女性の性欲が強くなる時期っていつ? 性欲のピークはアラフォーって本当?

女性の性欲が強くなる時期っていつ? 性欲のピークはアラフォーって本当?

性欲やエッチに関する悩みや疑問は、友達にもなかなか聞けないですよね。だからこそ、悩んでしまう人も多いのでは?この記事では、女性の性欲を徹底解説。女性の性欲の仕組み、セックスしたくなる時期、性欲が強すぎる、性欲が減ってしまったという悩みの対処法についてお伝えします。大人の女性、要チェックですよ!


女性だってあるんです、ムラムラする時…それって、いつ?

この記事に辿り着いたということは、あなたが性欲のことで悩んでいるからでしょうか。もしかするとあなたは、彼女や奥さんの性欲事情が気になる男性の方かもしれませんね。

まず最初にお伝えしておくと、女性にも性欲はあります!

性欲に対するあるアンケートによると、女性の皆さんからはこんな声が↓

「排卵日周辺と生理が終わったあたりに性欲が高まる」
「いつも生理前になるとシタくなります」
「自分好みの体の男性を見たとき」
「寂しいとき。性欲というよりは誰かに抱かれたい。人肌を感じたいと思う」

ですから、もしあなたが、「こんなにエッチいたいのは、私だけかも…」なんてお悩みでしたら、ぜひ安心してくださいね。

それでは、気になる女性の性欲の仕組みについて解説していきましょう。

女性の性欲には、エストロゲンとテストステロンが関係している

女性の性欲に一番影響するのは、意外にも男性ホルモン「テストステロン」

「え、男性ホルモン!?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、男性も女性も、性欲に強く影響するのは男性ホルモンの一種「テストステロン」です。
テストステロンは、女性の体内でも男性の10~20分の1程度の量が分泌されていて、骨格や筋肉の発達、性衝動、陰毛の発毛に関係しています。
テストステロンの分泌が多いと、性欲が強いといえます。

女性ホルモン「エストロゲン」と「プロゲステロン」も影響する

女性ホルモンの「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」も性欲に関係しています。

女性ホルモンの代表でもあるエストロゲンは、性欲を高める働きがあるほか、子宮や膣、乳房などに働きかけ妊娠しやすい体を作る働きもあります。女性特有の丸みを帯びたボディラインは、エストロゲンの働きによるもので、美人ホルモンとも呼ばれています。

「プロゲステロン(黄体ホルモン)」は母のホルモンとも呼ばれ、受精卵が着床しやすいように子宮内の状態を整えたり、子宮内膜のいいコンディションを保ち、妊娠の継続を助ける働きをします。
性欲は子孫を残したい本能のためにありますから、逆にいうと妊娠中は性行為の必要がないといえます。そのため、妊娠中はエストロゲンも増加しますが、プロゲステロンも増加し、結果的にエストロゲンの働きを抑えることになり、性欲が減少することになります。

女性の体はダイナミック!? 変化の多いホルモン事情と性欲の関係

女性の体は、生理、体調、妊娠、加齢、そして閉経の影響で、日々ホルモンのバランスが変化します。ですから、男性よりも性欲が強くなる時期、そうでないタイミングのパターンもいろいろあります。

まずは、比較的に短いスパンの生理周期と性欲についてから解説していきましょう。

生理(月経)周期と性欲の変化

「排卵日周辺と生理が終わったあたりは、性欲が高まる」
「いつも生理前になると、無性にエッチしたくなる」
という女性が多いのですが、これにはホルモンバランスに関係しています。

・生理中:性欲低め

エストロゲン、プロゲステロンともに、分泌量が少ない時期なので、性欲は強くないほう。

・生理後~排卵前:性欲が強くなる

エストロゲン分泌量が増えて、性欲も高まる。

・排卵日:性欲のピーク

生理サイクルの中では、最も性欲が高まるとされる時期。

・排卵直後~生理:性欲減少

エストロゲンの分泌量が減少し、プロゲステロンの分泌量がアップします。性欲が一気に減少しやすい時期です。

この記事のライター

wellfy公式アカウント。婦人科医、皮膚科医、臨床心理士など、専門家が執筆した記事を再編、またはその情報もとに執筆しています。

関連する投稿


愛され度は、セックスで丸わかり。彼女に飽きた男性のセックスにはこんな特徴がある。

愛され度は、セックスで丸わかり。彼女に飽きた男性のセックスにはこんな特徴がある。

彼にどれだけ愛されているか判断するのは、意外と難しいもの。言葉では「愛している」「好き」と言ってきても実際のところ本当か嘘かは分かりません。なんとなく彼が最近冷たい…、そんな不安を感じたら、彼のベッドでの行動をみれば一目瞭然ですよ。


寒い冬は感じにくくなる? 冬セックスの注意事項とおすすめテクニック4選

寒い冬は感じにくくなる? 冬セックスの注意事項とおすすめテクニック4選

冬は気温が低くなり、太陽が出ている時間も少なくなることで、私たちの体に様々な変化が起こります。そして、体に変化が起きると、セックスにも影響がでてきてしまいます。そこでこちらの記事では、冬のセックスで気をつけたいこと、冬におすすめのセックス術について解説していきたいと思います。


濡れない…潤い不足による性交痛の4つ原因と改善策。エッチの痛み、我慢しないで!

濡れない…潤い不足による性交痛の4つ原因と改善策。エッチの痛み、我慢しないで!

大好きな彼とベッドイン!でも、濡れない…なんて経験ありませんか?十分に濡れていないために、挿入時にピリッとした痛みや、ヒリヒリする痛みが出る人もいるでしょう。この記事では、女性の潤い不足による性交痛の原因と、それぞれの改善策をお伝えします。メンタル面でできることや、グッズを使う方法などご紹介しますので、一人で悩まずに、ぜひチェックしてみてくださいね。


【アフターピル】望まない妊娠のリスクに…緊急避妊薬の効果・副作用・価格など

【アフターピル】望まない妊娠のリスクに…緊急避妊薬の効果・副作用・価格など

「避妊に失敗した。無理やり避妊なしのセックスをされた」。そんなとき、泣いたり不安がったりしているだけでは、時間が立つばかりです。できる策は早めに打ちましょう。アフターピルは、そんな性交の後、望まない妊娠を防ぐための緊急用ピル。ここでは緊急避妊薬アフターピルについて詳しく解説します。


膣が狭いのは膣狭窄が原因?セックスで挿入時に性交痛があり、彼とギクシャク…

膣が狭いのは膣狭窄が原因?セックスで挿入時に性交痛があり、彼とギクシャク…

「彼のことは好きなのに、膣が狭いのか、性交時の挿入が痛くてつらい。膣が狭いのは病気…?“ゆるい”よりは“キツい”が良いと言うけれど、痛すぎる」。膣狭窄という病気があると知り、挿入時に痛みが出るほど膣が狭いのは、もしかして膣狭窄が原因なのではないかと心配している人もいるでしょう。ここでは、膣狭窄と膣の狭さ、性交痛の関係について解説します。


最新の投稿


おすすめインテリアショップまとめ(ソファとベッド編)

おすすめインテリアショップまとめ(ソファとベッド編)

【プチDIY女子達のお部屋案内】unico、MOMO Naturalなどおすすめインテリアショップをまとめました。


勝負服はコレ。「大人のデート」にぴったりな上品スカートを集めました。

勝負服はコレ。「大人のデート」にぴったりな上品スカートを集めました。

今回は、女性らしさ2割り増しな「大人のデートにピッタリのアイテム」をご紹介します。


彼氏との初めての「おうちデート」。準備しておくものは?服装、料理はどうする?

彼氏との初めての「おうちデート」。準備しておくものは?服装、料理はどうする?

初めての「おうちデート」って緊張しますよね。今回は、彼氏との初めての「おうちデート」のために準備しておいた方が良いものをご紹介していきます。「おうちデートに誘われたけど、何をしたらいいんだろう?」「必要なものはある?」など、心配している方はぜひチェックしてみてください。


もうウンザリ!人間関係に疲れたときの対処法

もうウンザリ!人間関係に疲れたときの対処法

職場に友人、知人まで。人間関係が広ければ広いほど、疲れませんか?いつの間にか、友達の友達までもが知り合い同士だったりと、窮屈な思いや逃げ出したい気持ちになることも……。今回は、人間関係に疲れたときの対処法をご紹介します。


「甘やかす」は逆効果!?年下男性にモテる女性の4つの特徴

「甘やかす」は逆効果!?年下男性にモテる女性の4つの特徴

なぜかいつも年下男性にモテる女性っていますよね。今回は、「どんな女性が年下男性にモテるのか」について解説していきます。年下男性に人気があるのは、「憧れの対象になる綺麗な女性」だけだと思っていませんか? 実は、年下男性の好きになる女性には様々なタイプがあるのです。「気になる年下の彼がいる」「年下にモテる方法を知りたい」という方は本記事を参考にしてみてください。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング