大人の恋愛を成就させるために「捨てた方がいい5つの思い込み」

大人の恋愛を成就させるために「捨てた方がいい5つの思い込み」

「両思いになりたい」と考えたとき、「デートに誘って引かれたら怖い」「私の方が年上だから恋愛対象外かも」と及び腰になってしまった経験がある女性は多いでしょう。ですが、「女性からアプローチしたら男性は引く」「男性は年下の女性が好き」というのは単なる思い込みかもしれません。恋愛を邪魔しているかもしれない「間違った思い込み」を捨て、もっと自由に恋愛を楽しみましょう!


恋愛を成就させるために「捨てた方がいい思い込み」1 「選ばれる」女になるべき

「恋愛が成就する」という言葉を聞いて、どういったイメージを思い浮かべますか?

「告白されて両思いになる」ことだと考える女性もいれば、「付き合ってプロポーズされること」が恋愛の成就だと考える人もいらっしゃるでしょう。

ちまたには、「気になる彼に告白させる方法」「プロポーズされる女性とはこんな女性」などの情報が氾濫していて、そういった情報に触れていると、あたかも「選ばれることこそゴール」だと勘違いしてしまいがちです。

ですが、「告白される」「プロポーズされる」女性になろうとすることは、「自分自身で人生を選択していく」というパワーを放棄することでもあります。もしあなたが、「選ばれる女になりたい」と思ったことがあるならば、今一度ご自身に問いかけてみていただきたいと思います。

「私には、自分で彼氏や、生涯のパートナーを選ぶ権利がないのか?」と。

選ばれるのを待っていたら、相手に勝手に期待して失望したり、自分のタイプではない人に言い寄られて「何回かデートしたら良さが分かるかな」と妥協し、喜びもトキメキもないデートをすることになってしまったりしがちです。

「選ばれよう」とするのをやめて、「自分で好きな人を選ぶ。自分からアクションを起こす」ことで、一方的に選ばれる関係ではなく、「お互い、この人だ」と満足できる関係を手に入れることができるでしょう。

恋愛を成就させるために「捨てた方がいい思い込み」2 女性の幸せとは結婚や出産だ

「子どもが好きだから、子どもは3人欲しい」「大好きな人と結婚して、穏やかな家庭を築くのが目標」という人はいるでしょう。そういう女性たちが、婚活や妊活をすることは自然なことです。

ですが、本当は結婚や出産をしたいとは思っていないにも関わらず、周囲のプレッシャーや(実際にはあるかどうかもよく分からない)社会からの目を恐れて、結婚や出産を急ぐ女性もいます。

そもそもの話ですが、結婚というのは人間が作り出した制度であり、時代や文化によってその内情はまったく違ってきます。通い婚や一夫多妻が普通だった時代もあれば、現代でも結婚せずに子どもを育てることが普通の国もあります。

スゥーエデン人の女友達はいわく「日本人は、どこに行っても年齢を聞いてくるし、彼氏との付き合いが長いと分かれば、結婚の話題になる。こんな年齢を気にしている国や、結婚のプレッシャーにさらされている女性が多い国は珍しい」。

彼女は、親日家で何度も日本を訪れているのですが、「私は彼氏と結婚しようとは思っていないけど、日本にいたら早く結婚しなくちゃ、って思っていたかも」とも述べていました。

結婚や出産は、個人の選択で行うべきものであり、万人がしなければならないものでもありません。心からしたいと思うのであればするべきですが、「この年で結婚していないと、いろいろ言われてしまうから」など周囲の視線を気にして結婚相手を探すのは本末転倒です。

焦りから結婚・出産をしようとすると、「本当に相手のことが好きなのか」も見失いがちです。「年収が高いし、自慢できる仕事をしている彼だから、ちょっと我慢して付き合ってみよう」なんて考えてしまっては、結婚し、愛情の湧かない相手と数十年間一緒に暮らすことになってしまう危険性もあります。

本当は、「これが女の幸せ」なんていうものはないはずです。あるのは、「私の幸せ」「個人の幸せ」だけです。

社会的なプレッシャーや固定観念に惑わされず、本当に自分が望む幸せの形を探求していくことで、「好きでもない人との交際」を遠ざけることができるでしょう。

恋愛を成就させるために「捨てた方がいい思い込み」3 男性は若い女性が好き

日本の男性はロリコンだとよく言われています。完璧なパフォーマンスをするアイドルよりも、未熟さや素人っぽさを残したアイドルが支持される現状や、萌えアニメのキャラの普及率などを見ていると、「日本の男性は、幼い女性が好きなんだな」と勘違いしそうになります。

ですが、本当にそうでしょうか?

本当に日本の男性は「年齢を第一条件にして女性を選んでいる」と考えるのなら、あなたは日本人の男性をバカにしています。

男性から「女性は結局男性の顔しか見ていない。ただしイケメンに限る、なんだろ?」「結局女は金を持ってる男性が好きなんだろう。金があればどんなブスでもモテるし」と言われたら、あなたはどう感じるでしょうか?

「女性をバカにしている。そんなに浅はかではない」と思うのではないでしょうか?

男性でも同じことです。女性は若ければ若いほど価値があると考え、「20代後半をすぎたらババア」などと考える男性もいるでしょう。ですが、実際に男性がそういった発言をしているのを耳にしたことがある女性は少ないのではないでしょうか? 大半はネットなどの匿名の落書きです。そして、なぜ彼らがそういったことをわざわざ書き連ねるのかというと、現実がうまくいっていないため、誰かを下に見ることで憂さ晴らしをしているだけなのです。

現実には、男女ともに同年代の相手を恋愛対象として選ぶ傾向があります。2015年に実施された調査(※1)によると、34歳までの未婚男性の40%は結婚相手に自分と同じ年齢の女性を希望しているそうです。

ネットが好きで、ゴシップが書き連ねてある掲示板を見るのが好きだと言う方は、そういった書き込みを間に受ける前に、「なぜ彼らはそういった暴言を書いているのか」を一度冷静に考えてみる必要があるでしょう。

※1
2015年 社会保障・人口問題基本調査 現代日本の結婚と出産
http://www.ipss.go.jp/ps-doukou/j/doukou15/NFS15_reportALL.pdf

この記事のライター

編集者を経て複数メディアにて、映画評・書評・ルポなどを連載中。

関連する投稿


男性がホワイトデーにお返しをしない3つのワケ。男性の本音をオトコ目線で解説!

男性がホワイトデーにお返しをしない3つのワケ。男性の本音をオトコ目線で解説!

3月14日はホワイトデー。男性からバレンタインチョコのお返しをする日とされていますが、当日になっても彼からなんのプレゼントも、コンビニスイーツすらもない…、なんてことありませんか?それには、男性ならでは3つの理由があるんです!


駅の改札前って意外と不便!おすすめのデート待ち合わせ場所5つ

駅の改札前って意外と不便!おすすめのデート待ち合わせ場所5つ

彼と改札前で待ち合わせ。でも同じように待ち合わせている人は、たくさんいて、意外と不便。見つけるまでに一苦労で、相手を待っている方は混雑のあまりに疲れてしまう……。待ち合わせ場所も工夫することで、その日はずっと二人ともご機嫌でいられるでしょう。


アラサー女性は今すぐ卒業!お酒の席で男性が「ドン引き」する女性の特徴

アラサー女性は今すぐ卒業!お酒の席で男性が「ドン引き」する女性の特徴

大人になると、なんだかんだ多くなるお酒の席。飲み会や合コン、デートなどの席で「こんな女性とは一緒にお酒を飲みたくない」と男性が思ってしまうような女性ってどんな特徴があるのでしょうか。今回はその特徴を5つご紹介します。もし、あてはまっていたなら、今すぐそんな女性は卒業して、「一緒に楽しくお酒を飲めるイイ女」になりましょう!


職場の彼へ本命チョコを。バレンタインチョコは渡す“タイミング”が重要なんです

職場の彼へ本命チョコを。バレンタインチョコは渡す“タイミング”が重要なんです

職場に気になる彼がいて、バレンタインには本命チョコを渡したい。しかし、どのタイミングで渡せばいいのか分からずお悩みの女性もいるはず。そこで今回は、男性ならでは目線でバレンタインチョコを渡すベストタイミングをお伝えしようと思います。会社の上司、先輩、同僚、後輩など、職場の彼に恋している人、ぜひチェックして、思いを伝えてくださいね。


本命にチョコを渡すなら確認!バレンタイン準備チェックリスト♡大人の女性向け

本命にチョコを渡すなら確認!バレンタイン準備チェックリスト♡大人の女性向け

今年のバレンタインデー。気になっている男性にチョコ、渡しますか?まだちょっと迷っていますか?大人になっても、好きな人にチョコを渡すのは、手が震えるくらい緊張しますよね。今回は、バレンタインデーにうまくチョコを渡すためにチェックしたい to do リストを用意しました。チェックしながら、バレンタイン準備を進めましょう!


最新の投稿


男性がホワイトデーにお返しをしない3つのワケ。男性の本音をオトコ目線で解説!

男性がホワイトデーにお返しをしない3つのワケ。男性の本音をオトコ目線で解説!

3月14日はホワイトデー。男性からバレンタインチョコのお返しをする日とされていますが、当日になっても彼からなんのプレゼントも、コンビニスイーツすらもない…、なんてことありませんか?それには、男性ならでは3つの理由があるんです!


駅の改札前って意外と不便!おすすめのデート待ち合わせ場所5つ

駅の改札前って意外と不便!おすすめのデート待ち合わせ場所5つ

彼と改札前で待ち合わせ。でも同じように待ち合わせている人は、たくさんいて、意外と不便。見つけるまでに一苦労で、相手を待っている方は混雑のあまりに疲れてしまう……。待ち合わせ場所も工夫することで、その日はずっと二人ともご機嫌でいられるでしょう。


「30代なのに貯金ゼロ」の女性が今すぐ始めるべき5つのこと!平均貯蓄額はいくら?

「30代なのに貯金ゼロ」の女性が今すぐ始めるべき5つのこと!平均貯蓄額はいくら?

「30代の貯金の平均額は500万円」「老後の資金には最低でも1億円が必要」など、貯蓄に関する数字を見る機会って多いですよね。実際には、堅実にコツコツ貯められている女性もいれば、「30代なのに貯金がほとんどない」という女性もいるでしょう。今回は、貯金がない30代女性の不安を消すためのヒントをご紹介していきます。


【心理テスト・占い】成功への選択「防寒具」2019年2月15日~2月21日

【心理テスト・占い】成功への選択「防寒具」2019年2月15日~2月21日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。今回のテーマは寒いこの時期に必須の「防寒具」!算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょう?


専門家に聞く!外反母趾の予防・改善方法ゆりかご歩き(R)とは?

専門家に聞く!外反母趾の予防・改善方法ゆりかご歩き(R)とは?

ハイヒールや足に合わない靴を履き続けているとなりやすい「外反母趾(がいはんぼし)」。ある調査によれば、仕事中に足の悩みを抱える女性は8割以上になるそうです。そこで今回は、外反母趾外反母趾研究所 代表 古屋達司先生のお話を交えながら、予防・改善法について解説していきます!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング