今年のクリスマスは手作り♡低カロリーでおしゃれなケーキ&カクテルレシピ

今年のクリスマスは手作り♡低カロリーでおしゃれなケーキ&カクテルレシピ

あっという間に近づいてきたクリスマス。豪華な料理にケーキ、お酒…。普段ダイエット中の方でも、この時ばかりは食べたいものばかり。そうは言いつつ、やっぱりカロリーが気になりますよね。そこで今回は、カロリーを抑えられる手作りスイーツや、野菜カクテルのレシピをご紹介いたします。


ジョギング〇時間分!? クリスマスケーキのカロリー

直径21cm(7号サイズ:8~10人前)程度の、イチゴの生クリームショートケーキの場合、1個(1/8)の大きさで…

●総カロリー:約420kcal
●カロリーの内訳
・スポンジ=120kcal
・クリーム=250kcal
・イチゴ=50kcal

※チョコレートクリームを使っている場合は、さらに80kcalが追加です。

1/8個でこのカロリー。ホール丸ごとだと、なんと420×8=3360kcal。これは、20代女性一日のカロリー摂取量を軽く超えています。 「自分へのご褒美」とホールケーキを食べるのは、ちょっと考えた方がいいかも。

食べたケーキのカロリーを消費するには

先ほど記述したショートケーキ1個分、約420kcalのエネルギーをなかった事にするには、一体どれくらいの運動を行えばよいのでしょうか。

例えば、体重50kgの人の場合…

●ウォーキング
⇒2.8時間
●自転車
⇒2.1時間
●軽いジョギング
⇒1.4時間

なんとこれだけの運動をしないといけないのです。
ますますもって、ケーキは強敵です。

一目で分かる!お酒のカロリー一覧表

続いて、気になるお酒のカロリーも種類別に一覧にしてみました。

【醸造酒】

発酵させて寝かせたお酒で、糖分、エキス分が必ず含まれます。すなわち、比較的高カロリーといえます。

●ビール…500ml=200kcal
●発泡酒…500ml=225kcal
●赤ワイン…200ml=146kcal
●清酒・純米酒…200ml=206kcal
●紹興酒…200ml=254kcal

【蒸留酒】

糖分を含まないため、ダイエットにはオススメと言えますが、アルコール度数の高いお酒が多いため、飲み方には注意が必要です!

●焼酎(35度)…200ml=206kcal
●ウイスキー…(ダブル)=166kcal
●ブランデー…(ダブル)=166kcal
●ジン…(ダブル)=199kcal

年末年始は特に要注意! 飲食時に気をつけたい事

そうはいってもクリスマスは特別な日。ワインも飲みたいし、お肉も食べたい、もちろんデザートも食べたいはずです。

それならば、まず以下の3点に気をつけましょう。

●脂肪の少ないものを意識して食べる
●間食をやめる
●いつもより歩く

見落としがちなお酒のカロリーにも注意!

アルコールのカロリーは「エンプティ(=からっぽの)カロリー」といって、熱量として利用されやすいものなのです。したがって、アルコール類が肥満に影響しにくいことは確かです。

しかし、だからといってカロリーを全く気にしなくて良い訳ではありません。
1gで平均7kcalもあるので、摂取量には注意したいところです。

また、本来カクテルは「お酒のカロリー」+「ジュースのカロリー」が合わさる為、カロリーも高くなり、糖質を含むことにもなる為ダイエットには不向きです。
水やお茶、無糖の炭酸水で割ることをオススメします!


以上のことを考えると、市販のものではなかなか調整が難しいですよね。
というわけで、お次は家で作れる簡単な野菜カクテルとケーキのレシピを紹介しちゃいます♪

【手作りクリスマスその1】4種の野菜カクテルレシピ

【ショートタイプ】(60kcal)

・ベースのお酒…大さじ2程度
・トマトジュース…50cc
・レモンスライス…1切れ

【作り方]
グラスに氷を入れ、ベースのお酒と、漬けていたきゅうり、ミニトマトも入れる。そこにトマトジュースを加えてかき混ぜ、最後にレモンのスライスを入れれば完成。

【ロングタイプ】(60kcal)

・ベースのお酒…大さじ2程度
・野菜ジュース…50cc
・炭酸水…100cc
・くし型に切ったレモン…1切れ

【作り方】
グラスに氷を入れ、ベースのお酒と、漬けていたきゅうり、ミニトマトも入れる。そこに野菜ジュース、炭酸水を加えてかき混ぜ、くし型に切ったレモンをグラスの淵に飾れば完成。

辛口な大人の味!スパイシージンジャー

・ベースのお酒作り
・紹興酒…1合
・おろし生姜…5g

【作り方】
紹興酒にすりおろした生姜を加えて、混ぜればベースのお酒の出来上がり。

この記事のライター

wellfy公式アカウント。婦人科医、皮膚科医、臨床心理士など、専門家が執筆した記事を再編、またはその情報もとに執筆しています。

関連する投稿


男性が喜ぶバレンタインご飯!愛情たっぷりレシピでラブラブに♡【管理栄養士監修】

男性が喜ぶバレンタインご飯!愛情たっぷりレシピでラブラブに♡【管理栄養士監修】

バレンタインデーといえばチョコレート!ですが、とあるアンケートによると、男性がバレンタインに欲しいもの第3位が「手料理」だったそう。手作り料理で大切な人と過ごす、とっておきのバレンタインはいかがでしょうか。今回は、男性が喜ぶメニュー作りと、「ロコモコ風プレート」と「野菜たっぷりポテトサラダ」のレシピをご紹介いたします。


彼と私のバレンタイン♡カップル向けバレンタインの過ごし方3選

彼と私のバレンタイン♡カップル向けバレンタインの過ごし方3選

今年のバレンタインデーはどう過ごしますか?夜景を見に行ったり、イベントにでかけたり、いろいろあると思いますが、今回は私がおすすめするバレンタインの過ごし方を3つご紹介します。付き合いたてのカップルにも、ベテランカップルにもおすすめです♪


白湯でデトックス!アーユルヴェーダ式白湯の作り方・飲み方・効果

白湯でデトックス!アーユルヴェーダ式白湯の作り方・飲み方・効果

綺麗で健康な人たちが取り入れているという「白湯(さゆ)」。ただのお湯では…?なんて思っている人もいるかもしれませんが、ただのお湯ではありません。今回は気軽に作れて、効果の高いと言われている「アーユルヴェーダ式白湯」の作り方・飲み方・効果をご紹介します!


続けられる私になりたい!三日坊主にならないコツ

続けられる私になりたい!三日坊主にならないコツ

今年こそは、続けられる私になりたい。なにもかも三日坊主で終わるのではなく、そろそろ結果につなげたい。中途半端な自分の落ち込む機会が多くなっていませんか?今年こそ三日坊主を卒業しましょう!今回は、三日坊主にならない、目標を達成するコツをご紹介します。


亥年に豚肉☆栄養満点「豚肉」レシピと干支のお話【管理栄養士監修】

亥年に豚肉☆栄養満点「豚肉」レシピと干支のお話【管理栄養士監修】

2019年は亥年、つまりイノシシ年ですね。ジビエブームもあり、イノシシ料理も以前より広まっているそうですが、まだまだ一般家庭で手に入れるのは困難ですよね…。ということで、今回はイノシイの仲間の「豚肉」に焦点を当て、栄養と「野菜たっぷり豚キムチ丼」と「豚肉の野菜巻きトマトソース」のレシピをご紹介します。


最新の投稿


男性が喜ぶバレンタインご飯!愛情たっぷりレシピでラブラブに♡【管理栄養士監修】

男性が喜ぶバレンタインご飯!愛情たっぷりレシピでラブラブに♡【管理栄養士監修】

バレンタインデーといえばチョコレート!ですが、とあるアンケートによると、男性がバレンタインに欲しいもの第3位が「手料理」だったそう。手作り料理で大切な人と過ごす、とっておきのバレンタインはいかがでしょうか。今回は、男性が喜ぶメニュー作りと、「ロコモコ風プレート」と「野菜たっぷりポテトサラダ」のレシピをご紹介いたします。


甘くて濃厚♡彼と試してみたい「バレンタインエッチ」アイデア3つ

甘くて濃厚♡彼と試してみたい「バレンタインエッチ」アイデア3つ

大人の女性にご提案!今年のバレンタインには、チョコレートだけじゃなく、大好きな彼に特別な夜をプレゼントしてみてはいかがでしょう?チョコより甘~い、スペシャルなバレンタインデーのエッチアイデアを3つご紹介します。忘れられない夜を過ごしたい!という人、要チェックですよ。


本命にチョコを渡すなら確認!バレンタイン準備チェックリスト♡大人の女性向け

本命にチョコを渡すなら確認!バレンタイン準備チェックリスト♡大人の女性向け

今年のバレンタインデー。気になっている男性にチョコ、渡しますか?まだちょっと迷っていますか?大人になっても、好きな人にチョコを渡すのは、手が震えるくらい緊張しますよね。今回は、バレンタインデーにうまくチョコを渡すためにチェックしたい to do リストを用意しました。チェックしながら、バレンタイン準備を進めましょう!


圧倒的キュン♡彼氏が惚れ直す「バレンタインチョコの渡し方」5選

圧倒的キュン♡彼氏が惚れ直す「バレンタインチョコの渡し方」5選

恋のドキドキは減ってくるもの。付き合う前や付き合いたてと比べると、バレンタインの特別感も薄れているのでは…?でも、できるものならずーっとラブラブでいたい!と思っている、そこのあなた。カップルのバレンタインデーを盛り上げる、可愛い&面白い彼氏へのバレンタインチョコの渡し方をご紹介します♡この記事は、恋人や夫婦ならではのバレンタインの過ごし方をご紹介。参考にしてみてくださいね。


今年のバレンタインは、恋に効く「赤」で攻めてみる?

今年のバレンタインは、恋に効く「赤」で攻めてみる?

いよいよ迫ってきたバレンタインデー。友チョコやご褒美チョコも楽しいですが、やっぱり本来のテーマは、異性への愛の告白♪今回はその"決戦"の時に気をつけたい「色」についてのお話です。「女の子っぽい色はどうも苦手で…」とか「持っている服は地味目の色ばかり」なんていう人も多いかもしれませんが、2月14日はぜひ赤色を取り入れてみませんか?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング