卵子の老化の原因は?卵子凍結はしたほうがいい?気になる卵子のこと

卵子の老化の原因は?卵子凍結はしたほうがいい?気になる卵子のこと

「卵子の老化」という言葉は女性にとって衝撃的なもの。35歳を過ぎると老化が加速するといわれています。加齢によるもののほか、生活習慣が原因で老化を加速させてしまうことも。また「卵子凍結」も注目されています。具体的にどんな流れなの?卵子凍結の費用は?気になる卵子のことを説明します。


「卵子老化」って聞いたことある?

近頃「卵子老化」という言葉を聞くこともあるかと思いますが、これには2つの意味があるそうです。

卵子の数が減る

ひとつは卵子の数が減ること。実は、女性は胎児として母親のお腹の中にいるときがいちばん多くの卵子を持っているのです。
その後どんどん数は減り、ピーク時に700万個ほどだった卵子が、閉経時には1000個以下になってしまうのです。

卵子の質が低下する

2つ目は、卵子の質が低下すること。
これは、妊娠しづらくなったり、妊娠しても流産してしまったりと、リスクが高くなってしまうことを意味するのだそうです。

卵子が老化する原因

加齢

卵子老化の一番の原因は加齢によるものです。
だいたい35歳くらいから老化が始まり、38歳ごろからさらに老化が加速していきます。
特に40代になると、1歳の差が大きくなり、41歳よりは42歳、42歳よりは43歳のほうが、自然に妊娠する確率は低下してしまいます。

酸化ストレス(活性酸素)

活性酸素とは呼吸によって取り込まれた酸素が体内で変化したものです。この活性酸素が体内で過剰に発生すると酸化ストレスの原因となります。
酸化ストレスはいわゆる体が「サビついた」状態。
卵子の老化だけでなく、ニキビやシミ、色素沈着、基礎代謝の低下、細胞の老化などを進ませる物質です。

卵子老化を遅らせるには「抗酸化生活」

「サビない身体」を作るには、不規則な生活や食事、ストレスや喫煙など「活性酸素」を発生させやすい状況をなるべく作らないように心掛けることが大切です。
普段の食生活では、抗酸化に期待できる食べ物を取り入れるとよいでしょう。

活性酸素を減らす栄養素と食べ物

活性酸素を少なくする食べ物を、栄養素別にご紹介します。

・ビタミンC-イチゴ、レモン、キウイ、アセロラ、ブロッコリー
体に貯蓄がきかないので、毎日摂ること
・ビタミンE-ごま、うなぎ、かぼちゃ、抹茶
ビタミンCと一緒に摂るとよい
・ビタミンA-トマト、人参、ほうれん草
油で炒めると効果アップ
・亜鉛-牡蠣、しじみ、いわし、レバー
煮汁にも亜鉛がたっぷり
・セレン-ほたて、はまぐり、小麦胚芽、牛乳
最近注目の抗酸化成分
・フラボノイド類-緑茶、ルイボスティー、トマト、ココア
ポリフェノールをたっぷり摂ろう

卵子凍結について知りたい

卵子の老化とあわせ近年注目されているのが、卵子の凍結保存です。
少しでも老化の進んでいない卵子を採取して凍結保存しておくことで、将来の妊娠に備えることができます。

一般的に、卵子の凍結保存は、未婚のがんの患者さんが、放射線治療や抗がん剤治療を受ける前に行われます。
卵巣の機能が保たれている年齢の女性の場合、これらの治療の後に、卵巣機能が著しく低下したり、消失して不妊になる可能性があることが知られています。
このような場合、治療前に卵子を採取して凍結保存しておくことによって、治療後に妊娠できる可能性を残しておくのです。

未婚の場合は自分の卵子を凍結保存しますが、既婚で相手がいる場合は、精子と卵子を受精させた受精卵を凍結保存することになります。

病気以外の理由でも卵子の凍結保存はできる?

病気理由でなくても不妊治療を専門としているクリニックでは卵子凍結が可能なところもあります。

卵子凍結の費用・治療の流れ

卵子凍結について、採卵から卵子凍結、保存まで一貫した施設と技術力を備える医療法人オーク会の『オーク銀座レディースクリニック』へお話を伺いました。

卵子凍結の流れ

この記事のライター

愛され上手になる 恋愛指南メディア wellfyの公式アカウントです。

関連するキーワード


妊娠

関連する投稿


彼が避妊してくれない…エッチの時、コンドームを着けてもらう、上手なお願いの仕方

彼が避妊してくれない…エッチの時、コンドームを着けてもらう、上手なお願いの仕方

避妊をちゃんとして欲しい女性たち、避妊に非協力的な男性たち。でも、パートナーの希望を優先して、避妊せずにしちゃっている女性は、意外と多いのではないでしょうか。そんな問題を解決するべく、避妊を面倒くさがる男性の本音をリサーチして、男性に避妊をちゃんとさせる方法をお伝えします。


AMHが低いと自然妊娠しづらい?

AMHが低いと自然妊娠しづらい?

年齢と大きく関連する妊娠。今回は、「妊娠を望み様々な努力をしているのに…」と悩み不安に思われている方からのご相談にお答えします。「不妊治療」「妊活」というワードもよく耳にするように、悩んでいる方はたくさんいらっしゃるようですので、一緒に見ていきましょう。


妊娠中の便秘を解消!生活&食事で予防するポイント3つ

妊娠中の便秘を解消!生活&食事で予防するポイント3つ

妊娠中は便秘になりやすい状態。これって赤ちゃんにはよくない影響がある?便秘薬で解消してもいいの?妊娠中の便秘のお悩みについて、気になる疑問にお答えします。


これって妊娠かも?妊娠初期症状の気づき方

これって妊娠かも?妊娠初期症状の気づき方

いつもとちょっと体調が違う・・・今まで気にならなかった匂いに急に敏感になったり、理由もなく胃がむかついたり・・・。しかも、生理が遅れているなら、それは“妊娠”かもしれません。*2017/5/23「初めての妊娠の方へ」以降を追記しました。


妊娠中のダイエットは必要?体重管理のための食事のコツ

妊娠中のダイエットは必要?体重管理のための食事のコツ

しょうがないと分かっていても女性ならどうしても気になってしまう妊娠中の体重増加。でも妊娠中のダイエットは危険…。そこで今回は、妊娠中の正しい体重管理を説明していきます。


最新の投稿


膣が狭いのは膣狭窄が原因?セックスで挿入時に性交痛があり、彼とギクシャク…

膣が狭いのは膣狭窄が原因?セックスで挿入時に性交痛があり、彼とギクシャク…

「彼のことは好きなのに、膣が狭いのか、性交時の挿入が痛くてつらい。膣が狭いのは病気…?“ゆるい”よりは“キツい”が良いと言うけれど、痛すぎる」。膣狭窄という病気があると知り、挿入時に痛みが出るほど膣が狭いのは、もしかして膣狭窄が原因なのではないかと心配している人もいるでしょう。ここでは、膣狭窄と膣の狭さ、性交痛の関係について解説します。


冬こそ鍋ダイエット! 痩せる理由とコツを教えます:レシピ付き【管理栄養士監修】

冬こそ鍋ダイエット! 痩せる理由とコツを教えます:レシピ付き【管理栄養士監修】

冬が近づいてくると恋しくなる鍋。鍋は心も体も温まりますよね。また具材を切るだけで準備でき、片付けも簡単などのメリットがあります。そしてダイエットに鍋が活用できることはご存知ですか?そこで今回は鍋を活用したダイエットとレシピをご紹介いたします。


夫と妻に10の質問!結婚相手との関係をどう感じてる?7割以上が“円満”と回答

夫と妻に10の質問!結婚相手との関係をどう感じてる?7割以上が“円満”と回答

11月22日は「いい夫婦の日」。3組に1組が離婚するこの時代ですが、これからの長い人生において「現在のパートナーと一生を添い遂げたい」と願う既婚者も多いはず。40代から定年前の59歳までの既婚男女は「結婚相手との関係」をどのように感じているのか?美容外科「東京イセアクリニック」が実施したアンケートで、夫婦のホンネを見ていきましょう。


恋愛の優先順位が低い彼氏…男性の優先順位と向き合うための5つの方法

恋愛の優先順位が低い彼氏…男性の優先順位と向き合うための5つの方法

「彼とデートの約束をしていたのに、仕事が入ってドタキャンされた」「友達とは会うのに、私との時間はなかなか作ってくれない」あなたはこんな経験したことないですか?「私って彼に愛されてないの?」と思ってしまいがちですが、彼女を後回しにすることって、実は男性あるあるみたい。今回は、そんな恋愛の優先順位が低い彼氏と向き合うための方法をご紹介します。


大人の恋愛を成就させるために「捨てた方がいい5つの思い込み」

大人の恋愛を成就させるために「捨てた方がいい5つの思い込み」

「両思いになりたい」と考えたとき、「デートに誘って引かれたら怖い」「私の方が年上だから恋愛対象外かも」と及び腰になってしまった経験がある女性は多いでしょう。ですが、「女性からアプローチしたら男性は引く」「男性は年下の女性が好き」というのは単なる思い込みかもしれません。恋愛を邪魔しているかもしれない「間違った思い込み」を捨て、もっと自由に恋愛を楽しみましょう!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング