正常位ばかり?気持ちいい「バック(背後位)」の基本レッスン

正常位ばかり?気持ちいい「バック(背後位)」の基本レッスン

セックスの体位は人によって好みは様々です。たとえば、「バック&騎乗位」もそう。でも、いつも同じパターンだとマンネリ化ちゃうかも?今回は「バック(後背位)」関する基礎知識を解説しつつ、今よりも気持ち良くなるコツをご紹介していきます。


バック(背後位)とは?

「バック(背後位)」とは、女性が四つんばいになった状態で、男性が後ろから挿入する体位のこと。多くの動物がこの体位で性交をすることが多いので、ある意味本能的な体位とも言えます。

バックの基本的なやり方

女性が四つんばいになります。この時、女性は両ひじをつき、腰を大きく反らせて、お尻を突き出した体勢にすると、よりペニスの挿入がスムーズになります。

男性は女性の腰を両手で持ち、女性の腰の高さを自分が挿入しやすい位置に調整します。そして挿入の準備ができたら、ゆっくりと女性の膣内にペニスを挿入します。

バックは女性の膣の奥までペニスを挿入しやすい体位なのですが、いきなり奥まで入れずに、最初は浅めに挿入してから、ゆっくりと奥まで挿入する方が良いでしょう。

うまく挿入できない時は、女性がより腰を反らし、高めにお尻を突き上げます。特に膣の位置が前の方にある女性は(上付き)、バックの体位だと挿入しづらいので、腰の位置を高くすることを意識します。

バック体位のメリットとデメリットとは?

男性目線

女性が腰を大きく反った状態になるので、男性の視点から見ると女性がとても美しくセクシーに見えます。また男性の性器と女性の性器がつながる、挿入部分が良く見える体位でもありますから、男性の興奮をあおる、視覚効果が抜群の体位とも言えます。
そして男性からすると、四つん這い状態の女性を上から見下ろせることで、女性を従えている感覚を味わい、支配欲、征服欲が満たされるそうですよ。

それに、バックは男性優位の体位になるので、男性のペースで腰を動かすことができ、挿入も射精もコントロールしやすい体位です。

女性目線

振り返らないと相手の男性の顔が見えないので、バックは女性にとっては愛情を感じにくいと体位とも言えます。逆に相手から自分の淫らな表情を見られなくてすむから、かえって安心と考える人もいるようです。
またヒップラインに自信がない女性にとって、バックは男性に自分のお尻が丸見えの状態になるので、苦手意識を感じる女性も多いそう。

それにバックは女性の膣の中に空気が入りやすく、チナラ(膣から漏れるオナラのような音)が出てしまうことが多いため、チナラの音が恥ずかしいからと、バックを嫌がる女性もいるようです。

ですが、「男性に征服されている」「支配されている」と感じられる体位なので、Mっ気の強い女性は、バック好きが多いようですよ。

バックだと痛みを感じてしまう?痛みを感じる主な原因

十分に濡れていない

バックの体位が感じる女性でも、最初の体位からいきなりバックだったり、まだあまり濡れていない状態で背後から挿入されると痛みを感じることがあります。

経験が浅い、または出産経験がない

女性の膣の奥は性感帯でもありますが、セックス経験が浅い女性や、出産経験がない女性は、膣の奥部分の筋肉が比較的に硬く、柔軟性がないため、痛みを感じやすいと言われています。

男性のペニスのサイズと女性の膣のサイズが合わない

男性のペニスのサイズが長く、また女性の膣のサイズが短めだったりすると、女性側が痛みを感じやすいということもあります。
男性が勃起した時のペニスの角度と女性の膣の角度が合わない場合も、女性が痛みや違和感を覚える原因になるようです。

婦人科系の疾患がある場合

子宮筋腫など、女性が何かしらの婦人科系の疾患がある場合、バックで挿入すると痛みを感じたり、出血をすることもあります。セックス時に痛みを感じた場合は、ムリをせず、痛みが続く場合は婦人科に相談しましょう。

バック体位をより楽しむには?もっと気持ちよくなるコツ

愛撫(あいぶ)に時間をかけて、ゆっくり優しく

女性が十分に潤っていないのに、いきなりバックの体位で挿入されると痛みを感じやすいです。なのでバックで挿入する場合は、とにかく男性が前戯に時間をかけて、そしてゆっくり優しくスタートするのがコツ。

この記事のライター

『ココロやカラダに潜む悩みや不安の種は、増やさず育てず!』をモットーに、女性誌をはじめ男性誌でも活躍中。

関連する投稿


連休だからこそ試してみたい♡ GWスペシャルセックスアイデア7選

連休だからこそ試してみたい♡ GWスペシャルセックスアイデア7選

今年のGW(ゴールデンウィーク)は10連休。かなり大型の連休になりますよね。お仕事のご都合、お家の事情などによりお休みが取れない方もいるかと思いますが、多くの方が10連休を満喫できるのではないでしょうか。ということで、今回は大型連休だからこそ楽しめるセックスを、いろいろな視点でご紹介していきたいと思います。


たまには彼を攻めてみない?「騎乗位」の基本レッスン

たまには彼を攻めてみない?「騎乗位」の基本レッスン

「正常位しか経験ない」「騎乗位はやったことない」という女性も多いのでは?でも、いつも同じパターンだと飽きちゃうかも!ということで今回は、女性がリードできちゃう「騎乗位」について、いろいろ解説していきます。


女性の性欲が強くなる時期はいつ?性欲のピークはアラフォー?女性のカラダとセックス

女性の性欲が強くなる時期はいつ?性欲のピークはアラフォー?女性のカラダとセックス

性欲やセックスに関する悩みや疑問は、友達にもなかなか聞けないですよね。だからこそ、悩んでしまう人も多いのでは?この記事では、女性の性欲を徹底解説。女性の性欲のメカニズム、セックスしたくなる時期、性欲がピークに達する年齢について解説します。大人の女性も、大人の男性も要チェックです。


プリンセスになりたい願望が叶う♡彼女をお姫様するデートプラン|胸キュン妄想恋愛

プリンセスになりたい願望が叶う♡彼女をお姫様するデートプラン|胸キュン妄想恋愛

プリンセス、つまりお姫様は女性にとって永遠の憧れ。普段クールそうに見える女性でも、一度は「お姫様になりたい!」「プリンセスみたいな気分を味わいたい」と思ったことがあるはず。今回は、そんな女性の願いを叶えることができちゃう、おススメのお姫様デートプランを彼女目線でご紹介します。記念日はもちろん、仲直りデートなどにもぜひ参考にしてみてくださいね。


俺の彼女にする!初デートを成功させる方法。女性がデートで男性に期待すること。

俺の彼女にする!初デートを成功させる方法。女性がデートで男性に期待すること。

恋愛はやっぱり初デートが大切!相手の女性に「あ…デート途中だけど帰りたい…」なんて思わせていませんか?人間関係で第一印象の影響が大きいのと同じように、「初デート」の影響力はすごいもの。挽回ができないわけではありませんが、結構なエネルギーが要ります。気になるあの女性をどーしても彼女にしたい、そこのあなた。付き合う前のデートのコツと女心をお勉強してみませんか?


最新の投稿


「10歳以上の年の差カップル」が恋愛を長続きさせる7つのコツ!ありがちな悩みは?

「10歳以上の年の差カップル」が恋愛を長続きさせる7つのコツ!ありがちな悩みは?

年の差カップルが長期的に幸せな関係を続けるためには、同年代のカップルとはちょっと違った努力が必要です。年の差カップルにはどういった問題があり、どのように乗り越えていけばいいのでしょうか?今回は、「10歳以上の年の差カップル」の恋愛を長続きさせるためのコツをご紹介していきます。


【心理テスト・占い】成功への選択「落とし前のつけ方」2019年4月19日~4月25日

【心理テスト・占い】成功への選択「落とし前のつけ方」2019年4月19日~4月25日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。今回のテーマは「落とし前のつけ方」。算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょう?


“彼女いらない”宣言をしていたオトコが語る。ふと、彼女が欲しくなる5つのタイミング

“彼女いらない”宣言をしていたオトコが語る。ふと、彼女が欲しくなる5つのタイミング

気になる男性が“彼女いらない”宣言をしていたら、もう諦めるしかないのでしょうか…?いいえ、そんなことありません!独り身を謳歌(おうか)している彼も、ふとしたタイミングで「彼女が欲しいな」と思うときがあるんです。では、彼らはどんなタイミングで彼女が欲しくなるのでしょう。元“彼女いらない”宣言をしていたオトコが5つのタイミングをお教えします。


ポーチは軽くてもメイクは欲張りたい♡最低限コスメで楽しむ3つの連休旅行メイク

ポーチは軽くてもメイクは欲張りたい♡最低限コスメで楽しむ3つの連休旅行メイク

間もなくやってくるGW。旅行に行く予定という方も多いのでは?旅行では行き先や気分によって雰囲気を変えたいもの。でも、なるべく荷物は最小限に抑えたいですよね…。ということで、旅行中のメイクポーチを軽くしつつ、さまざまな旅行シーンに合わせた雰囲気を楽しめる、3つの旅行メイクを資生堂ヘアメイクアップアーティストがご紹介します。


お互いの収入を知らない夫婦が3割以上!?イマドキ夫婦の金銭事情について聞いてみた

お互いの収入を知らない夫婦が3割以上!?イマドキ夫婦の金銭事情について聞いてみた

昔は結婚すると夫婦の財布はひとつになるのが一般的でしたが、最近はどうでしょう?時期別の葉酸サプリの販売を行うゲンナイ製薬株式会社が、既婚女性を対象に「夫婦の収入と貯蓄額に関するアンケート調査」を実施。その結果、3割以上の妻が、「夫の収入を知らない」と答えたようです。お互いの金銭事情を知らなくても夫婦円満で仲がいいのが、イマドキ夫婦なのでしょうか?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング