カップルで観るべき&観てはいけない恋愛映画BEST3【洋画】

The following two tabs change content below.
今来今

今来今

編集者を経て複数メディアにて、映画評・書評・ルポなどを連載中。

今回は、カップルで観るとラブラブ度がアップするおすすめ恋愛映画BEST3をご紹介します! また、恋愛映画ではあるけど、「カップルで観ると微妙な空気になっちゃうかも…」という懸念のある、「恋愛の負の側面を描いた映画」も同時にご紹介していきます。

恋人と観る映画選びに迷っている方は、本記事をぜひ参考にしてみてくださいね!

★邦画編はこちら↓

 

カップルで観るべき恋愛映画BEST3

まずは、カップルで観るべき恋愛映画BEST3を発表していきます。

 

カップルで観るべき恋愛映画 第3位 『愛しのローズマリー』

『愛しのローズマリー』は、『メリーに首ったけ』などを作ったラブコメの名手であるファレリー兄弟が監督しているロマンティック・コメディです。

【ストーリー】
主人公は、父親の遺言がトラウマとなり、「女性を外見だけで選ぶ男」・ハル。女性の性格をまったく考慮せず、外見が美しい女性ばかりを口説いてきたハルですが、ある日、偶然エレベーターの中で乗り合わせた大物カウンセラーから、「内面の美しい女性の容姿が美しく見える」催眠術をかけられてしまいます。ハルはその直後、絶世の美女ローズマリーと出会い、夢中になりますが、ローズマリーは実は体重100キロを超える巨体で、ルックス的にはハルの好みとはかけはなれていて…。

【おすすめポイント】
「外見よりも大切なのは中身」というこれまで100万回言われてきたテーマを扱ってはいますが、説教臭さはゼロ! とにかく終始笑って観ることができます。笑えて、幸せな気分になれる恋愛映画が観たいなら絶対におすすめできます!

 

カップルで観るべき恋愛映画 第2位 『ルビー・スパークス』

『ルビー・スパークス』は、主演女優が脚本・政策総指揮も務めた恋愛映画です。

【ストーリー】
主人公は小説家のカルヴィン。デビュー当時、天才小説家として脚光を浴びたカルヴィンは、プレッシャーからスランプに陥ってしまっています。そんなとき、精神科医の勧めで、夢に現れた女性ルビー・スパークスをヒロインに小説を書いてみることに。小説を書き始めてすぐに、ルビー・スパークスが現実に現れ、カルヴィンは驚きますが、自分の理想通りの女性ルビーに次第に惹かれていきます。小説に書いたことがそのまま現実になるため、ルビーはカルヴィンの思い通りに動くようになり…。

【おすすめポイント】
恋人と付き合っていると、「なんで、〇〇してくれないんだろう」と思うことってありますよね。恋人は自分ではありませんから、なんでも思った通りに動いてくれるはずはないのですが、求めすぎてしまうのが人情です。本作を観ていると、自分の理想を押し付けることの傲慢さに気がつかされます。相手に不満を感じているカップルが観ると、関係改善のヒントが得られるかもしれません。

 

カップルで観るべき恋愛映画 第1位 『エターナル・サンシャイン』

『エターナル・サンシャイン』は、記憶と恋愛との関係を描いた恋愛映画です。

【ストーリー】
主人公は平凡な男ジョエル。恋人クレメンタインと喧嘩をしてしまい、仲直りしようとプレゼントを買って彼女の働く本屋に出向きますが、クレメンタインは彼を知らないそぶりをします。クレメンタインは、ジョエルとのイザコザに嫌気がさして、記憶除去手術を受けていたのです。ショックを受けたジョエルは、自分もクレメンタインとの思い出を除去することを決めて…。

【おすすめポイント】
恋愛は楽しいだけではなく、つらい時期もありますよね。そんなとき、「出会わなければよかった」「彼・彼女と出会う前に戻りたい」と思うこともあるでしょう。そんなつらい時期を乗り越えてこそ、本当の関係に近づけるのかもしれません。本作は、長く続く恋愛が直面しがちな試練と乗り越え方を提示してくれています。つらいこともあるけれど、やっぱり恋愛って素晴らしい、と思える作品です。

★カップルにおすすめの邦画はこちら↓

カップルで観てはいけない恋愛映画BEST3
次のページへ