生理中も快適に!タンポンの使い方・メリット・注意点

The following two tabs change content below.
ヘルスケアチーム

ヘルスケアチーム

wellfy編集部公式のヘルスケアチームアカウントです。

月経は、女性にとって、基本的に毎月やってくるもの。
人によっては、生理痛などで、憂うつな気分になることもありますし、ナプキンによるかぶれ・かゆみで不愉快になることもあります…。
月経中はできるだけ快適に過ごしたいですよね。

「ナプキンよりタンポンが快適!」という話は聞くけれど、腟内に挿入するものなので、痛みや衛生面が気になる…という方も多いのではないでしょうか。

ということで今回は、タンポンのメリット&デメリット、気をつけたいことについてお伝えします。

監修:婦人科医 松村圭子

婦人科医、成城松村クリニック院長。元大妻女子大学非常勤講師。婦人科専門医として、月経トラブルから更年期障害まで、女性の一生をサポートする診療を行う。小さな悩みごとでも相談しやすく、姉御肌の頼れる女医として人気。『医者が教える女性のための最強の食事術』『「女性ホルモン力」を高める簡単ごはん』など著書や監修コンテンツも多数。

 

タンポンとは

タンポン(生理用タンポン)とは、腟内に挿入して使う生理用品のこと。脱脂綿もしくはレーヨンを円筒状や球状(経血を吸収します)にしたもので、先端には体外へ取り出すときに使う紐が付いています。

続いてはタンポンのメリットとデメリットを見てみましょう。

 

タンポンを使用するメリット&デメリット

メリット

・ナプキンかぶれしない
・ナプキンよりも長時間使用できる
・月経のにおいが気になりにくい
・活動しやすい
・小さいので携帯に便利
・洋服にひびかない
など

デメリット

・慣れるまでは挿入が難しい
・定位置まで挿入しないと違和感があったり痛い場合がある
・生理が終わりかける頃、出血量が少ないとタンポンが乾いたままで取り出しにくいこと
・取り出すときに手が汚れることがある
など

タンポンは腟内に挿入するので、「タンポンはなんとなく怖い」というイメージを持つ人が多いようです。
また実は昔、アメリカで雑菌に感染したタンポンから、感染症が集団発生したという事例があります。そのことから、タンポンに不衛生なイメージをお持ちの方もいるようです。

ですが、タンポンは正しく使えば月経中も快適に過ごせる生理用品。

続いては、タンポンを使用するときに気をつけたいポイントについてご紹介します。

 

タンポンを使用するときの注意点・よくあるQ&Aまとめ

タンポン を使用するときの注意点・よくあるQ&Aまとめ

入れっぱなし、入れ忘れに注意する

タンポンは、正しい使い方をしていれば、閉経まで使用しても身体に害を与えることはありませんが、入れっぱなしは身体に悪影響を及ぼすため、注意が必要です。

タンポンを長時間入れたままにしていると、経血が細菌の栄養源となり、入れたままのタンポンを介して細菌がどんどん繁殖して炎症を起こし、腟炎を起こすことも。
長時間同じタンポンを使い続けていると、「トキシックショック症候群」(TSS)という急性疾患を引き起こすことがあります。

また、タンポンを入れたことを忘れ、数日後に「悪臭のあるおりものが出る」との訴えで受診し、腟の奥から「悪臭を放つタンポン」が発見された例もあります。

ですから、タンポンを使用される場合は、8時間以内の使用時間を守り、一日に3回以上取り替えるようにし、くれぐれも抜き忘れには注意しましょう。

万が一、体調に異常を感じたときは、タンポンの使用を控え、早めに婦人科を受診してください。

 

取り出し用の紐を中にいれてしまわない

タンポンについている紐は取り出すときに引っ張るためのもの。腟内に入れてしまわないように注意しましょう。
万一、紐を中に入れてしまった場合には、シャワーかビデで濡らすと取り出しやすくなります。

 

タンポンを挿入するときに痛みはある?

正しい位置にきちんと挿入すれば、通常、痛みはありません。
痛みや違和感があるときは、まず取扱説明書で使い方を確認してみましょう。

 

タンポンが乾いて取り出しにくい…

生理が終わりかける頃、出血量が少ないとタンポンが乾いたままなので取り出しにくいことがあります。
もしそのような場合には、シャワーやビデでタンポンを濡らすと、取り出しやすくなります。

また、量が少ない日用、多い日用など種類がありますので、経血の量に合わせたタイプを使いましょう。

 

タンポンで処女膜は破れない?

処女膜とは、実際には腟の入口付近が粘膜のひだで狭くなっている部分のことをいいます。
実は、狭くなっているだけで、ふさがってはいません。初めから隙間がある、つまり「破れている」状態といえるので、「処女膜が破れる」という表現も本当はおかしいわけです。

タンポンは、この処女膜の隙間(開口部)に挿入して使用します。
タンポンくらいの大きさのものであれば、優しくそっと入れれば、出血することはありません。
ただし、この狭くなっている部分を無理やり広げると出血することがあります。
また、タンポンを使い続けていると、タンポンが入る程度に隙間が広がりますが、だからといって女性の体に悪い影響はないと言えます。

タンポンの種類
次のページへ