インドでのヨーガ修行体験記【前編】アシュラムにたどり着くまで

インドでのヨーガ修行体験記【前編】アシュラムにたどり着くまで

インドのヨーガの聖地でヨーガ修行を行ってきた。ヒマラヤ山脈とガンジス川のエネルギーを感じながらの4週間。ここでは、インドの印象や雰囲気、風景、そしてヨーガ修行をするアシュラムまでの道のりを語る。


ヨーガと私の出会い

私のヨーガ(ヨガと呼ばれることが多けれど、本来はヨーガ)との最初の出会いは、トランスパーソナル心理学の学びにおいてであった。トランスパーソナル心理学とは、世界中の古来の伝統的な精神についての叡智(えいち)と体系を、従来の心理学と統合させようというもの。そこで伝統的な精神修行の一つとしてのヨーガを知った。

強靱(きょうじん)な精神力で壮絶な孤独と寒さや飢えに耐え、ひたむきに精神の高みを目指す…。そんなヒマラヤの山奥に住む出家したヨギーたちの日々の修行の一つがヨーガなのだと思っていたから、修行としてのヨーガは私にとって遠いものだった。

一方で、この10年近く自分なりにヨーガを続けてきた。続けてはきたけれど、エクササイズ、あるいは健康法の枠を出ることは無かった。エクササイズとしてのヨーガは、もちろん素晴らしいのだけれど、この先に、もっと別の何かがあるはず、という思いを捨てられずにいた。
熟した果実が落ちるべきときにポッと落ちるように、そんな長年の思いが実を結び、ヒマラヤでヨーガをすることとなった。ヨーガの聖地と呼ばれているインド「リシケーシュ」にある、一つの「アシュラム(修行をする場所という意味)」で4週間修行に向かう。

日本からニューデリーに。インドの第一印象

一般的に浮かべがちなインドのイメージ

インドと言えば、エキゾチックな民族衣裳を着て頭にターバンを巻いた人でごった返し、しきりにこちらに向かって手を伸ばしてくる子どもたちの群れ、そんなイメージを持っている人も多いのではないだろうか。正直に言って、私もそんな光景を頭の片隅に持ちながらインドにやって来た。

けれど、実際に私を待ち受けていたのは、近代化された空港に、ロンドンでもよく見かけるコーヒーショップのCosta Coffeeだった。

出典:https://www.instagram.com/p/BRZ1MCDAX0o/
jo_langhorneさんのInstagramより引用。

飛行機で到着したニューデリーは、インド全体の中心から少し北に位置するインドの首都で、人口2000万人以上もいる国際都市だ。
そこから、1日目に宿泊予定の空港近くのホテルまでは2002年に開通したばかりの清潔な地下鉄が通っていて、5分ほどで簡単に移動できる。地下鉄には、社会人らしい人たちがスマホをいじりながら座っている。

ホテルでは感じの良いホテルスタッフに案内されて、入った部屋は日本のビジネスホテルと何ら変わりない。当然、スタッフは皆、流暢な英語を話す。

ホテル前で撮ったインドの夕日

到着1日目に見たインドの顔は、近代化、そして都市化されたインドの貌だった。そして、地下鉄の入り口でも男女に別れ、荷物チェックを受けたけれど、ホテルの入り口でも、セキュリティチェックがある。あちらこちらにミリタリーの制服を着た人がいて、何だか物騒な印象を受ける。
ひょっとすると、サムライを見に日本に来た外国人が、東京の高層ビル街をみて現実を知るように、私の脳内インドは存在しないのだろうか。

ニューデリーから、さらに北のデヘラードゥーンへ

ニューデリーの空港からは国内線に1時間半ほど乗り、デリーよりさらに北の都市であるDehradun(デヘラードゥーン)に向かう。空港からは、タクシーで1時間ほど離れた街にあるホテルへと移動する。ここでついに私の脳内インドと目の前のインドが一致する。

車とバイクと人力車、そして牛や犬たちが同じ道路を、車線や方向を無視して縦横無尽に進む。もちろん信号は無い。

インドの町並み

インドの牛たち

道端には、様々な人が歩いている。小さな少女が、これからどこかに売りに行くのであろうか、どこかで集めてきたゴミがたくさん詰まった袋を頭に担いで歩いている。険しい表情で哲学的な顔をした老人が、道端にただ座っている。
ものすごいカオスと喧騒(けんそう)だけれど、誰もそれを気に留める様子はない。様々な現実が、ただ混在しているのだ。豊かさも貧困も、原始的な生活もテクノロジーも、渾然一体となって、ガンジス川の流れのようにとうとうと流れていくのがインドの現実なのだ。

そんな光景を見ながらたどり着いたホテルは、近代的なチェーンのホテルだった。インド人の友人から、ヨーガ修行が始まる前に体調を崩さないようにと勧められた、お墨付きの清潔なホテルだ。
フロントでチェックインすると、ウェルカムドリンクまで出てきた。ホテルにはフィットネスクラブもあるし、綺麗な屋外プールまでついている。
ただ、色々な人から警告されていたので、そんなホテルでも歯磨きなどの際も含めて水道水は極力口に入れないようにする。

インドは奥深い。
ホテル外部で見た光景と、ホテル内部のギャップに困惑しながら、明日の長旅に備えて早々にベッドに入る。

この記事のライター

臨床心理士。カウンセリングルームHelix Centre 代表。https://helix-centre.com

関連するキーワード


ヨガ 旅行 メンタルケア

関連する投稿


「旅するデザイナー」がおすすめする旅先でのお土産たち!【vol.07 奄美大島 ハブ油】

「旅するデザイナー」がおすすめする旅先でのお土産たち!【vol.07 奄美大島 ハブ油】

デザイナーならではの視点から、旅先の情報とともにその土地のお土産、雑貨、食べ物などをご紹介します。


「旅するデザイナー」がおすすめする旅先でのお土産たち!【vol.06 福島市飯坂温泉】

「旅するデザイナー」がおすすめする旅先でのお土産たち!【vol.06 福島市飯坂温泉】

【vol.06 福島市飯坂温泉 ラジウム温泉玉子】デザイナーならではの視点から、旅先の情報とともにその土地ならではのお土産、雑貨、食べ物などをご紹介します。


「旅するデザイナー」がおすすめする旅先でのお土産たち!【vol.05 鹿児島竹島】

「旅するデザイナー」がおすすめする旅先でのお土産たち!【vol.05 鹿児島竹島】

【vol.05 「鹿児島竹島」唯一の商店のオリジナルTシャツ】デザイナーならではの視点から、旅先の情報とともにその土地ならではのお土産、雑貨、食べ物などをご紹介します。


「旅するデザイナー」がおすすめする旅先でのお土産たち!【vol.04 波佐見焼】

「旅するデザイナー」がおすすめする旅先でのお土産たち!【vol.04 波佐見焼】

デザイナーならではの視点から、旅先の情報とともにその土地ならではのお土産、雑貨、食べ物などをご紹介します。


もう責めないであげて!彼氏が心の病気になったときの上手な向き合い方

もう責めないであげて!彼氏が心の病気になったときの上手な向き合い方

大切な彼氏が心の病気に。ストレスフルの現代社会を生き抜いている以上、心の病気になるのは決して珍しいことではありません。彼がいつもより疲れているなら、それ以上は、そっとしておくこと。いつの間にか彼の傷を深くしないように気をつけて。今回は、彼氏がうつ病や適応障害、パニック障害など、心の病気になったときの上手な向き合い方をご紹介します。


最新の投稿


男性がホワイトデーにお返しをしない3つのワケ。男性の本音をオトコ目線で解説!

男性がホワイトデーにお返しをしない3つのワケ。男性の本音をオトコ目線で解説!

3月14日はホワイトデー。男性からバレンタインチョコのお返しをする日とされていますが、当日になっても彼からなんのプレゼントも、コンビニスイーツすらもない…、なんてことありませんか?それには、男性ならでは3つの理由があるんです!


駅の改札前って意外と不便!おすすめのデート待ち合わせ場所5つ

駅の改札前って意外と不便!おすすめのデート待ち合わせ場所5つ

彼と改札前で待ち合わせ。でも同じように待ち合わせている人は、たくさんいて、意外と不便。見つけるまでに一苦労で、相手を待っている方は混雑のあまりに疲れてしまう……。待ち合わせ場所も工夫することで、その日はずっと二人ともご機嫌でいられるでしょう。


「30代なのに貯金ゼロ」の女性が今すぐ始めるべき5つのこと!平均貯蓄額はいくら?

「30代なのに貯金ゼロ」の女性が今すぐ始めるべき5つのこと!平均貯蓄額はいくら?

「30代の貯金の平均額は500万円」「老後の資金には最低でも1億円が必要」など、貯蓄に関する数字を見る機会って多いですよね。実際には、堅実にコツコツ貯められている女性もいれば、「30代なのに貯金がほとんどない」という女性もいるでしょう。今回は、貯金がない30代女性の不安を消すためのヒントをご紹介していきます。


【心理テスト・占い】成功への選択「防寒具」2019年2月15日~2月21日

【心理テスト・占い】成功への選択「防寒具」2019年2月15日~2月21日

ロサンゼルスを拠点に多くのセレブリティを顧客に持つ運命鑑定家、サラ・セイヤスが送る「成功への選択」。今回のテーマは寒いこの時期に必須の「防寒具」!算命学、数秘術、占星術などをベースにしたオリジナル手法を用いて、あなたが切り開くべき幸運への扉のヒントを毎週アドバイスします。さて、あなたを成功に導くのは、どちらの選択肢でしょう?


専門家に聞く!外反母趾の予防・改善方法ゆりかご歩き(R)とは?

専門家に聞く!外反母趾の予防・改善方法ゆりかご歩き(R)とは?

ハイヒールや足に合わない靴を履き続けているとなりやすい「外反母趾(がいはんぼし)」。ある調査によれば、仕事中に足の悩みを抱える女性は8割以上になるそうです。そこで今回は、外反母趾外反母趾研究所 代表 古屋達司先生のお話を交えながら、予防・改善法について解説していきます!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング