女性の性欲が強くなる時期はいつ? ピークはアラフォー? 女性とセックス

The following two tabs change content below.
ヘルスケアチーム

ヘルスケアチーム

wellfy編集部公式のヘルスケアチームアカウントです。

女性の性欲 やセックスに関する悩みや疑問は、友達にもなかなか聞けないですよね。だからこそ、悩んでしまう人も多いのでは?この記事では、女性の性欲を徹底解説。

女性の性欲のメカニズム、セックスしたくなる時期、性欲がピークに達する年齢について解説します。大人の女性も、大人の男性も要チェックです。

監修:婦人科医 松村圭子

婦人科医、成城松村クリニック院長。元大妻女子大学非常勤講師。婦人科専門医として、月経トラブルから更年期障害まで、女性の一生をサポートする診療を行う。小さな悩みごとでも相談しやすく、姉御肌の頼れる女医として人気。『医者が教える女性のための最強の食事術』『女30代からのなんだかわからない体の不調を治す本』など著書や監修コンテンツも多数。

女性だってあるんです、ムラムラする時…それって、いつ?

この記事に辿り着いたということは、あなたが性欲のことで悩んでいるからでしょうか。もしかするとあなたは、彼女や奥さんの性欲事情が気になる男性の方かもしれませんね。

まずお伝えしておくと、女性にも性欲はあります!
ですから、もしあなたが「こんなにセックスしたいのは私だけかも…」と悩んでいるのでしたら、ぜひ安心してくださいね。

それでは、気になる女性の性欲の仕組みについて解説していきましょう。

 

女性の性欲 には男性ホルモンと女性ホルモンが関係している

女性の性欲に強く影響するのは、意外にも男性ホルモン「テストステロン」

女性の性欲 には男性ホルモンと女性ホルモンが関係している
「え!?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、男性も女性も、性欲に強く影響するのは男性ホルモンの一種「テストステロン」です。
テストステロンは女性の体内でも男性の5~10%程度の量が分泌されていて、性衝動(性欲)、陰毛の発毛などを促します。そのため、その分泌が多いと性欲が強いといえます。

女性ホルモン「エストロゲン」も影響する

女性ホルモンの「エストロゲン(卵胞ホルモン)」も性欲事情に関係しています。エストロゲンは妊娠しやすい体を作ったり、女性特有の丸みを帯びたボディラインを作る働きをしますが、このエストロゲンの分泌が多いと、性衝動を促すテストステロンの働きが相対的に弱まります。逆に分泌が少ないと、テストステロンの働きが優位になります。
つまり、テストステロンとエストロゲンのバランスが性欲の強さ・弱さに影響する、ということなのです。
 

女性の体はダイナミック!? 毎月のホルモンサイクルと性欲の関係

女性の体は月経(生理)、排卵、妊娠、加齢、そして閉経の影響で、日々ホルモンのバランスが変化します。ですから、男性よりも性欲が強くなる時期、そうでない時期のパターンもいろいろ。

それでは、比較的に短いスパンの月経周期と性欲についてから解説していきましょう。「排卵日周辺は性欲が高まる」「いつも生理前になると、無性にエッチしたくなる」という女性が多いのですが、これにもホルモンバランスが関係しているのです。

月経(生理)周期と性欲の変化

月経(生理)周期と 女性の性欲 の変化

・月経期:性欲普通かやや強め

エストロゲンの分泌量が少ない時期だけれど、月経に伴う体調やココロの変化により個人差が大きい。

・卵胞期(月経後~排卵前):低め

エストロゲン分泌量が増えて、テストステロンの作用が弱くなる。

・排卵期:性欲のピーク

月経サイクルの中では、最も性欲が高まるとされる時期。

・黄体期(排卵後~月経前):性欲強め

エストロゲンの分泌量が減少し、性欲が強まりやすい時期。

続いては、女性の年齢とホルモン分泌量、性欲について解説します。

女性の性欲 のピークはアラサー?アラフォー?
次のページへ