アーユルヴェーダの本場、インドのケララでのパンチャカルマ体験レポート【前編】

The following two tabs change content below.
五味佐和子

五味佐和子

臨床心理士。カウンセリングルームHelix Centre 代表。https://helix-centre.com 心療内科、精神科での長年の臨床経験を経て、企業でのEAP(従業員支援プログラム)と教育研修(ストレスマネジメント、コミュニケーション等)の企画と実施、NPOでの就労支援など様々な場面で臨床経験を積んできました。

こんにちは。わたしは、東京三鷹でカウンセリングやヨガなどを提供するホリスティックヘルスカウンセリングルーム「Helix Centre(ヘリックスセンター)」を主催しています。

この度、南インドのケララでアーユルヴェーダの治療を体験する機会がありましたので、その中身と体験を皆様にご紹介したいと思います。

前編の今回は、アーユルヴェーダとの出会いや、パンチャカルマに関する基礎知識についてお話します。

カラダの状態とココロは密接な関係がある

私はカウンセラーをしていますが、心理の世界では一般的にカラダが私たちのココロに与える影響が軽視されがちだと感じています。

けれど、個人的にはカラダの状態とココロは密接な関係があり、お互いに強く影響し合っていると感じています。

ですから、カラダが元気に健康であるためには、ココロの元気と健康が重要ですし、逆にココロが元気で健康であるためには、カラダの元気と健康がとても重要だと思います。

私のカウンセリングのベースとなっている「サイコシンセシス」の人間観はとてもホリスティックで、カラダが私たちのココロやスピリットに与える影響を重要視します。

 

アーユルヴェーダとの出会い

以前、ホリスティック医療の集まりで出会ったインドの女性がいました。その方は、ご自分が少し前にうつ病になられたこと、そしてその治療のために息子さんがアーユルヴェーダの治療センターに連れて行ってくれたことを話してくれました。

彼女は、たくさんのオイルマッサージを受け、裸足で芝生の上を歩き、美味しくてヘルシーな食事をとり、五感を刺激するような様々なプログラムを行ったこと。家族の温かいサポートもあり、少しずつ回復して行ったことを嬉しそうに語ってくれました。
また、アーユルヴェーダでは、身体と精神と魂、この3つが健康で初めて健康だと言えると考えるのだとも。

それを聴き、ものすごく羨ましく感じたのを覚えています。自分が治療を受けるなら、絶対にそれがいい!とも思いました。

長年、日本や英国などのクリニックやカウンセリングルームの治療現場で働くなかで、ココロやカラダの病気にかかり、お薬を飲み休養するだけの治療で、苦しみ続けているたくさんの患者さんたちと出会いましたが、身体と心と魂を本当の意味で統合したホリスティックな治療を受けておられる方は、とても稀です。

何かもっと他にできることは無いのだろうかと思い悩んでいた時に出会ったアーユルヴェーダから、本当のホリスティックな治療として強い印象を受けました。

それ以来、アーユルヴェーダは私にとって理想的なホリスティックな伝統医療として憧れのような気持ちがあり、機会があればワークショップなどに参加してきました。

また、自分でもヨガを練習し教えてもいますが、ヨガとアーユルヴェーダも親和性の高いものです。

 

アーユルヴェーダの治療を受けた目的

今回、私がアーユルヴェーダの治療を受けた目的は、「パンチャカルマ」を受けることでした。

日本でもアーユルヴェーダという言葉は浸透していますので、アーユルヴェーダという言葉を聴いたことがある方は多いと思いますが、「パンチャカルマ」は初めて耳にする方もいらっしゃるのではないでしょうか。

アーユルヴェーダというと、カラダのオイルマッサージや、頭にオイルを垂らすシロダーラという施術をイメージする方もいるかと思いますが、これらはパンチャカルマのほんの一部です。

後ほど詳しく説明しますが、ものすごく簡単にいえば、パンチャカルマとはデトックス(毒出し)のプログラムです。

2〜3週間かけて体内に溜まった毒素を、カラダの外に出すことが目的と言えます。なぜなら、この体内に溜まった毒素こそが体調不良の原因と考えられているからです。

 

なぜインドのケララか?

アーユルヴェーダといえば、インドやスリランカが有名ですが、インドのケララは、他の場所とどう違うのでしょうか。

実は、日本ではあまり知られておらず直行便もないケララですが、アーユルヴェーダ治療が大きな広がりをみせ、治療を受けるのに最適な場所と言われているのです。

そこには地形の特徴が関係しています。ケララ州は南インドの西海岸にある細長い州ですが、その東には高いもので標高3000メートルにもなる山脈があり、その一帯はハーブやスパイスなどのプランテーションが盛んで、そこから運ばれる新鮮な薬草をふんだんに治療に使うことができます。

また、カシューナッツやココナッツ、バナナやお米、生姜や胡椒、多くの野菜の栽培も盛んに行われ、医食同源と考えるアーユルヴェーダで重要視される、栄養価の高い新鮮な食材もふんだんにあります。

そんな訳で、ケララ州には、アーユルヴェーダ病院で受ける本格的な治療から、リゾートタイプのホテルで受ける癒し感覚のトリートメントまで、幅広いタイプのアーユルヴェーダ施設があり、要望に応じて様々な体験が出来ます。

私が今回滞在したのは1938年から8世代に続く伝統を持つ家族経営の、アットホームなアーユルヴェーダ治療施設「Madukkakuzhy Ayurveda」です。

Madukkakuzhy Ayurveda

病院のような堅苦しさは嫌だけれど、リゾート施設よりも、より本格的な治療を受けたいという方にはピッタリです。

リゾートのようなMadukkakuzhy Ayurveda

リゾートのようなMadukkakuzhy Ayurveda

またインドの6月〜9月は雨期となり、観光的な観点ではオフシーズンとなるのですが、このモンスーンの時期がアーユルヴェーダの治療には最高の時期となります。高い湿度で開いた毛穴から、薬草オイルが体内に吸収されやすくなるらしいのです。

今回私は、友人が、この施設でパンチャカルマとヨガを組み合わせたリトリートプログラムをモンスーンの時期に開催することになり、誘ってもらっての参加だったのですが、友人はこの施設でパンチャカルマを受けて以来、すっかりファンになってしまい毎年通っているそうです。

その魅力を、友人は、ドクター達の人格の素晴らしさだと言っています。後ほど詳しく紹介しますが、代々続くアーユルヴェーダ医の家族経営で、そこを訪れる患者たちのことを真剣に考えながら、周囲の村人たちも共に豊になっていけるような経営をされています。

パンチャカルマとは?
次のページへ