もっとキスをしよう♡ ディープキスとおねだりマニュアル

もっとキスをしよう♡ ディープキスとおねだりマニュアル

今回のテーマは「キス」。キスといっても、唇が触れ合う程度の軽めのキスから、舌を絡ませ合うディープキスまで、いろいろありますよね。実は男性と女性とでは、キスに対する考えや、好きなキスのスタイルが違うんだそうです。では、男性はどんなキスが好きなのでしょう? 今回はキスを男性目線、女性目線、その他様々な視点で解説していきます。


男性目線のキス♡ あれこれ

男性がキスをしようとする理由は?

男性は基本的にキスを性行為のひとつと本能的に捉えているのです。

男性の唾液には、男らしさを象徴する男性ホルモン「テストステロン」が含まれています。このテストステロンを含んだ唾液が、キスにより女性の口に入ると、女性の感受性や性欲が高まり、性的関係をもつことに結び付きやすくなるんだとか。

そのため、男性は本能的に女性をセックスに誘導するべく、セックスの準備として、女性とキスをしようとします。

男性の好きなキスのスタイルは?

先ほど述べたように、男性は本能的に自分のテストステロンを女性の口の中に送り込もうとします。そのため男性は、舌を絡めて唾液を舐めあうようなディープキスを好みます。

また、男性もキスにより、相手女性との本能的な相性を判断しようとしますが、男性は味覚や嗅覚が比較的鈍いので、多くの唾液サンプルを得るために、ディープキスをしたがるという説もあります。

女性目線のキス♡ あれこれ

女性がキスする理由は?

女性は相手の男性に「自分を大切にしてくれる、自分や子どもを守ってくれる」ことを求める本能があります。

そしてキスをすることで、相手の遺伝子やフェロモンを感じ取り、自分を愛してくれるか、守ってくれるのかどうかを本能的に判断するといわれています。

また、女性は相手男性とキスをして本能が満たされると、人と触れ合うことで満たされる、「オキシトシン(別名触れ合いホルモン、信頼ホルモン)」が脳内に分泌され、相手との絆を意識します。

そのため、女性はキスをすることにより、相手男性との絆を深めたいと思うようになります。

女性の好きなキスのスタイルは?

女性はキスの後の性行為をあまり考えず、キス単体を楽しむ傾向があります。

また、女性は相手男性との相性や愛情を確認するため、絆を深めるためにキスをするので、相手の唇をむさぼるようなハードなキスよりも、軽く唇が触れ合う程度のキスが好きな人が多いです。

女性は男性に比べて味覚や嗅覚が敏感なので、相手の男性から多くの唾液を受け取らなくても、相性を判断できるという説もあります。

実はディープキスが苦手な女性が多い? その理由は?

女性はキスに精神的な安らぎを求めるので、性的要素が強めのディープキスに苦手意識をもつ人が多いようです。

また、衛生面の問題が理由でディープキスを苦手とする女性も少なくありません。その他、「生理的に無理」「舌を絡める感覚が気持ち悪い」「息苦しい」などの理由。

さらに、はじめてのキスからいきなり舌を入れられたり、ディープキス初体験の相手のキステクが下手だったりなど、相手とのキスの印象が悪かったことからディープキスを嫌がる女性もいるそうです。
ディープキスの好き嫌いは、相手のキステク次第とも言えそうですね。

ですが、女性側もかたくなにディープキスを拒否したり、苦手意識丸出しの表情をするのは避けた方が良さそうですね。苦手意識を少しでも克服できると、相手男性との絆もより深まるのではないでしょうか。

では、ディープキスに対する苦手意識を克服するにはどうすれば良いのでしょう?
どうすればもっとディープキスを楽しめるのでしょうか?

苦手意識を減らして、ディープキスを楽しむには?

まずは男性の本能を理解しよう

女性はマンガやアニメ、恋愛映画などでキスのイメージを抱く人が多いのですが、男性はAVやエッチな画像などを観て、性行為の一部としてのキスをイメージする人も多いようです。
女性はその男性の本能を理解してあげることからはじめてみてください。

相手が傷つかない言い方で苦手意識を伝えよう

ディープキスに抵抗を感じる人は、そのことをパートナーに伝えましょう。

言い方は「ディープキスは嫌い」「舌を入れられるのは嫌だ」のような否定的な伝え方ではなく、「舌を入れるのはちょっと恥ずかしいかな」のように、少し照れた感じが理想的。

「もう少しソフトなキスの方が好き」でもOK。ディープキスを拒否したいという表情をあからさまに浮かべると、相手が傷ついてしまうので要注意です。

優しいキスをしよう

女性が自分好みの優しいキスを、自分から実践して相手に伝えてみましょう。

彼から激しいキスをされた時は、一度唇をはなして、優しく彼の唇に触れる程度のキスをしてあげてください。「これくらい優しいキスの方が好き」といって、相手に自分好みのキスの強さを教えてあげましょう。

また、彼のキスが一方的過ぎたり、乱暴だったりする時は、「もう少しゆっくりがいいな」とささやいて、キスのリズムを調整してもらうのも良いですね。

この記事のライター

『ココロやカラダに潜む悩みや不安の種は、増やさず育てず!』をモットーに、女性誌をはじめ男性誌でも活躍中。

最新の投稿


最高の彼氏になる方法とは?「彼氏と付き合ってよかった」と思う瞬間【女性心理】

最高の彼氏になる方法とは?「彼氏と付き合ってよかった」と思う瞬間【女性心理】

世の中には二種類のカップルがいます。ひとつは、付き合うことになった時点がピークで、その後は徐々に愛情が冷めていくカップル。もう一方は、一緒に過ごす時間が増えるに従ってお互いのことをより深く知ることができ、「この人と付き合っていてよかった」と度々、幸せに浸れるカップルです。どうせなら、後者のカップルになりたいですよね。


【数秘術】今週の神秘ナンバー占い6月14日~6月20日|数字でわかる運勢

【数秘術】今週の神秘ナンバー占い6月14日~6月20日|数字でわかる運勢

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。2019年6月7日週、あなたの運勢はどのように変化する?!


裏垢・褒め待ち・病みアピ…SNSでしてしまいがちな「イメージダウン行動9選」

裏垢・褒め待ち・病みアピ…SNSでしてしまいがちな「イメージダウン行動9選」

ツイッター、フェイスブック、インスタグラムなどのSNSを一切使っていない人というのは、現代社会では少数派でしょう。自分の日常や意見を発信して、全然知らない人から反応をもらえるSNSはエキサイティングなサービスであり、ときには一生ものの出会いや、ビジネスチャンスにつながることもあります。ただし、使い方によっては自身のイメージを低下させてしまう場合もあります。


カップルで旅行!おすすめの「男女別の持ち物」と「気をつけたいポイント7つ」

カップルで旅行!おすすめの「男女別の持ち物」と「気をつけたいポイント7つ」

楽しみにしていた恋人との旅行が、「忘れ物をしたために、思うように楽しめなかった」ということになってしまったら、残念ですよね。今回は、恋人と旅行に行くときに持っていった方がいい持ち物(男女別)と、旅行を楽しむために気をつけたいポイントをご紹介していきます。旅行前のチェックリストとして、活用してみてくださいね!


「もうダメかも…でも別れが言えない」彼氏に別れを切り出す方法

「もうダメかも…でも別れが言えない」彼氏に別れを切り出す方法

もうダメかもしれない。頭ではそう理解していても、実際は別れを切り出すのはつらいものです。すでに終わっている恋にしがみついている自分にも納得がいかない日々。そろそろ区切りをつけないと、どんどん悪い流れへと引きずられてしまいます。今回は、彼氏に別れを切り出す方法についてご紹介します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング