隠れ冷え性にご用心。"食べる"冷え取りみそ汁レシピ【管理栄養士監修】

隠れ冷え性にご用心。"食べる"冷え取りみそ汁レシピ【管理栄養士監修】

冷え性が体によくないのは、皆さん知っていますよね。実はこの冷え性、太りやすさにも影響するんです!今回は、冷えとダイエットの切っても切り離せない関係についてご説明します。さらに、冷え解消に効果的な「みそ」でやせ力がUPする秘密も教えますよ。


体温が1℃下がると代謝は12%下がる

冷えの原因の1つは自律神経のバランスです。自律神経のバランスが崩れると血流の流れが悪くなり冷えに繋がります。
ほかにも冷たいもののとりすぎや間違ったダイエットも冷えの原因となります。

さらに冷えにより血流が悪くなると代謝に必要な栄養素や酸素などが身体にいきわたらず、代謝が低下し太りやすい体質になってしまいます
体温が1℃下がると代謝は約12%落ちるといわれています。

つまり同じものを食べていても、冷えがある人とない人では体謝能力の違いが出て冷えのある方は水や脂肪がたまりやすくなるのです。

隠れ冷え度チェック

「手足が冷える」「腰が冷える」などの自覚症状がなくても低体温や内臓が冷えているかも
隠れ冷え度をチェックしてみましょう。

□仕事、家庭でストレスを感じることが多い
□身体がかたい
□姿勢が悪い
□肩がこりやすい
□目が疲れやすい
□運動不足である
□身体がだるいことが多い
□肌がくすみがちである
□足がつったり、しびれやすい
□足がむくみやすい
□顔がほてりやすい
□目の下にクマができやすい
□便秘または下痢をよくする
□お腹を手でさわると冷たい
□お風呂はシャワーのみですませることが多い

隠れ冷え度

・0~4個…隠れ冷え度25%
・5個~7個…隠れ冷え度50%
・5個~10個…隠れ冷え度75%
・11個以上…隠れ冷え度90%以上

隠れ冷え度が高かった方は、冷え性予備軍といえます。
今は自覚症状がなくても、体を冷やさないことを意識するようにしてくださいね。

"みそ"でやせ力UP!

日本の発酵食品の代表である みそは健康を守る上で欠かせない食品のひとつ。
昔から、「みそは体を温める」といいますよね。

発酵食品をとると酵素の活性化につながり、食べ物の消化、栄養分の吸収がしっかりできるようになります。また腸内に善玉菌が増え腸内環境も整えてくれます。
このように内臓がしっかりはたらいてくれると代謝アップに繋がるというわけです。

また みその原料である大豆に含まれている大豆たんぱく質は、
・余分な中性脂肪やコレステロールの吸収を防ぐ
・基礎代謝を高めて、腸内の環境を整える
といった、うれしいはたらきをしてくれます。

同じく大豆に含まれる大豆イソフラボンは、コレステロールの吸収を抑え、肥満を防止するダイエット効果が期待できます。

みそはまさに、冷えを防いで太りにくい体質をつくる、ダイエッターにはうれしい食材なのです!

それでは、身体を温めてくれる根菜をたっぷり使った、みそレシピをご紹介いたします。

レシピ:冷えとり"食べる"みそスープ

1人分163kcal

【材料】2人分

・ごぼう…1/4本
・レンコン…50g
・人参…1/4本
・大根…60g
・ベーコン…30g
・生姜みじん切り…少々
・青ねぎみじん切り…大さじ1
・だし汁…2カップ
・みそ…大さじ1.5
・豆乳…50cc

【作り方】

(1)ごぼう、レンコン、人参、大根は2cm角に切る。ベーコンは短冊に切る。

(2)鍋にベーコン、生姜を入れ炒めたらだし汁と①を入れ15分煮る。

(3)「2」にみそを溶かし入れ豆乳を加えひと煮立ちしたら器に盛り上に青ネギを散らす。

★みそと根菜、生姜を組み合わせることで、体を内側から温めて燃焼力UPが期待できます。


具だくさんなスープなので、食べ応えがあって食べ過ぎも防げます
ダイエットの敵、冷えを予防する食べるみそスープで、太りにくい体質を作ってくださいね。

美味しい 一覧 >

アドバイザー&レシピ提供:管理栄養士 岡田明子

13kgの減量に成功した経験と管理栄養士の資格を活かし【食べてキレイにやせる】ダイエットメソッドを確立。
ダイエットや健康関連の事業を行っている。
書籍やWEB媒体でのレシピ・栄養監修、コラム執筆、セミナー開催など幅広く活躍中。
著書に「朝だから効く!ダイエットジュース」「美腸ダイエットジュース」(池田書店)などがある。

管理栄養士 岡田明子のダイエットコラム・ライター・在宅ワーク派遣/ スキルアップ講座

https://ameblo.jp/dietician-aki/

管理栄養士 岡田明子さんのブログです。最近の記事は「アメブロを卒業します!(画像あり)」です。

この記事のライター

wellfy公式アカウント。婦人科医、皮膚科医、臨床心理士など、専門家が執筆した記事を再編、またはその情報もとに執筆しています。

関連する投稿


ブーム再来! しらたきレシピでダイエット【管理栄養士監修】

ブーム再来! しらたきレシピでダイエット【管理栄養士監修】

低カロリーで安価、ダイエッターの味方の食品といえば、「しらたき」ですよね。以前からダイエッターに愛用されてきた食材ですが、最近テレビ番組で取り上げられてSNSで話題になるなど、再び注目を集めています。そこで今回は「しらたき」にスポットを当ててダイエットの活用法をお伝えいたします。


大切な人に。男性が好きな料理のポイントと褒められご飯レシピ【管理栄養士監修】

大切な人に。男性が好きな料理のポイントと褒められご飯レシピ【管理栄養士監修】

手作り料理を彼や旦那さまがおいしそうに食べてくれると、とってもうれしいですよね!喜ぶ顔が見たくて料理作りを頑張っている方も多いのではないでしょうか?そうはいっても、料理が苦手だったり、どんな料理が喜ばれるのか悩んだりする女性も多いはず…。そこで今回は、彼や旦那さまに褒められるご飯を作るこつと、「具だくさんのかた焼きそば」「鮭のポテト衣ステーキ」のレシピをご紹介します。


男性が喜ぶバレンタインご飯!愛情たっぷりレシピでラブラブに♡【管理栄養士監修】

男性が喜ぶバレンタインご飯!愛情たっぷりレシピでラブラブに♡【管理栄養士監修】

バレンタインデーといえばチョコレート!ですが、とあるアンケートによると、男性がバレンタインに欲しいもの第3位が「手料理」だったそう。手作り料理で大切な人と過ごす、とっておきのバレンタインはいかがでしょうか。今回は、男性が喜ぶメニュー作りと、「ロコモコ風プレート」と「野菜たっぷりポテトサラダ」のレシピをご紹介いたします。


白湯でデトックス!アーユルヴェーダ式白湯の作り方・飲み方・効果

白湯でデトックス!アーユルヴェーダ式白湯の作り方・飲み方・効果

綺麗で健康な人たちが取り入れているという「白湯(さゆ)」。ただのお湯では…?なんて思っている人もいるかもしれませんが、ただのお湯ではありません。今回は気軽に作れて、効果の高いと言われている「アーユルヴェーダ式白湯」の作り方・飲み方・効果をご紹介します!


続けられる私になりたい!三日坊主にならないコツ

続けられる私になりたい!三日坊主にならないコツ

今年こそは、続けられる私になりたい。なにもかも三日坊主で終わるのではなく、そろそろ結果につなげたい。中途半端な自分の落ち込む機会が多くなっていませんか?今年こそ三日坊主を卒業しましょう!今回は、三日坊主にならない、目標を達成するコツをご紹介します。


最新の投稿


男性がホワイトデーにお返しをしない3つのワケ。男性の本音をオトコ目線で解説!

男性がホワイトデーにお返しをしない3つのワケ。男性の本音をオトコ目線で解説!

3月14日はホワイトデー。男性からバレンタインチョコのお返しをする日とされていますが、当日になっても彼からなんのプレゼントも、コンビニスイーツすらもない…、なんてことありませんか?それには、男性ならでは3つの理由があるんです!


駅の改札前って意外と不便!おすすめのデート待ち合わせ場所5つ

駅の改札前って意外と不便!おすすめのデート待ち合わせ場所5つ

彼と改札前で待ち合わせ。でも同じように待ち合わせている人は、たくさんいて、意外と不便。見つけるまでに一苦労で、相手を待っている方は混雑のあまりに疲れてしまう……。待ち合わせ場所も工夫することで、その日はずっと二人ともご機嫌でいられるでしょう。


「30代なのに貯金ゼロ」の女性が今すぐ始めるべき5つのこと!平均貯蓄額はいくら?

「30代なのに貯金ゼロ」の女性が今すぐ始めるべき5つのこと!平均貯蓄額はいくら?

「30代の貯金の平均額は500万円」「老後の資金には最低でも1億円が必要」など、貯蓄に関する数字を見る機会って多いですよね。実際には、堅実にコツコツ貯められている女性もいれば、「30代なのに貯金がほとんどない」という女性もいるでしょう。今回は、貯金がない30代女性の不安を消すためのヒントをご紹介していきます。


【心理テスト・占い】成功への選択「防寒具」2019年2月15日~2月21日

【心理テスト・占い】成功への選択「防寒具」2019年2月15日~2月21日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。今回のテーマは寒いこの時期に必須の「防寒具」!算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょう?


専門家に聞く!外反母趾の予防・改善方法ゆりかご歩き(R)とは?

専門家に聞く!外反母趾の予防・改善方法ゆりかご歩き(R)とは?

ハイヒールや足に合わない靴を履き続けているとなりやすい「外反母趾(がいはんぼし)」。ある調査によれば、仕事中に足の悩みを抱える女性は8割以上になるそうです。そこで今回は、外反母趾外反母趾研究所 代表 古屋達司先生のお話を交えながら、予防・改善法について解説していきます!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング