たまには彼を攻めてみない?エッチの「騎乗位」の基本レッスン

The following two tabs change content below.
蓮香
『ココロやカラダに潜む悩みや不安の種は、増やさず育てず!』をモットーに、女性誌をはじめ男性誌でも活躍中。

「正常位しか経験ない」「騎乗位はやったことない」という女性も多いのでは?でも、いつも同じパターンだと飽きちゃうかも!ということで今回は、女性がリードできちゃう「騎乗位」について、いろいろ解説していきます。

そもそも騎乗位とは?

騎乗位とは、女性が男性の上にまたがって挿入する体位のこと。正常位やバックと違って、女性が自由に動けるため、女性優位、女性リードの体位とも言われています。

 

騎乗位の基本的なやり方

男性が仰向けに寝ている状態 で、女性が男性の腰の上あたりにまたがり、自分の腰を沈めて、男性のペニスを自分の膣の中に挿入します。
いきなりペニスを奥まで挿入すると、女性も男性も痛みや違和感を覚える場合があるので、なるべくゆっくりと、最初は浅く入れて、位置が安定したら、ペニスを根元まで入れます。また女性側が十分に濡れていないと、女性自身が積極的に挿入しづらいので、挿入前の女性への愛撫は重要なポイントとなります。
女性側の経験が浅い場合は、男性が少し体を起こし、女性の腰やお尻を支えて、挿入までの流れをサポートした方が良いでしょう。

 

騎乗位のメリットとデメリットとは?

騎乗位のメリットとデメリット

男性目線

騎乗位好きの男性には、M気が強い人が多いです。女性が自ら腰を動かすことで、「女性に好きなように責められている」「女性に犯されている」感覚を味われるので、相手の言いなりになることに興奮を覚えるM男性にとって、騎乗位はたまらない体位とも言えます。
また、女性が腰を動かしている光景や、女性の胸が揺れる光景が、男性の性的興奮を高めます。
そして、女性が脚を大きく左右に広げると、女性が自分から男性のペニスを膣に挿入している部分があらわになるので、さらに興奮が高まるみたいですよ。

 

女性目線

好奇心旺盛、セックスに積極的、Sっ気が強い、男性をリードしたいと思う女性は騎乗位好きが多いそう。最近は恋愛やエッチ全般に消極的な男性が増えているせいか、女性リードを熱望する男性が年々増えてきて、騎乗位をマスターしたいと思う女性も増えているんだとか。

ですがその一方で、「とにかく疲れるから嫌い」「どう動いて良いのか分からないから苦手」「そもそも自分が男性をリードするということが下手」という理由から騎乗位嫌いの女性が多いのも事実。
女性が長時間腰を動かさなきゃいけない騎乗位は、お疲れ気味の女性にとっては酷な体位とも言えるでしょう。

セックス体位のことは誰かが教えてくれるわけでもないので、経験をつまないと上手に動けません。なので、最初から女性が騎乗位で気持ち良くなるのは難しいので、彼にリクエストされない限り、自分から騎乗位にトライしない人は意外と多いようです。

ちょっとコツが要る?騎乗位をより楽しむ方法
次のページへ