正常位ばかり?気持ちいい「バック(背後位)」の基本レッスン

The following two tabs change content below.
蓮香
『ココロやカラダに潜む悩みや不安の種は、増やさず育てず!』をモットーに、女性誌をはじめ男性誌でも活躍中。

セックスの体位は人によって好みは様々です。たとえば、「バック&騎乗位」もそう。でも、いつも同じパターンだとマンネリ化ちゃうかも?今回は「バック(後背位)」関する基礎知識を解説しつつ、今よりも気持ち良くなるコツをご紹介していきます。

バック(背後位)とは?

「バック(背後位)」とは、女性が四つんばいになった状態で、男性が後ろから挿入する体位のこと。多くの動物がこの体位で性交をすることが多いので、ある意味本能的な体位とも言えます。

 

バックの基本的なやり方

女性が四つんばいになります。この時、女性は両ひじをつき、腰を大きく反らせて、お尻を突き出した体勢にすると、よりペニスの挿入がスムーズになります。

男性は女性の腰を両手で持ち、女性の腰の高さを自分が挿入しやすい位置に調整します。そして挿入の準備ができたら、ゆっくりと女性の膣内にペニスを挿入します。

バックは女性の膣の奥までペニスを挿入しやすい体位なのですが、いきなり奥まで入れずに、最初は浅めに挿入してから、ゆっくりと奥まで挿入する方が良いでしょう。

うまく挿入できない時は、女性がより腰を反らし、高めにお尻を突き上げます。特に膣の位置が前の方にある女性は(上付き)、バックの体位だと挿入しづらいので、腰の位置を高くすることを意識します。

 

バック体位のメリットとデメリットとは?

バック体位のメリットとデメリット

男性目線

女性が腰を大きく反った状態になるので、男性の視点から見ると女性がとても美しくセクシーに見えます。また男性の性器と女性の性器がつながる、挿入部分が良く見える体位でもありますから、男性の興奮をあおる、視覚効果が抜群の体位とも言えます。
そして男性からすると、四つん這い状態の女性を上から見下ろせることで、女性を従えている感覚を味わい、支配欲、征服欲が満たされるそうですよ。

それに、バックは男性優位の体位になるので、男性のペースで腰を動かすことができ、挿入も射精もコントロールしやすい体位です。

 

女性目線

振り返らないと相手の男性の顔が見えないので、バックは女性にとっては愛情を感じにくいと体位とも言えます。逆に相手から自分の淫らな表情を見られなくてすむから、かえって安心と考える人もいるようです。
またヒップラインに自信がない女性にとって、バックは男性に自分のお尻が丸見えの状態になるので、苦手意識を感じる女性も多いそう。

それにバックは女性の膣の中に空気が入りやすく、チナラ(膣から漏れるオナラのような音)が出てしまうことが多いため、チナラの音が恥ずかしいからと、バックを嫌がる女性もいるようです。

ですが、「男性に征服されている」「支配されている」と感じられる体位なので、Mっ気の強い女性は、バック好きが多いようですよ。

 

バックだと痛みを感じてしまう?痛みを感じる主な原因

十分に濡れていない

バックの体位が感じる女性でも、最初の体位からいきなりバックだったり、まだあまり濡れていない状態で背後から挿入されると痛みを感じることがあります。

 

経験が浅い、または出産経験がない

女性の膣の奥は性感帯でもありますが、セックス経験が浅い女性や、出産経験がない女性は、膣の奥部分の筋肉が比較的に硬く、柔軟性がないため、痛みを感じやすいと言われています。

 

男性のペニスのサイズと女性の膣のサイズが合わない

男性のペニスのサイズが長く、また女性の膣のサイズが短めだったりすると、女性側が痛みを感じやすいということもあります。
男性が勃起した時のペニスの角度と女性の膣の角度が合わない場合も、女性が痛みや違和感を覚える原因になるようです。

 

婦人科系の疾患がある場合

子宮筋腫など、女性が何かしらの婦人科系の疾患がある場合、バックで挿入すると痛みを感じたり、出血をすることもあります。セックス時に痛みを感じた場合は、ムリをせず、痛みが続く場合は婦人科に相談しましょう。

バック体位をより楽しむには?もっと気持ちよくなるコツ
次のページへ