的な刺激不足

相手女性に飽きたりセックスがマンネリ化して、射精に至るための性的刺激が十分でないことも。
また、過激なAVやエッチな画像などで射精に至る習慣をつけると、脳が刺激に鈍感になり、女性との通常のセックスではイキにくくなる。

・マスターベーションのスタイル

日々、床や畳、布団や机の角、特有の物にペニスをこすりつけて、ペニスに強い刺激を与えるマスターベーション習慣をつけると、女性の膣内で射精しにくくなります。

遅漏って日本人に多いの?

冒頭でも少しお話しましたが、遅漏は日本人男性に多いと言われていて、その原因は日本の靴を脱いで生活をする文化が関係しているようです。
先ほどもお話しましたが、日本人男性には床や畳にペニスをこすりつけてひとりエッチをする、通称床オナニー派が多いと言われています。この床オナニーの強い刺激が習慣になると、女性とのセックスではなかなかイキにくい、つまり、膣内ではイキにくい状態になりやすいそうです。

欧米では家の中でも靴を履く国がほとんどなので、自分の性器を床にこすりつけてひとりエッチする習慣というのは、あまり聞きません。そのため、マスターベーションスタイルが原因で遅漏になるというのはあまりないそうです。

ですから、世界の医学界で問題となる射精障害(勃起には大きな問題は見られないが、正常な射精は行えない症状のこと)はほとんど早漏についてなんだそう。

このことからも、遅漏が日本人男性に多いというのは確かなようです。

実は遅漏の方が深刻?

日本の医療業界で問題となっているのは、早漏よりも遅漏だそうです。
なぜかというと妊娠に関わるから。早漏は時間は短くても射精に至ることができますが、遅漏は射精に至らないケースも多いので、赤ちゃんが欲しい、または不妊治療をしているカップルにとっては深刻な問題と言えます。

また遅漏はセックスレスの原因にもなります。男性はイキたくてもなかなかイケない。女性は長時間の挿入に疲れてしまう。そんな理由からセックスレスに至るカップルは少なくありません。
そしてセックスレスの原因が遅漏だというケースも日本特有だそうです。


遅漏問題が日本特有だということは、ちょっと驚きですね。
では、最近増えてきている遅漏、または遅漏気味の男性を、女性側はどう見ているのでしょうか?そして遅漏に悩む男性は、セックスの時、どんな気持ちになるのでしょう?

この記事のライター

『ココロやカラダに潜む悩みや不安の種は、増やさず育てず!』をモットーに、女性誌をはじめ男性誌でも活躍中。

関連する投稿


“彼女いらない”宣言をしていたオトコが語る。ふと、彼女が欲しくなる5つのタイミング

“彼女いらない”宣言をしていたオトコが語る。ふと、彼女が欲しくなる5つのタイミング

気になる男性が“彼女いらない”宣言をしていたら、もう諦めるしかないのでしょうか…?いいえ、そんなことありません!独り身を謳歌(おうか)している彼も、ふとしたタイミングで「彼女が欲しいな」と思うときがあるんです。では、彼らはどんなタイミングで彼女が欲しくなるのでしょう。元“彼女いらない”宣言をしていたオトコが5つのタイミングをお教えします。


まずは現実を見よ!「元カレと復縁」するための7つの修行法

まずは現実を見よ!「元カレと復縁」するための7つの修行法

「復縁したい」という思いが強すぎると、彼にしつこくLINEしてしまい、ますます引かれてしまったり、苦しくてそれ以外のことに手がつかなくなってしまったりしがちです。本来、幸せになりたいから復縁したいはずですから、復縁を求めて不幸になってしまうのは、本末転倒です。今回は、淡々と復縁道を突き進み、焦りや不安を無くして、幸せを感じるための方法をご紹介していきます。


連休だからこそ試してみたい♡ GWスペシャルセックスアイデア7選

連休だからこそ試してみたい♡ GWスペシャルセックスアイデア7選

今年のGW(ゴールデンウィーク)は10連休。かなり大型の連休になりますよね。お仕事のご都合、お家の事情などによりお休みが取れない方もいるかと思いますが、多くの方が10連休を満喫できるのではないでしょうか。ということで、今回は大型連休だからこそ楽しめるセックスを、いろいろな視点でご紹介していきたいと思います。


男性目線で解説! 女性をサシ飲みに誘う男性の心理。下心? 脈ありのサイン?

男性目線で解説! 女性をサシ飲みに誘う男性の心理。下心? 脈ありのサイン?

男性はどんなことを考えて、女性をサシ飲みに誘うのでしょうか?男友達からだったり、好きな人からだったり、男性からサシ飲みに誘われたとき。2人きりはなんだか緊張しちゃいますし、その心理が気になりますよね。そんな女性では分からない男性心理の奥のところを男性ライターが解説。お誘いに対するおすすめの返事もあわせて紹介します。


たまには彼を攻めてみない?「騎乗位」の基本レッスン

たまには彼を攻めてみない?「騎乗位」の基本レッスン

「正常位しか経験ない」「騎乗位はやったことない」という女性も多いのでは?でも、いつも同じパターンだと飽きちゃうかも!ということで今回は、女性がリードできちゃう「騎乗位」について、いろいろ解説していきます。


最新の投稿


「10歳以上の年の差カップル」が恋愛を長続きさせる7つのコツ!ありがちな悩みは?

「10歳以上の年の差カップル」が恋愛を長続きさせる7つのコツ!ありがちな悩みは?

年の差カップルが長期的に幸せな関係を続けるためには、同年代のカップルとはちょっと違った努力が必要です。年の差カップルにはどういった問題があり、どのように乗り越えていけばいいのでしょうか?今回は、「10歳以上の年の差カップル」の恋愛を長続きさせるためのコツをご紹介していきます。


【心理テスト・占い】成功への選択「落とし前のつけ方」2019年4月19日~4月25日

【心理テスト・占い】成功への選択「落とし前のつけ方」2019年4月19日~4月25日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。今回のテーマは「落とし前のつけ方」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょう?


“彼女いらない”宣言をしていたオトコが語る。ふと、彼女が欲しくなる5つのタイミング

“彼女いらない”宣言をしていたオトコが語る。ふと、彼女が欲しくなる5つのタイミング

気になる男性が“彼女いらない”宣言をしていたら、もう諦めるしかないのでしょうか…?いいえ、そんなことありません!独り身を謳歌(おうか)している彼も、ふとしたタイミングで「彼女が欲しいな」と思うときがあるんです。では、彼らはどんなタイミングで彼女が欲しくなるのでしょう。元“彼女いらない”宣言をしていたオトコが5つのタイミングをお教えします。


ポーチは軽くてもメイクは欲張りたい♡最低限コスメで楽しむ3つの連休旅行メイク

ポーチは軽くてもメイクは欲張りたい♡最低限コスメで楽しむ3つの連休旅行メイク

間もなくやってくるGW。旅行に行く予定という方も多いのでは?旅行では行き先や気分によって雰囲気を変えたいもの。でも、なるべく荷物は最小限に抑えたいですよね…。ということで、旅行中のメイクポーチを軽くしつつ、さまざまな旅行シーンに合わせた雰囲気を楽しめる、3つの旅行メイクを資生堂ヘアメイクアップアーティストがご紹介します。


お互いの収入を知らない夫婦が3割以上!?イマドキ夫婦の金銭事情について聞いてみた

お互いの収入を知らない夫婦が3割以上!?イマドキ夫婦の金銭事情について聞いてみた

昔は結婚すると夫婦の財布はひとつになるのが一般的でしたが、最近はどうでしょう?時期別の葉酸サプリの販売を行うゲンナイ製薬株式会社が、既婚女性を対象に「夫婦の収入と貯蓄額に関するアンケート調査」を実施。その結果、3割以上の妻が、「夫の収入を知らない」と答えたようです。お互いの金銭事情を知らなくても夫婦円満で仲がいいのが、イマドキ夫婦なのでしょうか?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング