コンドームでかぶれる?ラテックス(ゴム)アレルギーの症状・対処法

最近増加中の「ゴム=ラテックスアレルギー」。ゴム手袋、風船だけでなく、コンドームでもアレルギーが発症することがあります。「コンドームでかぶれる」「エッチしたあと、かゆい…」という人、もしかするとアレルギーかも。ここではラテックスアレルギーの基礎知識と対処法を伝えします。

近年、天然ゴム製品による、ラテックスアレルギーが増加傾向にあるということを知っていますか?

消費者庁は、2017年3月末に、ラテックスアレルギー症状が出た事例が過去に40件以上報告されているとして注意を呼びかけました。

天然ゴム製品の使用による皮膚障害は、ラテックスアレルギーの可能性があります。アレルギー専門医に相談しましょう。

消費者庁ウェブサイトより
出典: http://www.caa.go.jp

ゴム手袋やゴム風船、コンドームを使ったあとに、肌に蕁麻疹(じんましん)が出た人、もしかするとラテックスアレルギーの可能性があるかもしれません。

 

そもそも「ラテックス」って何?

コンドームでかぶれる ラテックス(ゴム)アレルギーの症状・対処法 そもそも「ラテックス」って何?

ラテックスとは、ゴムノキ(ゴムの木)類の樹皮を傷つけた際に分泌する乳白色の液体で、天然ゴムのこと。たんぱく質、アルカロイド、糖など様々な成分が含まれています。
天然ゴムが使われている製品例は次のとおり。

【医療用ラテックス】
医療用手袋、尿や血管に入れるカテーテル、ばんそうこう など

【家庭用ラテックス】
炊事用手袋、ゴム風船、輪ゴム、コンドームなどの日用品 など

 

コンドームでかぶれる ラテックスアレルギーと症状

ラテックスアレルギー(ゴムアレルギー)とは、天然ゴム製品に接触することで起こるアレルギー反応のこと。

多く見られる症状

・手袋など、ゴム製品に接した部分に起こる「接触蕁麻疹(じんましん)」
・ゴム手袋を装着した手がかゆくなる、赤くなる
・皮膚の表面が盛り上がったようになる膨疹(ぼうしん)、水疱(すいほう)が起こり、全身にも広がっていく

その他の症状

喘息(ぜんそく)、アナフィラキシーショック(短い時間のうちに全身にアレルギー症状が出る反応のこと)、呼吸困難、血圧の低下、嘔吐、腹痛 など

 

ラテックスアレルギーの原因、メカニズム

人体がラテックスに含まれているたんぱく質をアレルゲン(※1)と認識し、それを排除しようと体の免疫反応が過剰に起こることで、アレルギーが発症します。

※1)アレルゲン…広義には、アレルギーの原因によくなり得る物質のこと。

ラテックスアレルギーの発症には、接触、または吸入といった2つのパターンがあります。

ゴム製品に接触、アレルゲンを吸収して起こるパターン

(1)ラテックス製品を使用し触れる
(2)製品に残っていたアレルゲンとなるラテックスたんぱく質が皮膚と接触
(3)アレルゲンが汗によって溶け出し、皮膚、血液、粘膜などから人体内に吸収されて、発症する

ラテックスゴム製品にパウダーがまぶしてあれば、それが皮膚表層に傷などのダメージを与え、よりアレルゲンを進入させやすくする。

アレルゲンを吸入して起こるパターン

(1)ゴム手袋などに塗布されているパウダーや、ゴムタイヤの摩耗(まもう)紛が空気中に飛散する
(2)その飛散した微粒子が口や鼻を介して吸入され、体内に取り込まれて、発症する

ラテックスアレルギーは先天性?なりやすい人って?
次のページへ