たまには彼を攻めてみない?「騎乗位」の基本レッスン

たまには彼を攻めてみない?「騎乗位」の基本レッスン

「正常位しか経験ない」「騎乗位はやったことない」という女性も多いのでは?でも、いつも同じパターンだと飽きちゃうかも!ということで今回は、女性がリードできちゃう「騎乗位」について、いろいろ解説していきます。


そもそも騎乗位とは?

騎乗位とは、女性が男性の上にまたがって挿入する体位のこと。正常位やバックと違って、女性が自由に動けるため、女性優位、女性リードの体位とも言われています。

騎乗位の基本的なやり方

男性が仰向けに寝ている状態で、女性が男性の腰の上あたりにまたがり、自分の腰を沈めて、男性のペニスを自分の膣の中に挿入します。
いきなりペニスを奥まで挿入すると、女性も男性も痛みや違和感を覚える場合があるので、なるべくゆっくりと、最初は浅く入れて、位置が安定したら、ペニスを根元まで入れます。また女性側が十分に濡れていないと、女性自身が積極的に挿入しづらいので、挿入前の女性への愛撫は重要なポイントとなります。
女性側の経験が浅い場合は、男性が少し体を起こし、女性の腰やお尻を支えて、挿入までの流れをサポートした方が良いでしょう。

騎乗位のメリットとデメリットとは?

男性目線

騎乗位好きの男性には、M気が強い人が多いです。女性が自ら腰を動かすことで、「女性に好きなように責められている」「女性に犯されている」感覚を味われるので、相手の言いなりになることに興奮を覚えるM男性にとって、騎乗位はたまらない体位とも言えます。
また、女性が腰を動かしている光景や、女性の胸が揺れる光景が、男性の性的興奮を高めます。
そして、女性が脚を大きく左右に広げると、女性が自分から男性のペニスを膣に挿入している部分があらわになるので、さらに興奮が高まるみたいですよ。

女性目線

好奇心旺盛、セックスに積極的、Sっ気が強い、男性をリードしたいと思う女性は騎乗位好きが多いそう。最近は恋愛やエッチ全般に消極的な男性が増えているせいか、女性リードを熱望する男性が年々増えてきて、騎乗位をマスターしたいと思う女性も増えているんだとか。

ですがその一方で、「とにかく疲れるから嫌い」「どう動いて良いのか分からないから苦手」「そもそも自分が男性をリードするということが下手」という理由から騎乗位嫌いの女性が多いのも事実。
女性が長時間腰を動かさなきゃいけない騎乗位は、お疲れ気味の女性にとっては酷な体位とも言えるでしょう。

セックス体位のことは誰かが教えてくれるわけでもないので、経験をつまないと上手に動けません。なので、最初から女性が騎乗位で気持ち良くなるのは難しいので、彼にリクエストされない限り、自分から騎乗位にトライしない人は意外と多いようです。

ちょっとコツが要る?騎乗位をより楽しむ方法

挿入直後は一旦静止

女性側がちゃんとペニスを奥まで挿入できたことを確認するためにも、男性側に女性の膣内に挿入した快感を味わってもらうためにも、騎乗位で挿入したら、すぐに動かずに一度静止してみましょう。この時、「あぁっ」と女性が少し喘ぎ声を漏らしてみてもOK。
AVなどではよく女性が上下に激しく腰を動かすシーンが見られますが、実際は前後の腰の揺れが基本。クリトリスを男性の股間に押し付けるイメージで、前と後ろに腰をスライドさせましょう。

慣れてきたら上下に動いて

前後の腰の動きに慣れてきたら、上下の動きにチャレンジしてみましょう。女性は膣でしっかりペニスを締めつけながら、足の裏をベッドの上に押し付けたヤンキー座り(しゃがみ込む)状態で上下に腰を動かします。両ひざをつけて爪先立ちする正座状態で行うバージョンもあります。どちらも前傾姿勢や、後傾姿勢など、女性が動きやすい体勢で試してみましょう。

円を描くように動く

基本の前後スライド、上下の動きをマスターしたら、ゆっくりと円を描くように腰を回します。これは男性を視覚的に喜ばせる動きにもなります。また、前後、上下、左右に女性が腰を動かすことにより、女性側が騎乗位で快感を得るポイントを探ることもできます。

蓮香アドバイス

女性が一番好きな体位は、様々なランキングを見ても正常位が1位であることが多いです。バックや騎乗位に対して苦手意識があったり、あまり気持ち良いと思った経験がなければ、自然と正常位が一番と思ってしまうでしょう。
でも、男性を喜ばせるだけでなく、女性側がセックスでより快感を得るためにも、もう一歩積極的になってみませんか?

オトナ 一覧 >

この記事のライター

『ココロやカラダに潜む悩みや不安の種は、増やさず育てず!』をモットーに、女性誌をはじめ男性誌でも活躍中。

関連する投稿


はじめての「ラブホ」マニュアル! 選び方のポイント・料金体系・NG行為

はじめての「ラブホ」マニュアル! 選び方のポイント・料金体系・NG行為

今回のテーマは「ラブホ初心者マニュアル」。ラブホの利用の仕方について詳しく解説していきたいと思います。ラブホ初心者の人はもちろん、普段ラブホを利用している人にも役立つ情報満載なので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


セックスにまつわる7つの都市伝説 | これってホント? それともウソ?

セックスにまつわる7つの都市伝説 | これってホント? それともウソ?

ちまたに飛び交っているセックスにまつわる都市伝説、皆さんも一つくらいは聞いたことあるのでは?今回はそんな気になるセックスの都市伝説を7つご紹介。そして、その話が実際はホントなのかどうなのかも解説もしていくので、ぜひご参考にしてくださいね。


おしりエッチのやり方5ステップ! 重要なのは、準備・リラックス・慣れ

おしりエッチのやり方5ステップ! 重要なのは、準備・リラックス・慣れ

今回のテーマは「おしりのエッチ」。おしりでのエッチ=アナル(肛門)セックスについて、解説していこうと思います。興味がない方も多いかもしれませんが、基礎知識だけでも知っておいても損はないかも?男性目線、女性目線でも語っていくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


「最近、性欲がわかない…」女性の性欲スイッチが入らない理由は?

「最近、性欲がわかない…」女性の性欲スイッチが入らない理由は?

最近、性欲減退で悩む女性が増えているといわれています。彼のことは好きだけど、キスやエッチはあまりしたくない…。パートナーの期待に応えられず、悩んでいる女性も多いのでは?性欲がなくなったときに、まず考えるべきポイントは、「パートナーにだけ性欲を感じないのか」、それとも「全く性欲を感じないのか」という点。それによって対処法も変わってきます。ケース別にお話しましょう。


「最近、抑えられない…」女性の性欲が強くなったとき、考えられる理由とは?

「最近、抑えられない…」女性の性欲が強くなったとき、考えられる理由とは?

女性の性欲が強いことが悪いことではありませんが、抑えられなくて困ったり、悩んだりしている女性も多いのではないでしょうか。女性の性欲は、月経周期に連動して強くなったり弱くなったり、加齢とともに強くなる場合もありますが、ここでは「急に性欲が強くなった」場合についてお伝えします。


最新の投稿


最高の彼氏になる方法とは?「彼氏と付き合ってよかった」と思う瞬間【女性心理】

最高の彼氏になる方法とは?「彼氏と付き合ってよかった」と思う瞬間【女性心理】

世の中には二種類のカップルがいます。ひとつは、付き合うことになった時点がピークで、その後は徐々に愛情が冷めていくカップル。もう一方は、一緒に過ごす時間が増えるに従ってお互いのことをより深く知ることができ、「この人と付き合っていてよかった」と度々、幸せに浸れるカップルです。どうせなら、後者のカップルになりたいですよね。


【数秘術】今週の神秘ナンバー占い6月14日~6月20日|数字でわかる運勢

【数秘術】今週の神秘ナンバー占い6月14日~6月20日|数字でわかる運勢

当たりすぎて怖い? ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスがお届けする今週の神秘ナンバー占い。神秘ナンバーとは、東洋数秘術、西洋数秘術、アステカ秘術など複数の占術をベースに導き出す、運気を読み解く数字のこと。2019年6月7日週、あなたの運勢はどのように変化する?!


裏垢・褒め待ち・病みアピ…SNSでしてしまいがちな「イメージダウン行動9選」

裏垢・褒め待ち・病みアピ…SNSでしてしまいがちな「イメージダウン行動9選」

ツイッター、フェイスブック、インスタグラムなどのSNSを一切使っていない人というのは、現代社会では少数派でしょう。自分の日常や意見を発信して、全然知らない人から反応をもらえるSNSはエキサイティングなサービスであり、ときには一生ものの出会いや、ビジネスチャンスにつながることもあります。ただし、使い方によっては自身のイメージを低下させてしまう場合もあります。


カップルで旅行!おすすめの「男女別の持ち物」と「気をつけたいポイント7つ」

カップルで旅行!おすすめの「男女別の持ち物」と「気をつけたいポイント7つ」

楽しみにしていた恋人との旅行が、「忘れ物をしたために、思うように楽しめなかった」ということになってしまったら、残念ですよね。今回は、恋人と旅行に行くときに持っていった方がいい持ち物(男女別)と、旅行を楽しむために気をつけたいポイントをご紹介していきます。旅行前のチェックリストとして、活用してみてくださいね!


「もうダメかも…でも別れが言えない」彼氏に別れを切り出す方法

「もうダメかも…でも別れが言えない」彼氏に別れを切り出す方法

もうダメかもしれない。頭ではそう理解していても、実際は別れを切り出すのはつらいものです。すでに終わっている恋にしがみついている自分にも納得がいかない日々。そろそろ区切りをつけないと、どんどん悪い流れへと引きずられてしまいます。今回は、彼氏に別れを切り出す方法についてご紹介します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング