はじめての「ラブホ」マニュアル! 選び方のポイント・料金体系・NG行為

The following two tabs change content below.
蓮香
『ココロやカラダに潜む悩みや不安の種は、増やさず育てず!』をモットーに、女性誌をはじめ男性誌でも活躍中。

今回のテーマは「ラブホ初心者マニュアル」。ラブホの利用の仕方について詳しく解説していきたいと思います。ラブホ初心者の人はもちろん、普段ラブホを利用している人にも役立つ情報満載なので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

はじめてのラブホ:そもそもラブホとは?

ラブホ(ラブホテル)ってそもそも何? 普通のホテルとどう違うの?

「ラブホ(ラブホテル)」とは、主にカップルのセックスに適した設備を備えているホテル。
「レジャーホテル」「カップルズホテル」「ブティックホテル」「ファッションホテル」などと呼ばれることも。

法律的には風営法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)に従い、風俗営業許可を取得する必要があります。
また、ラブホは性行為を目的としているホテルのため、18歳未満の人は利用はできません。

そして、普通のシティホテル、ビジネスホテル、リゾートホテルは宿泊が基本ですが(一部、デイユースプランはありますが)、ラブホテルは宿泊以外にも、休憩というシステムがあり、短時間の利用が可能です。また、ラブホテルは利用中は外出禁止が一般的です。

 

モーテルタイプとフロントタイプの形態がある

ラブホテルにはモーテルタイプとフロントタイプの2つの形態があります。
モーテルタイプは1つの客室に対して、1つの車庫がセットになっています。自動的にチェックインできるので、フロントを通らなくてすみます。
フロントタイプはフロントでチェックインする通常のホテルと同じ形態です。

 

はじめてのラブホ:ややこしい? 料金体系を知っておこう

はじめての「ラブホ」マニュアル

2名1室が基本

ラブホテルの料金は2名1室利用の料金が表示されています。3人以上の利用の場合、追加料金を取られるホテルもあります。

 

休憩での利用

休憩では、「1時間~数時間の短時間」利用ができます。料金体系はホテルによって様々。主に時間に応じて料金が加算されるタイプや、数時間毎に一律料金が設定されているタイプがあります。

ほとんどのラブホは、利用時間を過ぎると延長料金が追加されます。休憩で入室した場合でも、ホテルが定めた宿泊時間(深夜0時など)を過ぎると自動的に宿泊料金に切り替わる場合があるので、夜間に休憩利用の時は特に注意が必要です。

 

宿泊での利用

宿泊料金は「夜〇時から翌朝〇時まで」の利用料金が表示されます。
指定時刻を過ぎて滞在すると延長料金が加算され、宿泊チェックイン時間以前の時間帯からチェックインすると前延長料金が加算されます。

料金は曜日ごとに変わる。フレックスタイムがあるラブホも

多くのラブホテルは月曜日から木曜日を平日料金として、金曜日から日曜日、祝前日は平日料金より高めの料金が設定されています。

また、年末年始、ゴールデンウィークなどの大型連休やクリスマスなどイベントシーズン期間も、高めの特別料金が設定される場合があり、反対に利用する人が少ない平日の日中などには、「最大10時間まで在室OK」などのように割安で提供される「サービスタイム」「フリータイム」のプランもあります。

最近のラブホの新システムとして、フレックスタイムを導入しているホテルも増えてきています。
フレックスタイムは、宿泊と休憩を分けず、24時間休憩扱いとして、利用した時間帯分のみの料金となります。

はじめてのラブホ:気になるチェックイン&支払いの仕方
次のページへ