大人でもある。 友人と同じ男性を好きになったときに考えるべきこと3つ

The following two tabs change content below.
山口恵理香
コラムニスト、webライター。 恋愛・ライフスタイル記事を中心に執筆中。 https://ericaaa.com/

もし、友人と好きな人が被ってしまったら、あなたはどうしますか?今までずっと仲良くしてきた友人と被ったら、さすがに悩むでしょう。友情をとる?それとも、恋をとって、好きな人を優先しますか?

今回は、友人・知人と同じ男性を好きになったときの対処法をご紹介します。

恋と友情、両方は選べない

恋と友情、両方は選べない

友人・知人と好きな人が被ってしまった場合、残念ながら、どちらも選ぶことはできません。好きな人が被っていることを伝えないまま、そっとフェードアウトはできたとしても、やはり相手に対して隠し事をしているのは、あまりいい気分ではありません。

また、好きな人との恋を継続させながら、友人たちとの付き合いも続けるというのも難しいものです。
仮に好きな人と自分が付き合ったとしましょう。同じ人を想っていた友人・知人からしてみると、あまり面白い出来事ではありません。悲しい、つらい出来事でしょう。
恋を成就させた側が「引き続き、仲良くしてくださいね」と頼み込んでも、友人は納得しないはずです。

まずは、両方は選べないことを頭の片隅に置きながら、今後の身の振る舞い方を考えましょう。

 

友人よりも好きな人を選ぶのは覚悟がいる

どうしても好きな人との恋を貫き通したいなら、それも一つの答えです。
ただし友人よりも好きな人を選ぶというのは、それなりに覚悟が必要です。しかも友人との距離が比較的、近く何でも相談し合ってきた仲、つまり親友と呼べる関係なら、好きな人を選んでしまった瞬間に、友人との関係が壊れてしまうこともあるでしょう。

ずっと支えてきてくれた友人を傷つけてまで、今の恋を進めるかどうか、その選択は、何度もよく考えて、慎重に決める必要があります。
それでも、「友人との関係が壊れるとしても、この人と付き合いたい」と思うなら、それくらいの想いなら、恋愛を優先しても問題ありません。

ただし、逆に友情をとり、友人を優先したところで、必ずしも友人も好きな人との恋を諦めて、あなたを優先してくれるわけではありませんし、これからどうなるかは分からないのです。つまり、友人が恋を取り、あなたが傷つく可能性もあり得るということ。

 

彼を選んでも両想いになれる保証はない

彼を選んでも両想いになれる保証はない

一番注意したいのは、友人・知人ではなく好きな人との恋を優先しても、必ずしも叶うわけではないということです。友人・知人に対して「あなたとの付き合いよりも、私は好きな人を優先します」と宣言しておきながら、もし彼がまったく別の人を彼女にしたら……友人も好きな人も同時に失うことになりかねません。

そこまでのリスクを冒してまで、目の前の彼を追いかけたいのかどうかは、繰り返しになりますが、よく考える必要があるでしょう。
もしかしたら、友人・知人と好きな人が被ってしまった時点で、それは恋の神様から「諦めなさい。他にもっといい人がいますよ」と言われているのかもしれません。

彼との恋を両思いにさせる自信があるなら、迷わず突き進んでみるのもありですが、すべては自己責任。友人・知人との関係が壊れるリスクと恋が叶う可能性を考慮して、十分に考えて、答えを出しましょう。

 

起きない可能性が0ではない

友人・知人と好きな人が被る。たしかに珍しいケースですが、起きない可能性がないわけではありません。むしろ、友人と似た者同士だからこそ、好きな人も同じになっちゃう確率は、どちらかというと高いといえるかもしれません。

万が一、好きな人が被ってしまった場合は、すぐに結論をだすのではなく、何度か寝かせる必要があるでしょう。友人を傷つけてまで手に入れたい恋なのかどうかは、じっくりと考えてくださいね。