ワインと私。フランス人に学ぶ、ときめきあふれるワイン生活術

ワインと私。フランス人に学ぶ、ときめきあふれるワイン生活術

「程よいお酒は健康に良い」とよくいわれますが、美容にとっても様々な効果があることがわかってきました。特に、注目したいのがワイン。世界最古の発酵食品といわれるワインは、美容に良い様々な成分が含まれるだけでなく、食事のおいしさを倍増してくれる、夜ぐっすり眠れるといったメリットがたくさんあります。ここではワインを暮らしに上手に取り入れる、ときめきあふれる生活術を紹介します。


フランス人に学ぶお酒との付き合い方

ワインの国といえば、やはりフランス。ワイン生産量、消費量ともにトップランクのこの国では、ワインは食卓に欠かせないもの。日本人にとってのみそ汁のようなものかもしれません。10代の子でも、家で家族と一緒に飲むワインは容認されています。

ほとんどの家にワインのストックがあり、廉価なものは普段の食卓に、高めのものは記念日の食事やよそへの贈り物として活用するのが一般的です。

そして、その飲み方もさすがといえるものがあります。体質的には日本人よりもアルコールに強いフランス人ですが、決してがぶ飲みはせず、ゆっくりと飲むのが常識。日本の居酒屋にいるサラリーマンのように急ピッチで何杯もグラスを傾ける人は滅多にいないそうです。ストレス解消ではなく、楽しみとして飲む、この点はフランス人にぜひ学びたいところです。そうすることで、飲み過ぎや二日酔いも防げます。

フランス人に学ぶ、格好良いワインの飲み方

・すきっ腹で飲むのは禁物。必ず、食事と一緒に飲もう
・特に、お酒に弱い人は、食前や食中に水やソフトドリンクを十分に取りながらワインを飲む
・銘柄を見ながら、よく味わって飲み、好きな銘柄を発見しよう
・他のお酒も飲むときは、飲み過ぎに最も注意

知っておきたいワインの効能

さて、いよいよワインの効能です。赤と白ではだいぶ違いますから、それぞれ紹介します。

1:赤ワインの効果

ぶどうの実だけでなく、皮や種を一緒に絞って作る赤ワインには、ポリフェノールがとても多く含まれます。種子や皮のポリフェノールを日々取ることで、血流促進による美肌、冷え性や肩こりの改善、体脂肪の分解、腸内環境やむくみの改善、活性酸素除去(シミやたるみ予防)、などの作用が期待できます。パントテン酸やビオチンなどのビタミンB群も多く含まれるので、肌や粘膜も守ってくれます。

ただし、タンニンを含むため、鉄分の吸収を妨げる、血管を収縮させるという作用もあり、貧血気味の人、頭痛持ちの人は飲み過ぎないように注意しましょう。

2:白ワインの効果

白ワインは、赤に比べてポリフェノールは少なめですが、複数のミネラルがバランス良く含まれています。特に、辛口の白ワインのほうがミネラル豊富で、食事で取った栄養をスムーズに分解し、むくみやイライラの予防などに効果的です。
また、リンゴ酸や酒石酸などの有機酸が含まれていて、腸内の悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす作用がありますから、便秘がちの人には白ワインのほうが良いでしょう。

必読! きれいになるワイン活用法

食事と一緒にそのまま飲むだけでなく、さらにおいしく、効果的にワインを活かす術をご紹介します。

1:サングリア

赤ワインにフルーツを半日から1日ほど漬け込んで作るのがサングリア。フルーツの産地が多いスペインやギリシャでよく飲まれています。とにかくおいしいというだけでなく、フルーツのビタミンCも加わり、美白にもお勧めの飲み方。適したフルーツは、オレンジ、レモン、ブルーベリー、グレープフルーツなどですが、冬場はいちご、りんご、洋梨などを入れても美味。
特に、その年の新酒(ヌーボー)はフレッシュな酵母菌がたっぷり入っているので、ヌーボーのサングリアは美容面でもメリットは多大です。

2:スプリッツァー

白ワインを冷えた炭酸水で割ったカクテル。炭酸の量はお好みで。白ワインの有機酸が腸内美化に効果的なだけでなく、炭酸水には胃腸の働きを活発にする効果があり、便秘が気になる方にお勧めです。

この記事のライター

愛され上手になる 恋愛指南メディア wellfyの公式アカウントです。

関連するキーワード


お酒 海外

関連する投稿


シャンパンを飲む女性はモテる!?特別な女性になるシャンパンたしなみ術

シャンパンを飲む女性はモテる!?特別な女性になるシャンパンたしなみ術

「シャンパンが似合う女性になりたい」。女性であれば、そう願う人もきっと多いはず。実は、シャンパンが似合う女性って、男性にモテるという説もあるんですよ。とういうことで、今回は大人の魅力を引き立てる、シャンパンのたしなみ方をご紹介します。アラサー女性だからこそ身につけたい、シャンパンの素敵な言い伝えや基礎知識もご紹介します。


11月15日はボジョレ・ヌーヴォー解禁日! いつもと違ったワインの楽しみ方はいかが?

11月15日はボジョレ・ヌーヴォー解禁日! いつもと違ったワインの楽しみ方はいかが?

今年も一年に一度のボジョレ・ヌーヴォーの解禁日がやってきます。今年は11月15日です。楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。美容や健康に良いと言われているワインですが、今回はそんなワインの小ネタから、美容法までご紹介します。


秋冬に食べたい!ホッと美味しい韓国料理レシピ3選【管理栄養士監修】

秋冬に食べたい!ホッと美味しい韓国料理レシピ3選【管理栄養士監修】

突然ですが!野菜、足りていますか? 健康と美容に野菜は必須。でも、実は日本人は 韓国人の1/2しか野菜を摂取していないのだとか。今回は、韓国料理の良いところと、これからの時季にぴったり、ホッと温まる「ダッカルビ」「スンドゥブチゲ」「鶏のから揚げピリ辛ソース」レシピを紹介いたします。


フォトジェニックな韓国プチトリップ。

フォトジェニックな韓国プチトリップ。

【ライター平川の今日のつぶやき Vol.2】世界はときめくもので溢れている!をモットーに、気になったモノコトを紹介していきます!先日、週末にひょっこり韓国に行ってきました。言わずもがな大人気の韓国グルメですが、グルメにもフォトジェニックの波が押し寄せているのでした…


パリジェンヌの食卓、フランスの発酵 - vol.2 -

パリジェンヌの食卓、フランスの発酵 - vol.2 -

ワインにパン、チーズ、発酵バター…いま一度振り返ってみると、思いのほかフランスの食に発酵食が自然と馴染んでいることがわかります。パリジェンヌの美しさの秘密!?美味しくて深い、フランスの発酵食を紐解いてみましょう。


最新の投稿


男性が喜ぶバレンタインご飯!愛情たっぷりレシピでラブラブに♡【管理栄養士監修】

男性が喜ぶバレンタインご飯!愛情たっぷりレシピでラブラブに♡【管理栄養士監修】

バレンタインデーといえばチョコレート!ですが、とあるアンケートによると、男性がバレンタインに欲しいもの第3位が「手料理」だったそう。手作り料理で大切な人と過ごす、とっておきのバレンタインはいかがでしょうか。今回は、男性が喜ぶメニュー作りと、「ロコモコ風プレート」と「野菜たっぷりポテトサラダ」のレシピをご紹介いたします。


甘くて濃厚♡彼と試してみたい「バレンタインエッチ」アイデア3つ

甘くて濃厚♡彼と試してみたい「バレンタインエッチ」アイデア3つ

大人の女性にご提案!今年のバレンタインには、チョコレートだけじゃなく、大好きな彼に特別な夜をプレゼントしてみてはいかがでしょう?チョコより甘~い、スペシャルなバレンタインデーのエッチアイデアを3つご紹介します。忘れられない夜を過ごしたい!という人、要チェックですよ。


本命にチョコを渡すなら確認!バレンタイン準備チェックリスト♡大人の女性向け

本命にチョコを渡すなら確認!バレンタイン準備チェックリスト♡大人の女性向け

今年のバレンタインデー。気になっている男性にチョコ、渡しますか?まだちょっと迷っていますか?大人になっても、好きな人にチョコを渡すのは、手が震えるくらい緊張しますよね。今回は、バレンタインデーにうまくチョコを渡すためにチェックしたい to do リストを用意しました。チェックしながら、バレンタイン準備を進めましょう!


圧倒的キュン♡彼氏が惚れ直す「バレンタインチョコの渡し方」5選

圧倒的キュン♡彼氏が惚れ直す「バレンタインチョコの渡し方」5選

恋のドキドキは減ってくるもの。付き合う前や付き合いたてと比べると、バレンタインの特別感も薄れているのでは…?でも、できるものならずーっとラブラブでいたい!と思っている、そこのあなた。カップルのバレンタインデーを盛り上げる、可愛い&面白い彼氏へのバレンタインチョコの渡し方をご紹介します♡この記事は、恋人や夫婦ならではのバレンタインの過ごし方をご紹介。参考にしてみてくださいね。


今年のバレンタインは、恋に効く「赤」で攻めてみる?

今年のバレンタインは、恋に効く「赤」で攻めてみる?

いよいよ迫ってきたバレンタインデー。友チョコやご褒美チョコも楽しいですが、やっぱり本来のテーマは、異性への愛の告白♪今回はその"決戦"の時に気をつけたい「色」についてのお話です。「女の子っぽい色はどうも苦手で…」とか「持っている服は地味目の色ばかり」なんていう人も多いかもしれませんが、2月14日はぜひ赤色を取り入れてみませんか?


アクセスランキング


>>総合人気ランキング