女性の性欲が強くなる時期っていつ? 性欲のピークはアラフォーって本当?

女性の性欲が強くなる時期っていつ? 性欲のピークはアラフォーって本当?

性欲やエッチに関する悩みや疑問は、友達にもなかなか聞けないですよね。だからこそ、悩んでしまう人も多いのでは?この記事では、女性の性欲を徹底解説。女性の性欲の仕組み、セックスしたくなる時期、性欲が強すぎる、性欲が減ってしまったという悩みの対処法についてお伝えします。大人の女性、要チェックですよ!


お酒を飲むと性欲が強くなる理由は?

お酒を飲むと、エッチな気分になるという人も多いですよね。
アルコールにも、テストステロンの分泌量を促す作用があるので、飲酒すると性欲が高まる人が多いです。

また、アルコールは、楽しい、心地よいといった感情を生み出すホルモン「ドーパミン」の分泌も促します。ドーパミンは、本能的な欲望を司る脳の視床下部を刺激する働きがあるので、その影響で性欲が高まると思われています。

飲酒と性欲についてもっと知りたい人は、こちら↓をチェックしてみてくださいね。

続いては、女性の年齢とホルモン分泌量、性欲について解説します。

女性の性欲のピークはアラサー? アラフォー?

「女性は30歳を過ぎると性欲が強くなる」「アラフォーが性欲のピーク」といった話を聞いたことある人も多いのではないでしょうか。
とても気になるこの疑問、結論から言いますと、個人差はありますが、女性は年齢を重ねるとともに性欲が強くなり、年齢的には40歳頃が性欲のピークといえます。詳しく解説しますね。

女性がアラサーから性欲が増すのは、加齢によるホルモンのバランスの変化が影響している

先ほどもお伝えしましたが、性横にはエストロゲンとテストステロンのバランスが関係しています。

女性の体のライフステージは、小児期、思春期、成熟期、更年期、老年期といくつかの段階があり、女性ホルモンのバランスもライフステージにそって変化します。

エストロゲンの分泌量は、思春期頃から増えはじめ、成熟期を迎える20代後半から30代前半がピークを迎えます。40歳を過ぎたあたりから減少し始め、40代後半で急激に減少します。
また、性欲を押える働きのあるプロゲステロンも減少します。

いっぽう、性欲の強さに最も関係しているテストステロンは、男性の場合、加齢とともにテストステロンの分泌が減少していきますが、女性の場合は年齢を重ねてもテストステロンの分泌量はあまり減りません。

つまり、これらのホルモンバランスの変化の影響で、性欲も変動するということです。
男性が「熟女はエロい」なんて話をしますが、一理あるということですね。

大人の女性として、エッチを楽しめるようになるからという理由も

また、ホルモンだけでなく、心理的な要因もあります。
男性に比べて女性は、セックスで"気持ちの良い"と感じるには、心と体の慣れとリラックスが必要です。20代前後の若い頃は、一般的に性行為の経験が少ないですから、セックスに対しての不安や恐怖心があり、楽しめないことがあります。

例えば、
「緊張して濡れなくて痛かった」
「恥ずかしすぎて集中できなかった」
という経験をした女性も多いのでしょうか。

セックスに慣れてきて、「セックスは気持ち良いもの」と思えるようになることも、女性の性欲のピークがアラフォーになる原因のひとつかもしれません。

40代後半の更年期は、性欲ってどうなる?

40代後半になり更年期を迎えると、更年期障害の諸症状などの影響から性欲が低下する場合があります。一方で、閉経して妊娠の心配がなくなることで不安なくセックスを楽しめて、心理的な理由から性欲が高まる場合もあります。

性欲は、ホルモン分泌の変化だけでなく、例えば、相手の男性がタイプだ、妊娠の心配がない、といったメンタル面、環境面も関わってきますから、一概には言えないでしょう。

ちなみに、男性の性欲のピークは、通常10~20代と言われていて、脳内の性欲を司る部位が、女性の2倍以上大きいそう。男性の性欲についてはこちら↓をチェックしてみてくださいね。

続いては、最近増えているという「性欲が強い女性」についてお話します。性欲が強いことが悪いことではありませんが、困る人もいるのではないでしょうか。

性欲が強くなって抑えられない…どうすればいい?

生理不順、オス化などの症状もあれば、病気が原因の可能性も

前項でもお伝えしましたが、女性の性欲には、男性ホルモンのテストステロンが強く影響しています。

ですから、テストステロンの分泌が異常に増えるような病気、例えば「多嚢胞卵巣(たのうほうらんそう)」などにかかると、男性ホルモン過剰のために性欲が増すことがあります。この場合、毛深くなる、月経不順といった症状も現れるので、そのような症状があれば、はや前に婦人科を受診して対処しましょう。

自然に男性ホルモンが増えて、性欲が強くなった場合

特に病気はなく、自然に男性ホルモンが増えているのなら、男性ホルモンの働きを抑える薬として有効なケースがあります。

また、男性ホルモンの次に性欲に影響するのはエストロゲン(卵胞ホルモン)。エストロゲンの働きを抑えるには、プロゲステロン(黄体ホルモン)を補充するという方法もあります。プロゲステロンはエストロゲンとともに女性ホルモンの代表ですが、エストロゲンの働きを抑える効果があります。

いずれの場合も、自己判断はNG。まずは、近くに婦人科やレディースクリニックで専門医に相談することをお勧めします。

続いては、なぜか逆に性欲がなくなって困っている…という場合に考えられる原因と対処法についてお話します。

この記事のライター

wellfy公式アカウント。婦人科医、皮膚科医、臨床心理士など、専門家が執筆した記事を再編、またはその情報もとに執筆しています。

関連する投稿


【アフターピル】望まない妊娠のリスクに…緊急避妊薬の効果・副作用・価格など

【アフターピル】望まない妊娠のリスクに…緊急避妊薬の効果・副作用・価格など

「避妊に失敗した。無理やり避妊なしのセックスをされた」。そんなとき、泣いたり不安がったりしているだけでは、時間が立つばかりです。できる策は早めに打ちましょう。アフターピルは、そんな性交の後、望まない妊娠を防ぐための緊急用ピル。ここでは緊急避妊薬アフターピルについて詳しく解説します。


膣が狭いのは膣狭窄が原因?セックスで挿入時に性交痛があり、彼とギクシャク…

膣が狭いのは膣狭窄が原因?セックスで挿入時に性交痛があり、彼とギクシャク…

「彼のことは好きなのに、膣が狭いのか、性交時の挿入が痛くてつらい。膣が狭いのは病気…?“ゆるい”よりは“キツい”が良いと言うけれど、痛すぎる」。膣狭窄という病気があると知り、挿入時に痛みが出るほど膣が狭いのは、もしかして膣狭窄が原因なのではないかと心配している人もいるでしょう。ここでは、膣狭窄と膣の狭さ、性交痛の関係について解説します。


彼氏・夫がEDに…あなたにできること|勃起不全の種類・原因・治療法・向き合い方

彼氏・夫がEDに…あなたにできること|勃起不全の種類・原因・治療法・向き合い方

年齢に関係なく増加傾向にあるED(勃起不全)問題。大切な彼氏や夫が勃たない…そんなとき、どうすれば良いでしょうか?ここではEDの基礎知識、原因(特に心の問題を中心に)、対処法、治療法について詳しくご説明します。EDは「男性の問題」と彼に任せっぱなしにすることではなく、カップル2人で一緒に向き合っていくことが大切ですよ。


みんなどうしてる?子どもがいてもセックスができる夫婦の夜の営み方法とは?

みんなどうしてる?子どもがいてもセックスができる夫婦の夜の営み方法とは?

たまには夫と二人きりで、ラブラブな時間を過ごしたいけど子どもがいたり、自分または夫の家族が同居していたり…夫婦の夜の営みって、結構問題点が多かったりしますよね。実は、同じような悩みを抱えている夫婦も多いようです。今回は、子どもがいる夫婦のセックスの問題点、脱セックスレスを可能にするコツについてお話します。


いにしえからの教え! カーマ・スートラから性の奥義を学ぼう【後編】

いにしえからの教え! カーマ・スートラから性の奥義を学ぼう【後編】

今回のテーマは「カーマ・スートラから学ぶ性愛の奥義part2」。前回に続き、性愛の奥義に触れた古代インドの性典「カーマ・スートラ」より、赤裸々に性行為についてつづってある第二部「性的結合について」の部分をご紹介していきたいと思います。


最新の投稿


【アフターピル】望まない妊娠のリスクに…緊急避妊薬の効果・副作用・価格など

【アフターピル】望まない妊娠のリスクに…緊急避妊薬の効果・副作用・価格など

「避妊に失敗した。無理やり避妊なしのセックスをされた」。そんなとき、泣いたり不安がったりしているだけでは、時間が立つばかりです。できる策は早めに打ちましょう。アフターピルは、そんな性交の後、望まない妊娠を防ぐための緊急用ピル。ここでは緊急避妊薬アフターピルについて詳しく解説します。


理想の夫婦1位はやっぱりあの夫婦!9割以上の妻が今年夫の大切さを実感♡

理想の夫婦1位はやっぱりあの夫婦!9割以上の妻が今年夫の大切さを実感♡

“平成最後の”いい夫婦の日ということで、結婚式場のクチコミサイトを運営する株式会社ウエディングパークが、20代~30代の既婚女性を対象に「いい夫婦」に関する調査を実施しました。その中では、2018年「理想の有名人夫婦」などもランキング形式でご紹介。あなたの好きな有名人夫婦は一体何位にランクインしてる!?


意外と多い?結婚指輪「着けない派」の理由は?着用率アンケート|いい夫婦の日

意外と多い?結婚指輪「着けない派」の理由は?着用率アンケート|いい夫婦の日

婚約・結婚指輪オンラインショップ「BRILLIANCE+:ブリリアンスプラス」が「いい夫婦の日」特別調査として、既婚男女888人に結婚指輪の着用率に関してのアンケートを実施。その結果、「半数以上が結婚指輪を毎日着けない」ことがわかり、さらに「年代が上がると共に着用率が低下する」という結果になったそう。みんなの結婚指輪を着けない理由をみていきましょう。


大人気サロンが提案する秋の“ニュアンスヘア”と“ミニマムメイク”のススメ

大人気サロンが提案する秋の“ニュアンスヘア”と“ミニマムメイク”のススメ

一気にアカ抜け顔にチェンジする!季節の変わり目とともにヘアスタイル&メイクもアップデートしたいもの。おしゃれに見せる鍵はポイントだけ抑えたミニマムメイクとさりげない動きや質感を添えたニュアンスヘア。大人気サロンが作るヘアとメイクの絶妙バランスをご紹介いたします。


膣が狭いのは膣狭窄が原因?セックスで挿入時に性交痛があり、彼とギクシャク…

膣が狭いのは膣狭窄が原因?セックスで挿入時に性交痛があり、彼とギクシャク…

「彼のことは好きなのに、膣が狭いのか、性交時の挿入が痛くてつらい。膣が狭いのは病気…?“ゆるい”よりは“キツい”が良いと言うけれど、痛すぎる」。膣狭窄という病気があると知り、挿入時に痛みが出るほど膣が狭いのは、もしかして膣狭窄が原因なのではないかと心配している人もいるでしょう。ここでは、膣狭窄と膣の狭さ、性交痛の関係について解説します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング