コミュニケーションと料理には、お酒が欠かせないと思います。

The following two tabs change content below.
ヒカル(伊藤輝)

ヒカル(伊藤輝)

30歳のイケメン、フレンチシェフ。現在「目黒ビストロシン2」シェフ。得意分野はフランスローム地方の煮込み料理やジビエ料理。 http://bistro-shin.net/

お酒は好きですか?まだ30歳という若さで、オシャレで美味しい繁盛店「目黒ビストロシン2」のシェフを任されている、ヒカルはこう思っている!


もともとお酒は、体にいいもの(百薬の長)とかお清めという位置づけで、生活に必要なアイテムとして重宝されてきたものだと思います。
料理を生業としている身としては、この料理はこのお酒に合うという食事の楽しみ方を、ぜひ、してほしいと思っているのですが、最近は僕の世代でお酒を飲めても飲まない人も増えてきてとても残念。

それは、食べ物のレベルが上がって料理だけで満足してお酒に頼らない、というのもあるのかな。
また、やはり上司や先輩と飲むのが面倒くさい、という話もよく聞きますね。僕も20歳そこそこのときはそう思ったこともあったけど、お酒を飲みながら話すと普段言えないことを言えたり、普段聞けないことを聞いたり、ためになることが多いと気づいてお酒のコミュニケーションは大切だな、と今は思っています。