ご伝授!「倦怠期」の乗り越え方|原因・訪れる時期・チェック・対処法

The following two tabs change content below.
クチン

クチン

80年代に憧れ、90年代を引きずっているライター。将来は可愛いおばあちゃんになりたい! 「クチン」はインドネシア・マレー語で「猫」という意味です。

倦怠期が訪れる3ステップとその先

心理学的にみると、人が出会ってから倦怠期が訪れるまでには、3つのステップがあるとされています。では、どのようなステップで、倦怠期が訪れるのか見ていきましょう。

 

STEP1:ロマンス期

付き合う前や付き合いたての頃です。
PEAが大量に分泌され、相手の良いところばかりが見える時期。幸せいっぱいのラブラブ時期です。

 

STEP2:パワーストラグル期

倦怠期の前段階~倦怠期初期といえます。
PEAが減少し、相手に依存することによって幸福感を味わっていたロマンス期は過ぎ去り、自立するために、自分の意見を主張するようになります。
そのことで、ケンカが増えたり、相手の気に入らない部分が目についたりして、イライラしはじめます。

 

STEP:3デッドゾーン期

イライラもケンカも通り越して、相手への期待感もなくなる、冷え切った関係といえます。倦怠期の真っ只中といえます。

 

3ステップの後にやってくる相互依存期

パワーストラグル期とデッドゾーン期を乗り切ると、相互依存期がやってきます。
これは、ロマンス期よりはるかにラブラブなモードに入れる時期のようなものですが、この時期を体験しないまま別れてしまうカップルや、ずっとパワーストラグル期とデッドゾーン期を繰り返して終わるカップルもいます。


多くのカップルに訪れる倦怠期。

でも、せっかく大切な人と一緒にいるのに、倦怠期のせいで別れるなんて悲しいですよね。
では、この倦怠期を乗り越えるには、どうしたらいいのでしょうか?その方法をいくつかご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

 

長続きしよう!倦怠期の乗り越え方

長続きしよう!倦怠期の乗り越え方

相手を見直す

ますは相手を見直してみましょう。相手の良いところ、どこを好きになったかをもう一度見直してみるのです。紙に相手の好きなところ、良いところを書き出してみるのもおすすめです。

一緒にいる年月が長いほど、相手の良いところは見えなくなりがち。相手の長所を見直して再認識することで、相手へのイライラも少しはリセットされるはずです。

 

自分自身を振り返る

相手に対して不満がある時は、自分も相手をイライラさせてしまっていないか、心当たりがある場合はどうしたらその不満を解消させることができるのか、考えてみるようにしましょう。

相手を責めるだけではなく、自分も悪いところがないか、見つめなおす時間も必要です。
ただ、自分を責めてばかりだとネガティブ思考に陥りやすいので、自分の直すべきポイントを見つけたら、良いところも合わせて見つけてあげてくださいね。

 

一緒にいる時間を減らしてみる

倦怠期は一緒にいることが当たり前になって刺激がなくなることが原因で訪れることが多いですから、一緒にいる時間を減らしてみるのも改善策のひとつです。
それとなくデートの頻度を減らしてみるのも良いですし、同棲している場合は、理由を作って、一時的に実家に戻ってみるのも良いです。
離れて過ごしてみると、お互いの大切さに気がつきますよ。

 

今までしたことのないような新鮮なデートをする

先ほどもお話しましたが、デートがマンネリ化すると倦怠期が訪れやすくなります。いつも近場やおうちデートというカップルは、今まで行ったことがないところに行ってみましょう。旅行をするのも良いですね。
新鮮な景色や経験が二人に刺激を与えてくれ、倦怠期が改善されることがあります。ぜひ試してみて。

 

見た目を変えて脳に刺激を与える

例えば、長かった髪をバッサリ切ってみる、ナチュラルメイクだったのを濃い目に変えてみる、ジーンズスタイルが多かったのを、スカートスタイルに変えてみるなど、自分にも、相手にも分かる見た目の変化をつけて、脳に刺激を与えてみましょう。
男性は特に視覚的刺激に弱い存在。イメージを変えることで、彼氏を再びドキドキさせることができます。

 

共通の楽しみをもつ

2人で同じ趣味や楽しみをもつことは、倦怠期を乗り越えるのに効果的。スポーツ、旅行、登山など、なんでもOK。

できれば、ひとつの目標に向けて、一緒に頑張れる何かであればより良いでしょう。例えば、登山であれば、頂上を目指す目標は一緒ですし、旅行でも、「今年は3か国めぐるのを目標にしよう」など、共通の目標に向かって日々頑張るというのも良いです。

一緒に楽しんだり頑張ることで、絆が強まること間違いなし。

 

素直な気持ちを言葉で伝えてみよう

付き合いはじめは、言えていた「好き」や「愛してる」の言葉も、倦怠期突入カップルにとっては、伝えるのが恥ずかしかったり、ケンカ中でいいたくない言葉だったりすることも。
中には「ありがとう」の言葉さえも、言いづらくなっているカップルもいるかもしれません。

もしも、あなたが恥ずかしいな、言いにくいなと感じている場合は、間違いなく、彼も同じように思っていることでしょう。

そんなときは、あなたの方から「好き」や、感謝の気持ちを言葉にして言ってみてください。
言葉で難しい場合は、LINEで伝えるだけでも構いません。
要は、あなたの素直な気持ちが相手に伝わればいいんです。あなたの素直な気持ちを聞くことによって、彼もあなたが大切な存在であることを、再認識してくれることでしょう。

 

ゆっくり会話をする

倦怠期には会話が極端に減っている場合が多いです。そこで、カップルでゆっくり会話をする時間を設けることをおすすめします。
ちょっと恥ずかしいな…という場合は、お酒の力を借りるのもありです。

倦怠期に突入していると、そこには「このまま終わりか」「相手は自分にもう気持ちがないのかな」といった不安が生まれます。

普段は言えないような本音をゆっくり穏やかに聞き出したり、言ったりしてみましょう。不安が和らぎ、二人の気持ちを再確認できると思います。

ただし、喧嘩口調は関係悪化につながるので絶対NGです!


今、倦怠期という方は、どれでも良いので、ぜひ取り入れてみてください。

続いては逆に、カップル仲を悪化させてしまう、倦怠期にやってはいけない行為についてお話します。

 

やっちゃダメ。倦怠期のNG行動

ご伝授!「倦怠期」の乗り越え方|訪れる時期・チェック・対処法

波風を立てる

わざと相手が傷つく言葉を発したり、相手が嫌だと思っていることを発言したりして、波風を立てるのはやめましょう。

どんなにイライラしていても、基本的に自分が言われて傷つく言葉は発言しない、あえてケンカになるようなことはしないように気をつけて。

 

浮気を疑う

自分はそうでないのに、彼氏だけ倦怠期に突入してしまったときにやりがちなNG行動が浮気を疑うことです。

もう自分に気持ちがないのか、他に好きな人ができたのではないか、という不安があるかもしれません。しかし、彼氏の気持ちが落ち着いているだけで、浮気をしているとは限りません。

浮気をしていないのに、疑われてしまうと、彼氏が嫌気をさすかもしれません。さり気なく少し証拠を探るくらいなら問題ありませんが、証拠もないのに疑って問い詰めるのはやめておきましょう。

 

なんでもかんでも手抜き…

付き合いはじめは、しっかりやっていた、メイク、ヘア、料理など。
でも最近では、ファッションも適当、料理も手抜き料理や外食ばかりで、ムダ毛処理も怠けています…なんていうことはありませんか?

全て常に完璧にこなすのは無理ですが、カップル仲を良好に保つために女性らしさは意識したいものです。

 

距離を置きすぎる

この時期に距離を置きすぎてしまうと、本当にこのままお別れというパターンもあります。適度な距離であれば問題ありませんが、置きすぎによる自然消滅にならないように、注意が必要です。

 

他の異性と遊ぶ

たとえ友達でも、異性とふたりきりで遊びに行くことは避けた方がいいです。
倦怠期は、ただでさえ、相手にイラついたり、不信感をもってしまったり、嫌なところが目につきやすいもの。

そんな時に相手の信頼を失うような行動をとると、「じゃあ俺も遊んじゃおう」「あいつの軽いところが嫌だな」と思われてしまうかもしれません。

 

無理やり距離を縮めようとする

倦怠期に入った人のなかには、早くラブラブな状態に戻りたくて、いろいろ積極的に対策をとる人もいるでしょう。対策を講じるのは良いことですが、相手の状態を考えずに無理やり距離を縮めようとするのはNG。

例えば、「最近、どうしたの?」「好きじゃなくなったの?」などと詰め寄ったり、過剰に尽くしたりなどはやめておきましょう。

恋愛はふたりでするもので、倦怠期もふたりで抜け出すものです。相手のペースを考慮して。

 

倦怠期を乗り越えて、長続きするカップルに

できることであれば、好きな人とケンカなんかしたくないし、小さなことでイライラもしたくないですよね。倦怠期なんてなくていいから、ずっと仲良く楽しく過ごせたらどんなにいいか、と思うかもしれません。

ですが、倦怠期はお互いのことを見つめ直す、いいきっかけにもなります。お互いの変化やカップル仲の成熟を受け入れ、話し合いながら、上手に倦怠期を乗り越えてみてくださいね。

倦怠期の壁をふたりで乗り越えることによって、きっと、さらに強い絆で結ばれたふたりになるはずですよ。