年下彼氏との上手な付き合い方と長続きするコツ♡結婚する方法も大公開!

The following two tabs change content below.
しまこ姉さん

しまこ姉さん

ダメ男彼氏・妊娠・中絶・浮気・不倫・夜の仕事・お見合いなど様々な経験を経て、 愛される女になる方法・恋愛が上手くいく方法を追究♪ あなたの「どうすればいい?」にお役に立てますように☆

今まで年上や同い年の彼氏しかいなかった女性は、年下彼氏との付き合い方に戸惑いますよね。

リードしないとダメ?
甘えてもいいの?
デート代は出してもらう?おごり?
など、悩みがいっぱい!
せっかくかわいい年下の彼氏ができたんだから、長続きする付き合い方を知りたいですよね。

この記事では年下彼氏との上手な付き合い方や、結婚する方法などをご紹介します♪

意外と多い!年下彼氏がいた経験がある女性

年下彼氏との付き合い方に悩んだことがある女性は、意外と多いのです。
今まで同年代や年上男性と付き合ってきた女性は、男性にリードしてもらいがち。

そして初めて年下彼氏ができると、付き合い方に戸惑いますよね。

年下彼氏と長続きできるように、上手な付き合い方を知っておきましょう。

次の章から、年下彼氏との上手な付き合い方を解説いきますよー!

 

まだ付き合う前の人はこちらの記事をご参考に↓

 

年下彼氏との付き合い方♡長続きするコツ

大人の女性ならではの魅力を大切に

大人の女性ならではの魅力を大切に

年下彼氏と長続きする付き合い方をしたいなら、大人の魅力を保ち続けること。
なぜかというと年下彼氏は、あなたに「大人の女性」に魅力を感じているからです。

なので彼に合わせようと、無理な若作りはする必要はありませんよ。

大人の女性の魅力というと具体的には…
・落ち着いている
・ミステリアス
・セクシー
・包容力
です!

外見も内面も、大人の女性の魅力を維持できるように、普段から努力したいですね。

 

ファッション・メイクは年相応に、女性らしく

上記の年下彼氏との付き合い方のポイントで「若作りは必要なし」と紹介しました。
ファッション・メイクにおいても無理しなくていいんです。

今の年齢に合った服装・メイクをしましょう。

だからといって「もうおばさんだし」と女を捨てるのはダメですよ。

女性らしさは意識して常に保って。

 

マナーを守って周囲に気遣いを

年下彼氏との上手い付き合い方の一つに、「マナーが守れること」も含まれます。

「大人の女性=常識があり、マナーをきちんと守る女性」というイメージを持つ男性が多いからです。
人として最低限のことは身につけておきましょう。

年上女性と付き合ってみると、年上なのにマナーが全然ダメだった…これでは年下彼氏に幻滅されてしまいますよ。

マナーを守れば、自然と周囲に気遣いができる女性にもなれます。
また、年下彼氏がマナー違反なことをしていたら、叱ってあげるも愛ですよ。

 

内面が安定している、包容力がある

小さいことに動じず、騒がない。むしろ包容力があって、一緒にいるだけでホッとする…。
年下の彼氏は年上女性に安定や癒しを求めている場合が多いです。

女性側の性格にもよりますが、情緒が不安定になりがちな女性は自分を癒せるように工夫しましょう。
イライラ、クヨクヨしたら目をつむって深呼吸。

どうしてもだめな時は年下彼氏に甘えて、弱さをギャップとして利用してみるのも◎。

 

彼を立てて、リードはこっそりと

先ほどもお話しましたが、「年下彼氏と上手な付き合い方をするには、年上である自分がリードするべき?」と悩む女性は多いです。

「年上に甘えていたい」と思う男性はいますが、それでも男としてのプライドは年齢関係なく持っています。

年下扱いしたいところをグッとこらえて、彼を立ててあげること。
これも円満な関係を築くポイントです。

頼りない彼を立てるように見せかけて、こっそり裏でリードする方法もありますよ。

 

2人きりの時に思いっきり甘やかす

外にいる時や、他人の前で子ども扱いするような付き合い方は当然NG!
年下彼氏のプライドを傷つけてしまいます。

でも、2人きりでいる時は思いっきり甘やかしてあげて♡

年下扱いは嫌いでも、年上彼女に甘えたいという気持ちもあるんです。

男性はプライドが高くて、デリケートでマザコンな生き物ですからね。

こちらの記事もどうぞ↓

 

褒められたい欲求を満たす

年下彼氏を褒めてあげることも、上手な付き合い方のひとつです。

男性は承認欲求(人から認められたい欲求)が強い傾向があります。

例えば

・仕事を頑張っているところ
・力持ちなところ
・容姿

など、年下彼氏が褒めて欲しいポイントを探して褒めてあげましょう。
認めてもらうことで人は満たされた気持ちになります。
彼からの愛情度アップにつながりますよ!

 

年齢差を感じさせず、同じ目線で

5歳差くらいまでは、さほど世代の違いは感じません。しかし、それ以上になると考え方などに違いが出てくることもあります。

ダメなことは制してあげることも大切ですが、時に同じ目線に立つことも年下彼氏との上手い付き合い方です。

「うわ、ジェネレーションギャップを感じるな~」と思っても、軽く流すようにしましょう。

 

「年上だから」「年下だから」は言わない

年下彼氏との上手な付き合い方と長続きするコツ♡結婚する方法も大公開!

年下彼氏と長続きする付き合い方として、自分が年上だからといって卑屈にならないことも大切です。

「わたし年上だし、○○くん恥ずかしいんじゃない?」なんて言っちゃダメですよ。
年下彼氏が付き合いづらくなるだけです。

年齢に関係なく、あなたのことを好きになってくれたわけですからね。堂々とお付き合いしましょう。

 

彼氏を束縛せず、余裕を持つ

年下彼氏は年上女性に、精神的な余裕や包容力を求めています。
彼氏の行動を束縛せず、余裕を持って付き合いましょう。

 

年下彼氏の懐事情に合わせる

年下彼氏の懐事情に合わせた付き合い方も大切です。
あなたと同年代の男性や年上の男性と比べると、年下彼氏は収入が少ないことがありますよね。
あまり高価なプレゼントをあげたり、毎回高いレストランに行くことは控えましょう(記念日は別として)。
男のプライドを傷つけることになります。

 

時々ギャップを見せてドキッとさせる

時々あなたのギャップを見せることも、年下彼氏との上手な付き合い方です。

・普段しっかりしている→2人きりの時は甘えん坊
・大胆で男勝りなところがある→器用で料理上手

など、時々ギャップを見せて年下彼氏を喜ばせちゃいましょう。

 

たまに「弱い面」を見せて、年下彼氏を頼る

たまに弱い面を見せて、年下彼氏を頼ることも長続きしやすい付き合い方です。

年齢に関わらず、男性は好きな女性から頼られると嬉しくなります。
「俺がいなくても一人でも生きていける」と思われるより、「俺が守ってあげたい」と思わせることが良い関係を築いていけますよ。

★参考記事

 

「甘えさせる」と「甘える」をバランスよく

年下彼氏だからといっても、甘えさせるばかりでなくてもOK。
年下男性は年上女性に甘えたい願望があります。しかし、「年上女性に甘えられるのも嬉しい」と思う男性も多いのです。

「甘えさせる」「甘える」のバランスをとるのが、年下彼氏との上手い付き合い方と言えます。
ラブラブなカップルは、意識しなくても自然とバランスがとれてきますけどね♡

 

愛情表現を欠かさない

年下彼氏への愛情表現を欠かさないのも、長続きする付き合い方のポイント。

年下彼氏は、年上の男性と自分を比べて負い目を感じてしまうことがあります。
経済的、社会的地位的や精神面を比べて「年上彼女は他の年上男性に惹かれたりしないだろうか…」と不安を感じてしまいます。

年下彼氏を不安にさせないために、愛情表現を欠かさないようにしましょう。
また、いつも同じだと飽きてしまうので表現の仕方を変える工夫も忘れずに。

 

カップルの営みでは受け身も攻めも

年下彼氏との営みでは、受け身も攻めもすること。これも長続きする付き合い方です。
受け身だけ、攻めだけ…これでは年下彼氏にとってつまらない行為になってしまいます。

また、裸で部屋をうろつかないなど、営み前後の恥じらいも忘れずに。

 

素直に話し合える仲になる

年下彼氏と上手い付き合い方は、お互い素直に話し合える仲になることでもあります。

「年上だから我慢しないと」と意地を張る必要はありませんよ。
年上・年下関係なく素直になることで、ストレスなく長続きしやすくなります。

 

尊重し合う

年齢に関係なく尊重し合うことも、年下彼氏と上手い付き合い方のポイントです。

付き合い始めてお互いが慣れてくると、無意識でも「自分のもの」と捉えてしまいがち。
交際中も一人の人間として尊重することは、長続きさせる上で大切です。

 

結婚を急かさず、気長に

年上女性は結婚に対してタイムリミットを感じると、年下彼氏を急かしてしまいがち。
焦ると彼は引いてしまいます。

年下彼氏にとっては、結婚に踏み込めない事情(収入が少ない、自由でいたい)があることも。
急かして結婚しても上手くいかない場合もあります。

焦りを見せず、年下彼氏が「結婚したい」と思うタイミングまで温かく見守りましょう。

↓それでも早く結婚したいという方はこちらの記事へ

 

時に母親になる

幼くて頼りない面がある年下彼氏との上手な付き合い方として、時に母親になるのもおすすめですよ。
年下男性が年上女性に求めることの中には、頼もしさや母性が挙げられます。

甘えん坊になったり頼りないところが出てきたら、「かわいいな」と思って母親のように接してみましょう。

ただ、あまり世話を焼きすぎるとダメ男になる男性もいるので要注意ですよ。

 

彼のかわいいところを見出す

年上・年下に関わらず、彼氏にはかっこいいところを期待してしまいますよね。
期待する分、「頼りないところや情けないところを見ると冷めちゃった…」という女性は結構多いんです。

年下彼氏はあなたよりも人生経験が少ない分、頼りなく見えることが少なくありません。

冷めてしまう前に年下彼氏のかわいいところを見出しましょう。
ドジしても「かわいい」と思えるようにすることも、年下彼氏と上手な付き合い方になりますよ。

 

年下彼氏との付き合い方|年下の彼氏に関する悩みQ&A

年下彼氏との付き合い方|年下の彼氏に関する悩みQ&A

年下彼氏との付き合い方で、同年代や年上彼氏とはまた違った悩みが出てきますよね。
「こんな時どうしよう?」にお答えします!

 

Q1.デート代はどちらが支払う?割り勘?

A.「年上だから支払わないと」と思ってしまいますよね。
でも、年下彼氏が支払おうとしたら彼に支払ってもらいましょう。
男としてかっこつけたいと思う男性もいるからです。

ただし、男性側が支払うのが当たり前になるのは×。
ちゃんとお礼を言うこと。これは大事なことです!

また、支払いが彼ばかりで心苦しい時は、2軒目やカフェなどはあなたが支払うのもいいでしょう。

 

Q2.デートはどこに行けばいいの?

A.年下彼氏で年の差があると、デートする場所に迷いますよね。

いい雰囲気のレストランやバーもいいですが、彼が緊張して会話が弾まない…なんてことも。

2人で楽しめるデートを考えましょう。テーマパーク、映画、カフェ、居酒屋、カラオケ、おうちデート…。楽しめることはたくさんありますよ。
年上だからあなたが全てリードしようとせず、彼と一緒にプランニングするのもありです。

こちらの記事も参考に↓

 

Q3.年下彼氏が悩んでいる時はどうしたらいい?

A. 年下彼氏が悩んだり、落ち込んだりした時は年上としてアドバイスしてあげたくなりますよね。

でも上から目線になるのはNGですよ。
年上彼女だからこそ、彼に寄りそって話を聞いてあげること。
求められたら、優しくアドバイスをしましょう。

Q4.自分と若い子を比べてしまう…
次のページへ