はじめての「ラブホ」マニュアル! 選び方のポイント・料金体系・NG行為

The following two tabs change content below.
蓮香
『ココロやカラダに潜む悩みや不安の種は、増やさず育てず!』をモットーに、女性誌をはじめ男性誌でも活躍中。

今回のテーマは「ラブホ初心者マニュアル」。ラブホの利用の仕方について詳しく解説していきたいと思います。ラブホ初心者の人はもちろん、普段ラブホを利用している人にも役立つ情報満載なので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

はじめてのラブホ:そもそもラブホとは?

ラブホ(ラブホテル)ってそもそも何? 普通のホテルとどう違うの?

「ラブホ(ラブホテル)」とは、主にカップルのセックスに適した設備を備えているホテル。
「レジャーホテル」「カップルズホテル」「ブティックホテル」「ファッションホテル」などと呼ばれることも。

法律的には風営法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)に従い、風俗営業許可を取得する必要があります。
また、ラブホは性行為を目的としているホテルのため、18歳未満の人は利用はできません。

そして、普通のシティホテル、ビジネスホテル、リゾートホテルは宿泊が基本ですが(一部、デイユースプランはありますが)、ラブホテルは宿泊以外にも、休憩というシステムがあり、短時間の利用が可能です。また、ラブホテルは利用中は外出禁止が一般的です。

モーテルタイプとフロントタイプの形態がある

ラブホテルにはモーテルタイプとフロントタイプの2つの形態があります。
モーテルタイプは1つの客室に対して、1つの車庫がセットになっています。自動的にチェックインできるので、フロントを通らなくてすみます。
フロントタイプはフロントでチェックインする通常のホテルと同じ形態です。

 

はじめてのラブホ:ややこしい? 料金体系を知っておこう

はじめての「ラブホ」マニュアル

2名1室が基本

ラブホテルの料金は2名1室利用の料金が表示されています。3人以上の利用の場合、追加料金を取られるホテルもあります。

休憩での利用

休憩では、「1時間~数時間の短時間」利用ができます。料金体系はホテルによって様々。主に時間に応じて料金が加算されるタイプや、数時間毎に一律料金が設定されているタイプがあります。

ほとんどのラブホは、利用時間を過ぎると延長料金が追加されます。休憩で入室した場合でも、ホテルが定めた宿泊時間(深夜0時など)を過ぎると自動的に宿泊料金に切り替わる場合があるので、夜間に休憩利用の時は特に注意が必要です。

宿泊での利用

宿泊料金は「夜〇時から翌朝〇時まで」の利用料金が表示されます。
指定時刻を過ぎて滞在すると延長料金が加算され、宿泊チェックイン時間以前の時間帯からチェックインすると前延長料金が加算されます。

料金は曜日ごとに変わる。フレックスタイムがあるラブホも

多くのラブホテルは月曜日から木曜日を平日料金として、金曜日から日曜日、祝前日は平日料金より高めの料金が設定されています。

また、年末年始、ゴールデンウィークなどの大型連休やクリスマスなどイベントシーズン期間も、高めの特別料金が設定される場合があり、反対に利用する人が少ない平日の日中などには、「最大10時間まで在室OK」などのように割安で提供される「サービスタイム」「フリータイム」のプランもあります。

最近のラブホの新システムとして、フレックスタイムを導入しているホテルも増えてきています。
フレックスタイムは、宿泊と休憩を分けず、24時間休憩扱いとして、利用した時間帯分のみの料金となります。

 

はじめてのラブホ:気になるチェックイン&支払いの仕方

モーテルタイプのラブホ

車(徒歩でも利用可能)でそのまま入店。部屋ごとに駐車スペースがあるので、好きな部屋を選択したら、その部屋の駐車スペースに車を停めます。
ほとんどのモーテルタイプは、部屋のドアを開けると自動的にチェックインしたことになります。
モーテルタイプの支払いは、ほとんどが後払い式。自動精算機で支払います。

フロントタイプのラブホ

車の場合は、駐車場に車を止めエントランスから入店。フロントはスタッフ対面型と非対面型があります。

多くのホテルは、フロント横かロビーに、部屋の写真パネルが設置されていて、休憩、宿泊料金も一緒に表示されています。お部屋の雰囲気や料金を考慮して、部屋を選びましょう。
ウェイティングルームがあるホテルが最近は多いので、満室、準備中の場合はウェイティングルームで待機します。

部屋を選ぶと、フロントから鍵(カードキー)を渡されるか、オートロック式で入室します。
また最近は、希望の部屋のパネル横にあるボタンを押すと、近くの発券機から部屋番号が記載された紙が出て、その紙を持って部屋に行くと鍵が開いている流れのシステムも。

料金の支払いは、入室前に支払う前払い式と、退室後に払う後払い式、お部屋に設置されている自動精算機で支払う方法があります。

 

はじめてのラブホ:ラブホの選びの5つのポイント

はじめての「ラブホ」マニュアル

(1)ネットなどで事前にチェックしてみよう

ラブホテルに行く日が決まっているなら、平日や土日の料金形態、外観&内装の画像、場所などを、ネットやアプリであらかじめ調べておきましょう。

(2)外観、内装が綺麗なホテルを選ぼう

ラブホテル選びで最も重視したいのは、衛生面です。清潔感のあるホテルを選びましょう。
基本的に男女が裸になり、お風呂にも入ったりする場所なので、清潔感は重要です。ニューオープン・リニューアルオープンのラブホテルがおすすめ。

ちなみにオフィシャルサイトの内容が充実しているところは、ネットによる宣伝にまで力を入れているため、サービスも充実している可能性が高いと言えるでしょう。
逆にオフィシャルサイトがないラブホテルは外観も内装も古く、サービスも充実していない可能性があります。

(3)どんな場所のホテルを選ぶべき?

知り合いとすれ違うことがないよう、自分が通っている職場や学校、実家からはなるべく遠くが基本。
逆に、ホテルのチェックイン前に利用する飲食店などからはなるべく近い方が良いでしょう。
ラブホテルまでへの道のりが長すぎると、気分がトーンダウンしてしまいがち。

(4)せっかくのムードが台無しにならないよう、満室対策も考慮しよう

クリスマス、バレンタインデー、ホワイトデーなどイベントシーズンはもちろん、週末や祝前日は混んでいて、満室になってしまう可能性が高いです。第2候補のラブホも決めておくと良いですね。

満室だったら別のホテルに速やかに移動できるよう、ラブホテルが連立しているラブホテル街から選ぶのも満室対策の1つです。
ちなみに、最近は予約ができるラブホテルもあり、通常のホテルのように比較して予約できるサイトがあるので活用してみましょう。

(5)アメニティが充実しているラブホを選ぼう

女性はアメニティが充実しているとテンションが上がりますよね。エッチの後に乱れた髪型やメイクを整えるのにも◎。

アメニティが充実しているラブホは、サイト内に記載されていることが多いです。用意されているアメニティ以外にも、美容家電や健康グッズなどをレンタルできるホテルもあるので、要チェック。

最近は数十種類ものシャンプーが取り揃えられ、自由に選ぶことができるシャンプーバイキングというサービスを用意しているホテルもあります。

はじめてのラブホ:ラブホでのマナー違反行為
次のページへ