男性と会話が続かない? 男性との会話が弾むコミュニケーションのコツ

The following two tabs change content below.
クチン

クチン

80年代に憧れ、90年代を引きずっているライター。将来は可愛いおばあちゃんになりたい! 「クチン」はインドネシア・マレー語で「猫」という意味です。

彼氏や男友達、また夫と話しているとき、なんか話が噛み合わない、会話が続かない、そんなことありませんか?

「私、コミュ障かな(泣)」なんて凹まないでください!男女の脳の違いと、男性とおの会話のコツがわかれば、改善できるんです。

ここでは、 男性との会話が弾む愛されコミュニケーション のコツについて解説。男性との会話が苦手な女性や、彼や旦那様と会話が続かなくて困っている女性の皆さん、ぜひ参考にしてくださいね。

男性との会話が続かない、弾まないのはどうして?

「彼と会話が続かない…」
「夫と話すと、イライラしてしまう」
「男性同僚とは話が噛み合わない」
「男性って何でそうなの(怒)!?」

こんな悩みを持つ女性は少なくありません。なかには、「私は、口下手だから…」と凹んでしまったり、恋愛が嫌になってしまう女性もいるでしょう。

でも、諦めないでください!原因とコツがわかれば、改善できるんです。
ということで、男女の会話の違い、愛される女性になるための会話のコツをご伝授いたします。

 

男女の会話のすれ違い。その原因は脳の違いにある!?

右脳左脳。そして、男女の脳の違い

ヒトの脳は、右脳と左脳に別れていて、それぞれ担当と得意とする分野が違います。

男性と会話が続かない 男女の会話のすれ違い。その原因は脳の違いにある!?

♥右脳は五感の脳=女性脳

イメージを媒体とし、感覚的に情報を受け入れます。創造性、記憶、共感、表情の認識に優れています。

はるか昔、女性は家事と子育てを担当していたため、家の周囲の監視や、相手の行動や外見のわずかな変化に気付く能力に長ける必要がありました。そのため、右脳が発達したといわれています。

♥左脳は思考、論理の脳=男性脳

言葉や数字から認識します。論理的思考、計算などを担当する。分析、合理性、計画性に優れています。

男性は、狩猟や外敵から家族を守るため、空間認知能力や、動く標的を確実に仕留める能力が発達する必要があったため、左脳が発達したといわれています。

脳の発達は後天的な要素も大きく関わりますので、一概にこうだっ!とは言えませんが、一般的に女性は右脳、男性は左脳が発達しているといわれています。

こうした脳の作りの違いが、会話の違いの原因なのです。それでは、会話に関する男女の違いのお話をしていきましょう。

こんなに違う!男女の会話の特徴

♥右脳が発達している、女性の会話の特徴

・喜怒哀楽の感情で会話する
・悩みやトラブルを誰かに話し共感しあうことが好き
・”和”を好むため、結論を出したり、追求したりすることをあまり好まない
・おしゃべりをするとストレス解消になり、情緒も安定する
・遠回しな表現で会話する傾向がある
・一度に複数のことを考えたられるので、会話もあっちこっちに飛ぶことある

♥左脳が発達している、男性の会話の特徴

・論理的でストレートな会話を好む
・男性にとって会話は、意思伝達の手段
・問題解決が好きで、人にアドバイスしたり、意見するのが好き
・会話の流れに論理性、客観性を求める
・一度に一つのことに集中する特徴があるため、他のことをしているときは、話が耳に入らない
・沈黙が気にならない

このような違いから、男性との会話では、様々なすれ違いやトラブルが発生します。

男女の会話の違いがわかったところで、男性とスムーズに会話を続けるコツ、愛される会話のコツに進みたいと思います!

男性との会話が弾む 愛されコミュニケーションのポイント
次のページへ