さよなら黒タイツ!“春むくみ”撃退レシピ【管理栄養士監修】

The following two tabs change content below.

徐々に気候も暖かくなり、薄着になっていくと気になるのが二の腕や足、そして顔までも…。
なんだか全体的にむくんでしまっていると感じる方も、多いのではないでしょうか?

実は、春先は「春むくみ」によって体型が変わりやすいともいわれています。
ダイエットの前に「春むくみ」を撃退して、スリムな第一印象を目指しましょう!!

アドバイザー&レシピ提供:管理栄養士 岡田明子

岡田先生

13kgの減量に成功した経験と管理栄養士の資格を活かし【食べてキレイにやせる】ダイエットメソッドを確立。
ダイエットや健康関連の事業を行っている。
書籍やWEB媒体でのレシピ・栄養監修、コラム執筆、セミナー開催など幅広く活躍中。
著書に「朝だから効く!ダイエットジュース」「美腸ダイエットジュース」(池田書店)などがある。

https://okada-akiko.com/

 

春むくみとは?

そもそも「むくみ」とは、体に余分な水分がたまった状態をいいます。
ではなぜ春におこりやすいかというと、次の2つの理由があげられます。

 

気候の変化

春先は寒い日と暖かい日が繰り返され、気候の変化が激しい時期です。
日ごとの気温差が激しいだけではなく、1日における昼、夜の気温の変化も大きいのです。1日で15度の気温差が生じることもあります。
昼間は暖かく薄着で出かけても、夜は寒くなると血流が滞り「むくみ」が生じやすくなります。

 

筋力の低下

冬は寒くて動くことが面倒になり、運動不足や活動量も低下します。
そのため春先は筋力が低下傾向にあります。筋肉は血管やリンパ管を収縮させ、循環させるポンプの役割もしているので、筋力が低下すると血液循環が悪くなり「むくみ」やすくなります。

そのため、春むくみを予防するには、次の対策を行うと良いでしょう。

●外出時には羽織れるストールなどを持参し、気温差に備える
●普段の生活で階段を使うなど、軽い運動をして活動量を増やす

 

むくみは食べて解消を♪

むくみは食べて解消を♪

そして既にたまってしまったむくみを解消するのも、春が効果的!
春は、冬にたまった老廃物を排出するように体が働く時期でもあります。
体のリズム的にも、むくみ解消をするにはおすすめの時期といえるのですね。

先ほどの春むくみ対策に加えて、食事でのアプローチを行えばより効果的。
むくみ解消には、次の栄養素がオススメです。

 

カリウム

カリウムには利尿作用があり、体内の水分を排出するはたらきがあります。
ひじきや切干大根、果物、大豆などに多く含まれています。

 

ビタミンB1

水分代謝をつかさどる「腎臓」は、疲労の影響で機能が低下します。
そのため「腎臓」を活発にすることが「むくみ解消」につながります。
その疲労回復に役立つのがビタミンB1! 豚肉、大豆、大豆製品などに多く含まれています。

 

タンパク質とビタミンB6

タンパク質は筋肉を作る材料となります。またこの筋肉の合成に欠かせないのがビタミンB6です。
タンパク質とビタミンB6両方を含んでいる食材は、牛もも肉、鶏ささみ肉、カツオ、マグロ、レバーなどです。

 

ビタミンE

血行促進に役立つのがビタミンEです。
血液の流れがスムーズになることで冷えを改善し、むくみ解消にもつながります。
アボカド、ナッツ、かぼちゃなどに多く含まれています。


それでは先ほどのむくみ解消食材を使った、「春むくみ撃退レシピ」をご紹介します。
今回は主菜&副菜の2品をご紹介するので、このまま食卓メニューにどうぞ♪

 

春むくみ撃退レシピ:鶏ササミと野菜のトマト煮【主菜】

春むくみ撃退レシピ:鶏ササミと野菜のトマト煮【主菜】
1人分 290kcal

 

【材料】2人分

●鶏ササミ肉…2本
●塩、こしょう…各少々
●かぼちゃ…100g
●玉ねぎ…1/2個
●インゲン…8本
●大豆(ドライ缶詰)…100g
●トマト…2個
●オリーブオイル…大さじ1
●塩…適宜

 

【作り方】

(1)鶏ササミ肉は一口大に切り塩、こしょうをしておく。

(2)かぼちゃ、玉ねぎ、トマトは1cm角、インゲンは1cm幅に切る。

(3)鍋にオリーブオイルを熱し鶏ササミ肉を入れ炒める。鶏ササミ肉が白っぽくなったら(2)と塩を加え、フタをして中火で15分時々かき混ぜてトマトを潰しながら煮る。

(4)15分たったらフタを開け強火で5分煮て水分を飛ばしたらでき上がり。

★そのままでもおかずになりますが、写真のようにご飯にかけて丼ぶり風にしてもおいしい1品です。

 

春むくみ撃退レシピ:ひじきと切干大根のナッツサラダ(副菜)

春むくみ撃退レシピ:ひじきと切干大根のナッツサラダ(副菜)
1人分 126kcal

 

【材料】2人分

●ひじき(乾燥)…10g
●切干大根(乾燥)…10g
●黄パプリカ…1/4個
●サニーレタス…2枚
●しょうゆ…小さじ1
●みりん…小さじ1
●ナッツ(アーモンドやくるみなど)…10g
●ゴマ油…大さじ1
●レモン汁…1/2個分
●塩、粗挽き黒こしょう…各少々

 

【作り方】

(1)ひじきと切干大根は水に戻し、水気を切っておく。

(2)ボウルにレモン汁と塩、粗挽き黒こしょう、手で食べやすい大きさにちぎったサニーレタスと1cm角に切った黄パプリカを入れ、よく混ぜ合わせておく。

(3)鍋にゴマ油と粗く刻んだナッツを入れ、火にかけたら(1)を加えて炒める。

(4) (3)にしょうゆとみりんを加え水分が飛ぶまで炒めたら、(2)のボウルに入れよく和え器に盛る。


塩分のとり過ぎは「むくみ」につながるので、2品とも調味料はシンプルにして食材の味を生かしたレシピです。

むくみ解消につながる食材を意識すれば、「あれ?やせた?」と周りに言われるかも!
黒タイツを脱ぎ捨て、スッキリボディで春を迎えてくださいね。