成功率が上がる!【 大人女性の告白テクニック 7選】振られるのが怖い?

The following two tabs change content below.
今来今

今来今

編集者を経て複数メディアにて、映画評・書評・ルポなどを連載中。

好きな人に思いを伝えたいと思っても、「でも、ふられたらどうしよう」「告白したことで、関係が終わってしまったらつらい」と考えて、その人のことが大切であればあるほど、躊躇してしまいがちです。

今回は、成功率をアップする、 大人女性の告白テクニック をご紹介します。「告白したいけど、ふられるのが怖い」と足踏みしている方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

そもそも告白は必要? なんのためにするもの?

「告白」という文化は日本特有のものです。

アメリカやヨーロッパなど欧米では、なんとなく会う回数が多くなって、性的関係を持つようになって、互いのことを恋人同士だと認識し始める、というのが一般的。日本のように、気持ちを伝えて、はい、今日から恋人同士です、という形式は世界的に見たら珍しいものなのです。

みなさんは、「デートしながら、恋人同士になるか見極める」欧米方式と、「告白をきっかけに恋人同士になり、基本的には性的関係はその後に持つ」日本方式、どちらが良いと思いますか?

「正式に付き合う前に、体の関係を持ってしまったら恋人同士にはなれない」なんて言われることも多い日本では、欧米方式をリスキーだと考える人もいるかもしれません。一方で、「恋人関係は、一朝一夕に作られるものではないから、今日から恋人、というスタイルは不自然。欧米方式の方が自然」だと考える人もいるでしょう。どちらがいいと考えるかは、個人の価値観によって変わってきます。

「大人の恋愛には告白は不要」派も。でも告白にはメリットも

大人女性の告白テクニック 「大人の恋愛には告白は不要」派も。でも告白にはメリットも

告白を経ずに恋人関係になる方が望ましいと考える場合は、わざわざ告白をする必要はありません。実際、「大人の恋愛に告白は不要」と考えている人も存在します。

現代日本において、告白は恋愛関係を進展させるためのマスト条件ではないのです。

ですが、そんな中においても「告白したい」と考える男女はいます。なぜなら、告白にはメリットがあるからです。そのメリットとは、「自分の気持ちを明確に伝え、相手からの気持ちも聞きだすことができる」という点です。

告白は、自分の気持ちを相手に伝え、相手のリアクションを知ることができるパワフルな行為。ですが、同時に、関係性の変化を迫るものであるため、「これまでの関係が壊れてしまう」というリスクが付きまといます。

成功率を確実に上げる! 大人女性の告白のテクニック 7選

彼との今現在の関係が大切であればあるほど、告白はリスキーに感じられるでしょう。「告白することで、彼との関係が終わってしまったらどうしよう」という不安を強く感じていて、告白をちゅうちょしているならば、「できる限り成功率を上げて」から告白することをおすすめします。
ここでは、成功率を上げるためのヒントを紹介していきます。

成功率を上げる大人女性の告白のコツ1 すでに付き合っている状態に持っていく

ところで、付き合っている、とはどういった状態でしょうか。

「付き合う」には、「毎週デートする・頻繁に連絡をとる・好きだということを伝え合う・手をつなぐ・キスをする・親密なスキンシップをとる・将来のことを話し合う・他の異性とは性的関係を持たないと合意を持つ」などなどが含まれるでしょう。
カップルによっては、スキンシップをあまりとらなかったり、数か月に一回しか会わなかったり、というパターンもありますが、一般的な「付き合う」の中身はこんなところでしょう。

告白の成功率を上げる方法として、告白前にすでに付き合っている感じにしてしまう、というものがあります。

頻繁にデートや他愛もない連絡をしたり、さりげなく好きだと伝えたり、手をつないでみたりしてみましょう。もしデートに誘っても断れることが続くようならば、告白しても望みがないことが分かるはずです。告白を玉砕覚悟で、自分の気持ちを伝えてスッキリするだけのために行うなら、そういった望み薄な状態で告白しても問題ありませんが、「成功させたい」と思うなら、告白の前に、ある程度関係性を築いておくことが望ましいのです。

成功率を上げる大人女性の告白のコツ2 好きって言ったらどうする?と聞いちゃう

ちょっとずるい方法ですが、「好きって言ったらどうする?」と直接聞いてしまう、という手もあります。

「絶対ない!女性として見たことはない」とバッサリふられてしまっても、「冗談だって。何本気にしてるの」とごまかすことができるのでダメージは少なくて済みますし、友人関係を続けていくことも可能です。

「好きって言ったらどうする?」と冗談っぽく言って反応が良ければ、本気告白を続けましょう。

成功率を上げる大人女性の告白のコツ3 弱っているときを狙う

告白のベストタイミングはいつでしょうか?

お互いに好意があれば、タイミングはいつでもOKです。ですが、「完全に惚れているわけではないけれど、アリかナシかでいえば、アリ」と考えている彼を落としたいなら、弱っているときを狙う方が成功率は上がります。

弱っているときとは、具体的には、「体調不良のとき・仕事で失敗したとき・彼女にふられたとき」などのことです。弱っているときに彼を励まし、側にいることで、彼があなたの有難さに気がつく可能性が高まるでしょう。

成功率を上げる大人女性の告白のコツ4 自分の幸せより、彼の幸せを考える

大人女性の告白テクニック 成功率を上げる大人女性の告白のコツ4 自分の幸せより、彼の幸せを考える

告白することが怖い、と感じている女性が陥りがちな思考は、「ふられたらどうしよう」など、自分が傷つくことにフォーカスして、彼の気持ちについてはあまり考えない、というものです。

自分の気持ちばかりに注力していると、ふられたときに、自分の価値を否定されたように感じ、立ち直るのに時間がかかってしまいがちです。最悪の場合、「彼はひどい」「利用された」など、彼のことを恨むことにもなりかねません。

「彼と付き合えたら幸せになれる」というのはあなたの考えであって、彼にとっての幸せは別のところにあるかもしれないのです。彼のことを愛しているなら、彼には彼の幸せを追求してほしい、と思えるはずです。もしふられて、「自分を選んでくれないなんて!」「傷つけられた!」という気持ちが出てくるなら、それは、彼の幸せよりも、自分の幸せの方が大切だということ。つまり、彼のことを愛してはいない、ということです。

愛しているなら、「彼にとって、どういった状態が幸せなのか」を考えましょう。彼の立場になって考えてみることで、告白を受け入れられてもふられても、冷静に受け止めることができるようになるでしょう。

成功率を上げる大人女性の告白のコツ5 「余裕」を作り出す
次のページへ