おりものがカッテージチーズ状に…腟カンジダ症の原因と治療方法、治ったサイン

The following two tabs change content below.
ヘルスケアチーム

ヘルスケアチーム

wellfy編集部公式のヘルスケアチームアカウントです。

5人に1人が経験するともいわれている「腟カンジダ症(カンジダ腟炎)」。性感染症と思っている方も多いですが、実は免疫力の低下でかかることがある、女性にとっては珍しくない病気。そのため、再発に悩む女性も少なくありません…。

この記事では、腟カンジダ症の原因や症状、発症・再発予防方法についてご紹介します。

監修:婦人科医 松村圭子

婦人科医、成城松村クリニック院長。元大妻女子大学非常勤講師。婦人科専門医として、月経トラブルから更年期障害まで、女性の一生をサポートする診療を行う。小さな悩みごとでも相談しやすく、姉御肌の頼れる女医として人気。『医者が教える女性のための最強の食事術』『「女性ホルモン力」を高める簡単ごはん』など著書や監修コンテンツも多数。

 

腟カンジダ症の原因「カンジダ」は腟内常在菌

「腟カンジダ症(カンジダ腟炎)」とは、腟の中にいるカンジダ菌が増殖し、かゆみなどの不快な症状をおこす病気のこと。

カンジダ菌は、もともと腟の中にいる常在菌で、普段はおとなしくしているのですが、過労やストレス、睡眠不足、不規則な生活などが原因で免疫力が低下してしまうと、カンジダが腟の中で増殖して炎症を起こし、ぽろぽろとした白いおりものが増えたり、外陰部がかゆくなったりなどの症状がでるようになります。このような状態を、「腟カンジダ症(カンジダ腟炎)」と言います。

また、抗生物質を服用することによって腟の中の細菌バランスが変化し、カンジダ菌が増殖して発症することもあります。

まれにセックスやタオルの共有で感染することがありますが、女性の場合は一般的に自然発症が多く、性感染症とは限りません。

 

カンジダ腟炎の症状

腟およびその周辺のかゆみ
白いカッテージチーズ状のおりもの
腟のヒリヒリ、刺激・熱感
外陰部の発疹や発赤
排尿時やセックス時の痛み

 

腟カンジダ症の治療方法・治ったサイン

腟カンジダ症になった場合は、腟錠を腟内に1~2週間程度挿入したり、外用薬を外陰部に塗布して治療するのが一般的です。
カンジダが、症状を起こさない程度に腟内に存在することは病的なことではないので、治療で完全に死滅させる必要はなく、不快な症状がなくなれば「完治」となります。
また、パートナーも感染している場合は、一緒に治療を受けないと感染を繰り返すことになるので注意が必要です。

 

予防のポイント・再発対策

腟カンジダ症 予防のポイント・再発対策

食事

三食なるべく規則正しくとるようにし、栄養バランスのよい食事を心がけましょう。
ビタミンCは免疫力アップに効果的なので、野菜や果物、いも類などからしっかりとるように心がけることが大切です。体の土台となるたんぱく質も欠かせません。肉、魚、豆類、卵などからまんべんなくとるようにしましょう。

睡眠

睡眠不足も免疫力を低下させてしまうので注意が必要です。夜更かしはしないようにし、なるべく決まった時間に寝起きするようにしましょう。

運動

適度な運動は、体力アップにもなり、免疫力も上げるので効果的です。

ストレス

ストレスも大敵です。ストレスを溜め込むと免疫力が低下してしまいます。趣味やスポーツなどでうまくストレスを発散するように心がけてみましょう。

服装

通気性の良い下着を着用し、締め付ける洋服の着用は控えましょう。

腟カンジダ症予防のポイントは、免疫力を落とさないように気をつけること、デリケートゾーンを快適に保つことです。
今回の記事を参考に、腟カンジダ症の正しい知識を身に着けて、適切に対応してくださいね。