イマドキ男性のひとりエッチ事情!ひとりエッチのメリットとは?

The following two tabs change content below.
蓮香
『ココロやカラダに潜む悩みや不安の種は、増やさず育てず!』をモットーに、女性誌をはじめ男性誌でも活躍中。

皆さま、こんにちは。
今回のテーマは「イマドキ男子のひとりエッチ事情」。

男性のひとりエッチ事情を詳しく解説していきたいと思います。
男性のひとりエッチに興味がない人もいるかもしれませんが、彼や旦那様のひとりエッチ事情って、意外と女性にも深く関わってくるんですよ。ひとりエッチのスタイルや頻度によっては、パートナーである女性に対して性的興奮を抱きにくくなってしまう可能性もあるのです。なので、今回はイマドキ男子のひとりエッチ事情を、いろいろな視点でご説明していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

男性がひとりエッチをするメリット

男性のひとりエッチは健康に良い?

男性ホルモン「テストステロン」は、男性機能の向上、筋肉や骨を作り、脂質の代謝を促し、様々な若作り効果を生み出してくれます。
このテストステロンは、射精前から射精時に至るまで多く分泌する研究結果も出ています。
男性はひとりエッチでもセックスでも射精することにより、テストステロン分泌量がアップして、結果的に健康につながるといえます。

 

精子のメンテナンス効果

ひとりエッチは精子のメンテナンスとも言えます。
精子は毎日作られていて、射精しなくても古い精子は自然と身体に吸収されるのですが、精子は古くなると新陳代謝が悪くなってしまい、前立腺がんになるリスクを高めるという報告も出ています。
また、1か月で21回射精をした男性は前立腺がんのリスクが軽減するというアメリカの医学界誌による研究結果も出ています。

 

男性機能の維持効果

人の身体は、使わない機能は劣化していくという仕組みになっていて、定期的に射精をしないと、脳や細胞に、男性機能は必要ない機能だと認識させてしまう可能性もあるそう。
そのため、新鮮な精子や精液の状態を保ち、男性機能を低下させないように、セックスやひとりエッチで、適度に射精をしいた方が良いでしょう。

 

一人エッチにはメンタルケア効果も

男性のひとりエッチは溜まった精液を出すためだけではなく、精神的安定の効果も持っています。
ひとりエッチをすると、人の心を気持ち良くさせたり、幸せを感じさせる物質である「ドーパミン」や「オキシトシン」が分泌されます。
特にドーパミンは射精後が一番多く分泌されるそうです。

ちなみに、男の子がひとりエッチをするきっかけは、ペニスが勃起した時に何かに接触したり、何となくペニスを触っていたら気持ち良くて射精してしまったり、または射精経験のある友達などからひとりエッチの話を聞いてみて、興味本位に試してみたというパターンが多いそうです。
一度ひとりエッチをして、それが心理的にも身体的にも気持ちよいことだと知ると、ひとりエッチをする頻度も高まっていきます。
またセックスの知識も知ると、女性の膣の中にペニスを入れて射精してみたいと思うようになるのだとか。

さて続いては、男性のひとりエッチの方法についてお話しましょう。

 

男性のひとりエッチの方法と種類

イマドキ男性のひとりエッチ事情

スタンダードな男性のひとりエッチ

一番手軽でスタンダードなのが手を使った手淫(しゅいん)というスタイル。
手でペニスを包み込むように握り、上下に擦って刺激します。握り方は人それぞれですが、主に親指、人差し指、中指を使うスリーフィンガー、小指以外の4本を使ったフォーフィンガー、全ての指を使うファイブフィンガー(手の平全体)が主流なのだそう。

男性は視覚の情報から性的興奮を得るので、多くの男性はAVやエッチな画像などを見ながら、ひとりエッチします。
服装は、通常の服、またはパジャマや部屋着でする人もいれば、射精時に服が汚れないよう、半裸や全裸状態でする人も。
一般的に射精した精液はティッシュに出して捨てますが、タオルや新聞紙の上に射精する人、すぐに流せるからお風呂場で射精する人もいます。

 

亀頭のみを刺激するひとりエッチ

ペニスの先端である亀頭と、その周辺のみを刺激するひとりエッチスタイル。
スタンダードなやり方は、亀頭の周りや裏あたりを優しく、または強く指でなぞったり、亀頭の上、尿道部分を手の平で撫で回したりします。

手で刺激するだけではなく、グッズの刺激で亀頭ひとりエッチをする人もいます。

 

乳首を刺激するひとりエッチ

男性が自分で乳首や乳輪を刺激して、快感を高めるスタイルです。
基本は自分の指で乳首を撫でたり、摘まんだりしますが、ローションを使ったり、女性も使うような乳首の愛撫専用のグッズを使う人もいます。
殆どは同時にペニスも愛撫しますが、上級者になると乳首だけの刺激で射精にまで達する人もいるのだとか。

 

前立腺を刺激するひとりエッチ

前立腺は男性だけにある器官で、肛門の奥、膀胱の下にあり、尿道を取り囲んでいます。前立腺を刺激すると通常の射精よりも強い快楽度が得られます。
この前立腺を指やグッズ類で刺激するのがアナルオナニー、通称アナニー。
主に自分の指や前立腺を刺激する専用のグッズを使って肛門の奥にある前立腺を刺激します。

 

ローションを使ったひとりエッチ

自分のペニスや、性感帯の部分にローションを塗って、自分の手で愛撫(あいぶ)します。
ローションのヌルヌルとした感覚でペニスを刺激すると、いつもとまた違った快感を得ることができるそうです。

 

家庭用品&日用雑貨を使ったひとりエッチ

身近にあるものを使ってひとりエッチをするスタイル。
女性のひとりエッチにもあるように、電マ(ハンディ式電動マッサージ器)や低周波グッズでペニスや性感帯を刺激したり、抱き枕、サランラップ、軍手、女性のストッキングを使う人もいます。

 

オナクール

インターネットで広まった比較的新しいひとりエッチスタイル。
鼠径部(そけいぶ=大腿の付け根の内側にある下腹部の三角形状の部分)を冷やすことにより、快楽度が増幅されます。
やり方は、まず氷や保冷剤(タオルなどで包む)など冷やす材料を用意して、太腿の付け根付近を冷やします。十分冷やし終えたら氷を除いて、通常のひとりエッチを行います。
オナクールの原理は、氷で精管(精子を精巣から尿道に送る管)の上部を冷やすことで精液が冷えて、それが精管や尿道を通過することが刺激となって快楽を得るということらしいのですが、まだ医学的根拠はわかってないそうです。

 

オナホールを使ったひとりエッチ

オナホールとは男性用アダルトグッズのひとつで、ペニスを女性器へ挿入する快感を再現するための製品のこと。
手で刺激するより、女性の膣内に挿入した時に近い感覚が得られるので、愛用者も多いそうです。
使い捨てタイプでお洒落なデザインの「TENGA」は世界的にも有名。最近ではドラッグストアでも販売されています。
オナホールには、女性の性器の形をリアルに再現したものから、「TENGA」のようにアダルトグッズとは思えないスタイリッシュなデザインのものまで、たくさんの種類があります。

 

アダルトVRひとりエッチ

最近流行しているVR(バーチャル・リアリティ)を使ったひとりエッチスタイルです。
専用のヘッドセットを装着して、自分が性的に興奮できる2次元、3次元の仮想世界観を楽しみながらひとりエッチします。
VRを見ながら、オナホールを同時に使う人も多いそうです。


ちなみにドラックストアなどでは、「TENGA」の女性版「iroha」も一緒に陳列されていることが多いです。
はじめてドラッグストアでTENGAを見かけた時は驚きましたが、百貨店進出はさらに驚愕でした。

VRを使ってのひとりエッチスタイルはイマドキ感ありますね。でもあまりマニアックはひとりエッチをしている人は、女性とのセックスでは物足りなくなってしまう場合も多いそうです。
そういったことも含めて、最後に「間違ったスタイルのひとりエッチ」について解説していきましょう。

間違ったひとりエッチとは?
次のページへ