片思い中の女性は注意!やりがちな暴走気味の言動7選

The following two tabs change content below.
今来今

今来今

編集者を経て複数メディアにて、映画評・書評・ルポなどを連載中。

「好き!」という気持ちは、基本、とてもポジティブなものです。ですが、片思いの場合、相手について知りたい、もっと仲良くなりたい、付き合いたい…などの気持ちが加速して、暴走してしまうこともあります。暴走気味の言動をしてしまったら、彼に引かれてしまう危険性があります。

今回は、片思い中の女性がしがちな暴走気味の言動をご紹介しますので、反面教師としてご覧ください。

片思い中の女性がやりがちな暴走気味の言動1 偶然と見せかけて遭遇

片思い中に相手ともっと会いたい、ふたりで遊びたい、彼と話したい、彼の顔を見たい、と思うのは自然なことです。

ですが、だからといってストーカーまがいのことをしたら彼に引かれてしまいます。
彼の仕事先を突き止めて、近くをうろうろし、彼の仕事が終わることに偶然を装って会う…そんなことをしていませんか? 「偶然だね!」とあなたが言ったとしても、その偶然が続けば、相手はそれがただの偶然ではないことにすぐに気がつきます。

彼がすでにあなたのことを好きになっていれば問題ないですが、なんとも思っていない場合、「なんだか怖い」と思われてしまう危険性があります。

 

片思い中の女性がやりがちな暴走気味の言動2 無視されているのに連絡

「彼にLINEしたのに既読無視されている」。そんな状況が続いたら、あなたならどうしますか?

よし、もう一回LINEしてみよう! と思ってLINEを送ったりしていませんか? そんなことを続けていたら、未読無視されたり、LINEをブロックされたりする可能性すらでてきます。

無視されているなら、今はあなたと話したくないということ。追い討ちをかけても事態は悪化するだけです。

 

片思い中の女性がやりがちな暴走気味の言動3 ネットストーキング

片思い中の女性がやりがちな暴走気味の言動3 ネットストーキング

片思い中の女性は、相手の名前をググったり、ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどで検索しがちです。一回見るくらいなら問題はありませんが、日常化してしまうのは危険です。

彼と話しているときに、SNSにしか投稿していない話題をあなたが知っていることがバレたら、「え、もしかして俺のSNSを読み込んでいる?」と、惚れているのがバレバレになってしまいます。好意が伝わることは問題ありませんが、「好きすぎる」ことがバレてしまうことで得られるメリットはなにひとつありません。

 

片思い中の女性がやりがちな暴走気味の言動4 呼び出しに即対応

あなたの気持ちが彼に伝わっている場合、彼に夜中に呼び出しをされるなど、適当な扱いをされる可能性もあります。

「好きだから会いたい!」と彼からの深夜の呼び出しにノリノリで対応していませんか? 都合のいい誘いに乗りすぎると、「この女性とは、付き合う必要はないな。適当に相手をしておけばいいんだな」となめられてしまいます。

適当に扱われている、と感じたら、NO!ときっぱり告げ、今度は彼の都合のいいときではなく、自分の都合のいいときに彼を誘ってみましょう。

★参考記事

 

片思い中の女性がやりがちな暴走気味の言動5 求められていないのに家政婦になる

片思い中の女性のなかには、相手に尽くすことで彼の愛を勝ち得ようという無謀な作戦に出る人もいます。

ですが、相手に好意がない場合、いくら尽くしたところでで、「尽くしてくれる人」以上のポジションにはなれません。

彼の家を掃除する、料理を作ってあげる、など、頼まれてもいないのに家政婦のような行動をとると、「自分から好意を示しているわけではないのに、尽くしてくれる便利な人」のポジションに留まり続けることになります。

片思い中の女性がやりがちな暴走気味の言動6 重めのプレゼントを贈る
次のページへ