毎日忙しい…張り詰めた気持ちを緩める方法4つ【心に余裕がない時】

The following two tabs change content below.
山口恵理香
コラムニスト、webライター。 恋愛・ライフスタイル記事を中心に執筆中。 https://ericaaa.com/

毎日が時間との勝負。いかに効率よく過ごすかしか考えていない。でも、ふっとした時に無性に悲しくなるのも事実だったり。いつも糸が張ったままでは、心も疲れてしまいます。たまには、あえて緩めないと、本来のモチベーションも維持できなくなりますね。

今回は、 張り詰めた気持ちを緩める方法 をご紹介します。

張り詰めた気持ちを緩める方法:1週間に1回は早めに仕事を切り上げる

仕事とプライベートの両立に追われている日々。
たまには一人になりたい時もあるし、ゆっくりしたい気持ちになる時もあるでしょう。ストレスで疲れ切ってしまう前に、できれば緩める時間をとるのがベスト。

たとえば、1週間に1回くらいは早めに切り上げてみるのもありですね。
会社員の方であれば定時で切り上げる日をつくってみる。1週間に1回もとれないなら、せめて月に数回くらい。
フリーランスの場合は、エンドレスの状態が続いていきますから、思いきり仕事モードをオフするつもりで、早めに仕事を終わらせる日を作りましょう。

張り詰めた気持ちを緩める方法:自分自信のメンテナンスをサボらない

張り詰めた気持ちを緩める方法 自分自信のメンテナンスをサボらない

TO DOリストを少しでも前倒しで進めようとすると、どうしても自分自身のメンテナンス時間が減っていきます。
本当はエステに行きたかったけど、仕事をしないと間に合わない。本当は整体に行きたいけど、今は忙しくてそれどころじゃないと、どんどんメンテナンスが後回しの状態に…。
自分としては「久しぶり」のつもりではなかったのに、しばらくの間、美容院から遠ざかっていたなんてこともあるでしょう。
エステやマッサージ、ヨガやネイルなどは、お金はかかりますが、自分を愛することにもつながります。

美容や健康にお金を使うことで、モチベーションが上がり、ハードワークを乗り越えていけるなら、決して浪費ではなく自己投資と認識して問題ないでしょう。気を緩めたくなったら、自分メンテナンスの予定を立てるだけでも楽になれますよ。

 

張り詰めた気持ちを緩める方法:スマートフォンを見ながらダラダラする時間も必要

スマートフォンやSNSは使い方次第では、自分のモチベーションを支えてくれるツールになってくれます。ただし、時間泥棒の被害に遭わないように、時間を決めてから、スマートフォンで情報収集を楽しみましょう。

何気なく見ていたInstagramからアイデアをひらめく時もあれば、憧れの人の近況を知ることができ、前向きになれる時も多々あります。

気持ちを緩めるためぐだぐだするには、スマートフォンを見るくらいが、ちょうどいい!ソファーに寝ながら、ごろごろする時間をとるだけでもストレスから解放されるはずです。

 

張り詰めた気持ちを緩める方法:眠たいときは我慢しない

張り詰めた気持ちを緩める方法 眠たいときは我慢しない

大人女子には「生理周期」という無視できない体調の波があります。体調不良の頻度や内容は人それぞれ異なりますが、やたらと眠たいときはありませんか?

仕事から帰ってきてソファーに横になっているうちに爆睡……。何度寝ても寝れる、不思議な時期ですね。本来の睡眠の前にお昼寝やお夕寝をするときもあるでしょう。通常よりも眠気が強いなら、きっとそれはホルモン変化やお疲れのサイン。

可能な限り、眠れるときは眠っておくのが一番です。初夏前の日差しは温かく風は涼しい季節は、窓から入ってくる冷たい空気を感じながら暖かい毛布で寝れる時期。心と体を緩ませるにはベストシーズンです。

 

毎日忙しいからこそ、「緩ませる時間」を意識する

毎日忙しいからこそ「緩ませる時間」を意識的につくる必要があります。回遊魚のようにずっと泳ぎ続けるのも疲れちゃいますよね。たまにはTO DOリストを封印し、頭の片隅に置いておく。その代わり、いつもよりまったりする時間を多めにとって、日々のストレスを解消しておきましょう。