「かかと荒れ」をしっかりケアできる方法、教えちゃいます!

The following two tabs change content below.
クチン

クチン

80年代に憧れ、90年代を引きずっているライター。将来は可愛いおばあちゃんになりたい! 「クチン」はインドネシア・マレー語で「猫」という意味です。

サンダルを履く季節が終わり、秋になりましたが、みなさん、かかとはすべすべですか?私のかかとは乾燥と靴ずれで、あまり健やかな状態ではありません…。

そこで今回は、ハンド・フットケアの定番アイテム「ユースキンシリーズ」を製造販売するユースキン製薬から、とっておきのフットケア方法を教えてもらいました!

ただいまケアを頑張っているので、皆さんにもこっそりお伝えします!
一緒にすべすべかかとを目指しましょう。

夏のかかと荒れ。ケアをしないで秋を迎えると冬には重症化の可能性も…

まず「なぜ夏のかかと荒れを放置すると秋冬に重症化しやすいのか」伺ってみました。

専門家である足育研究会理事で皮膚科医の今井亜希子先生によると、

「夏のかかと荒れに気づかず放置していると、秋冬にはストッキングがひっかかるガサガサしたかかとから、亀裂が入るほど重症化することもあります。

夏場だけでなく秋冬も
①日中の温度差、②前日との温度差、③室内での温度差、の3つの温度差があります。
夏から続く温度差でかかと荒れが助長される『温度差かかと』に注意が必要です。
痛みを感じるほどかかと荒れが重症化すると、歩き方のバランスが崩れて、歩きにくくなり、生活に支障をきたします。さらにそれが続くと膝痛や腰痛、肩こりなど全身にも影響することがあるので、早めのケアが重要です。」

と指摘しています。

早くケアしないと、かかとが大変なことになるかも(涙)。

実際にかかと荒れの様子をMRIで分析してみると、痛みを感じるほど荒れたかかとは、皮膚表面に0.7mmの深さのひび割れがあることがわかったそうです。

かかと荒れ ケア ユースキン かかと荒れの様子をMRIで分析

今井先生は、

「皮膚表面のひび割れは0.7mmの深さであることがわかります。これは角質層を超えている深さです。
ここまでの深さの傷がもとに戻るには、何もしないと通常およそ2週間かかるでしょう。しかし、かかとの皮膚に全く負荷をかけずに生活するのは難しいので、実際はそれ以上かかります。つまり、かかと荒れはケアをしないとなかなか改善しないのです。」

と解説します。

しかし、かかとは見えにくい場所なので、荒れに気が付きにくいパーツ。それに自分のかかとの状態を客観的にチェックしたくても、MRIなんて撮れませんよね…。

そこで、有効なのでひび・あかぎれの治療薬の定番「ユースキンA」を製造販売するユースキン製薬が提唱する「フットセルフィー」です!

 

携帯で簡単かかと状態チェック「フットセルフィー」

かかと荒れ ケア ユースキン 携帯で簡単かかと状態チェック「フットセルフィー」

「フットセルフィー」とは、携帯のカメラで自分のかかとを撮影し状態をチェック、荒れていたら保湿ケアをし、さらにチェックするというフットケア方法。

ユースキン製薬が行った調査では、普段かかとのケアを行っていない方が自身のかかとを携帯で撮影して確認したところ、約半数の方がかかとのケアの必要性を感じたと回答しました(下図)。

フットセルフィー アンケートグラフ

今井先生は、「上記の調査結果からも、フットセルフィーはかかと荒れケアの方法として有効と言えます。かかとは自分では見づらいため、携帯で写真を撮って『気づき→チェック→ケア』を習慣にすることが、かかと荒れ重症化予防の第一歩です」と話しています。

では早速、フットセルフィーのやり方をご紹介しましょう!

フットセルフィーのやり方

(1)自分の足を携帯のカメラで撮影し、その画像を拡大
(2)今まで気づかなかった足の荒れを見つける
(3)重症化する前に、状態に応じてケアする
※特に荒れやすい「かかと」を中心に撮影するのがおすすめ

フットセルフィーでのチェックポイント

・皮膚の状態(かさつき、硬さ、ひび割れ)
・かかとのふちの色
(血色の良い肌色であるか、黄色みを帯びていたら要注意)

いかがですか?私のかかとはかっさかさでした…。
状態がわかったところで、上手な保湿クリームの選び方、そして効果的なフットケア方法をご紹介します。

 

かかとの症状にあった保湿クリーム選び方

かかと荒れ ケア ユースキン かかとの症状にあった保湿クリーム選び方

かかと荒れのセルフケアでは、保湿クリームの選び方、塗り方で効果が変わります。

今井先生は

「まず、保湿クリーム選びです。ビタミン配合タイプや尿素配合タイプなどがあるので、成分にも注目しましよう。
ビタミンEが配合されたものは、保湿効果だけでなく血行を促進する作用もあるので、冷えが気になる方のかかと荒れケアにおすすめです。
尿素配合タイプは角質を柔らかくしますが、深いひび割れには刺激になることがあるので注意が必要です。」

とアドバイスしています。

かかとの荒れを自覚している30代から50代の17名を対象に、携帯の写真でかかとの状態を確認し、ビタミン系クリームを使用したフットマッサージによるかかとケアを行うフットセルフィーモニター試験を、ユースキン製薬と足育研究会が共同で行ったところ、3日で改善が見られたそうですよ!

これについて今井先生は、

「17名全員が3日で改善がみられるという結果でした。フットセルフィーは、きっかけ作りだけでなく、正しいケアをすることで見るたびに症状が改善され、モチベーションアップにつながることが推測されます」

と分析しています。

ちなみに、クリームに迷っている人は、保湿と血行促進作用があるビタミンEが含まれている、指定医薬部外品「ユースキンA」がおすすめです。
ユースキンA 60gとかかと靴下がセットになった「かかとケアセット」もありますよ。

ユースキンA-かかとケアセット

 

つるすべかかとを目指すフットマッサージ方法

★かかと荒れの重症化を予防するフットマッサージは、使用するクリームの選び方、量、塗り方、タイミングが重要です。
ビタミンE配合のクリームを使って、お風呂上がりやお休み前にフットマッサージをするのが効果的です。

私はケアをして今日で3日目ですが、かさかさ感がだいぶ良くなった気がします♪このまま、ケアを続けて、ストッキングが引っかからないつるすべかかとを手に入れたいと思います。
適切なケアですべすべ魅せるかかとを目指しましょう!

 

アドバイザー:今井亜希子先生

今井亜希子先生 足育研究会理事で皮膚科医

足育研究会理事で皮膚科医

★こちらもおすすめ↓