お酒を飲むと女性はエッチしたくなる!?|アルコールと性欲の関係

The following two tabs change content below.
tomo

tomo

Webライター歴もうすぐ4年目のtomoです。 編集部で唯一の男性ライター。 男性目線の記事を発信していきます! 休日は基本的にアマプラやHuluで海外ドラマと洋画を観てます。THE インドア男子です。 あと、音楽は邦ロックが好きです。通勤に音楽は欠かせません。

「お酒を飲むとエッチな気分になる…」という女性は多いのですが、それってどうしてなのでしょう?どうしてお酒に酔うと性欲が強くなるのでしょうか?ということで今回は、アルコールと性欲の関係、飲酒時の注意点、飲んだ勢いでエッチしやすい女性の特徴、さらに、お酒の力を借りて使えるテクニックまで、たっぷりお届けします。

女性の性欲とアルコールの気になる関係

普段はお堅い雰囲気…なのに、酔ってしまうとガードが甘くなってしまう、そんな女性って意外と多いですよね。

でもお酒を飲むと、なんでそんな風になってしまうのでしょうか?

 

女性はお酒を飲むとしたくなる?

人はアルコールを摂取することで、性欲が高まったり、理性が効かなくなったりなど様々な精神的作用が引き起こされてます。

特に女性は、酔ってしまうと人恋しさからボディタッチが増える人も多いですね。

★でも慣れ慣れしいボディタッチは、男性ウケ×かも!?

女性がお酒を飲むとエッチな気分になってしまう理由は次の通りです。

・お酒を飲むとエッチな気分になる理由1:男性ホルモン「テストステロン」の影響

アルコールの摂取により、男性ホルモンの「テストステロン」の分泌量が上昇して、性欲が高まってしまうから。そのため、お酒を飲むと普段よりも積極的になる人が多いみたいです。

・お酒を飲むとエッチな気分になる理由2:快楽ホルモン「ドーパミン」の影響

アルコールを摂取して、気分が高揚すると、脳内で「楽しい・心地よい」といった感情を生み出すホルモン「ドーパミン」が分泌され、本能的な欲望を司る脳の視床下部が刺激されます。その影響により、性欲や食欲が高まるのです。

 

女性はお酒を飲むと感じやすくなる!?

「お酒を飲んだあとのエッチは、いつもより気持ちいい」という人も多いのですが、それは次の2つが理由のようです。

・お酒を飲むと感じやすくなる理由1:体が敏感になるから

適度な飲酒には、体を敏感にする力があり、触れられることに対する感度が非常に高くなります。ちなみに、特に敏感になるところは「胸」みたいですよ♡

・お酒を飲むと感じやすくなる理由2:血流が良くなるから

女性がエッチでイクためには、骨盤内と骨盤周辺の血流が重要といわれていますが、お酒を飲むと、血流が良くなり、体が温まるので、イキやすい体になります。

でも、飲み過ぎは要注意です!ベロベロに酔ってしまっては、敏感になるどころか逆に感覚が鈍感になってしまいますよ…。


確かにお酒を飲むと楽しくなって性に対するブレーキも緩んでしまいますね。
ホルモンの影響もありますから、いつもよりエッチな気分になってしまうのは仕方のないことなのでしょう。

では続いて男性についてもみていきましょう。女性は適度なアルコール摂取で性欲が高まりますが、男性はどうなのでしょうか?

 

男女で真逆!? アルコールによる男性の性欲への影響

お酒を飲むと女性はエッチしたくなる アルコールと性欲の関係

男性は飲み過ぎると、むしろ性欲が下がる!?

男性も女性と同様、お酒を飲むとエッチしたくなります。しかし、飲みすぎてしまうと、性欲や勃起に関係するテストステロン値が下がっていき、最大20%も下がるといわれています。

つまり、飲み過ぎれば過ぎるほど性欲はどんどん低下していって、最終的にエッチがどうでもよくなってしまう傾向があります。

 

男性は飲み過ぎると勃起しなくなってしまう

男性が勃起するのは、視覚や聴覚などの五感を通して、脳が性的な興奮を感じることで、ペニスに血液を回します。これが勃起するメカニズムです。

しかし、お酒を飲み過ぎてしまうと、脳が一種の麻痺状態になり、五感からの情報もうまく処理できなくなります。そうなると、ペニスに血液を回す指示が狂ってしまい、勃起が鈍くなったり、起たなくなってしまいます。


こうしてみてみると、男性も女性もほろ酔いくらいが、性欲的にも健康的にもちょうど良さそうですね。

次では、お酒を飲み過ぎて楽しくなってしまい、その場の勢いでエッチしてしまう女性の特徴をご紹介!あなたは当てはまっていませんか?

お酒を飲んだ勢いでエッチしちゃう女性の特徴3つ
次のページへ