品の良いゲストに! 結婚式お呼ばれテーブルマナー 洋食・和食

二人の門出を祝うめでたい披露宴。新郎新婦の笑顔ももちろんですが、美味しいごちそうも楽しみのひとつです。でも、普段食べ慣れないフルコースの料理や豪華な和食は楽しみだけれど、緊張してしまうことも…。

ということで今回は、大人の女性として押さえておきたい、 結婚式お呼ばれテーブルマナー 洋食・和食編 をご紹介します!

結婚式お呼ばれテーブルマナー|洋食の場合

披露宴やパーティーの食事では、洋食が出ることが多いですね。洋食では、普段使い慣れないナイフとフォークがたくさん並んだり、和食とは違うルールがあったり、緊張してしまう…。
洋食マナーをチェックしておきましょう!

洋食マナー:ナイフとフォークを使う順番は?

結婚式お呼ばれテーブルマナー 洋食・和食編 ナイフとフォークを使う順番は?

ルールは意外に簡単。並べられているナイフとフォークは、外側から使うのが基本です。お皿の左側にはフォーク、右側にはナイフ&スプーンが並べられていますから、順番に使いましょう。

洋食マナー:手に持って良い食器

洋食は基本的に、フォークとナイフを使っていただくもの。カップ以外のお皿を持ち上げるのはNGとされています。

洋食マナー:スプーンは手前から奥に動かす?

はい、それは英国式のようです。フランス式は奥からスプーンを入れる方法と横から入れる方法があるそうですよ。
「音を立てずに飲む」というマナーもお忘れなく。

洋食マナー:フォークを落としちゃった!

こんなときは、自分で拾うのではなく、サービス係りの人を呼びましょう。「すみません!」と大声で呼ぶのではなく、目が合ったときに小さくうなずいたり、静かに手を上げて合図をするのが良いでしょう。

洋食マナー:ちょっとトイレ…

食事中に席を立つときは、片方に寄せると「食事が終わりました」というサインになるので、ナイフとフォークをハの字にして置いておきましょう。

洋食マナー:ステーキは最初に切っちゃう?

美味しいステーキ!食べやすいように一口サイズに最初に全部切る。実は、これもNG。
一切れずつナイフで切って食べるのがマナーです。そうするとお肉も冷めませんし、肉汁も切り口から出ませんから、美味しく食べられますよ。

洋食マナー:飲み物を注いでもらうとき

飲み物を注いでもらうとき

フランス料理などの洋食メニューの場合、ビール、ワイン、ミネラルウォーターなどいろいろな飲み物が提供されますね。何度もウェイターさんが注ぎに来てくれますが、このとき、グラスを持つ必要はありません。グラスはそのまま置いておくのがマナーです。

日本の礼儀作法としては、お酌をしてもらうときにグラスを持つのが一般的ですが、洋食のマナーとしては正しくないのです。

洋食マナー:「かんぱーい!」のとき

シャンパンなどで行われる乾杯。晴れやかなパーティーにはつきものですが、このときグラスをぶつけ合って音をたてるのはNG。
フォーマルな席では、繊細なグラスを傷つけないためにも、ぶつけ合わないのがマナーです。
正しいやり方はグラスを目の高さに上げて、周りの人と目礼を交わすというものだそう。

結婚式お呼ばれテーブルマナー|和食の場合
次のページへ