ウォーキングとランニング、ダイエットに効果的なのはどっち?

The following two tabs change content below.
ヘルスケアチーム

ヘルスケアチーム

wellfy編集部公式のヘルスケアチームアカウントです。

気軽に始められる人気の2大エクササイズ「ウォーキング」と「ランニング」。歩くのと走るのどっちが、早く痩せる?という疑問、ダイエットでエクサをハジメた女性は気になる人も多いのでは?どうせ始めるなら、ダイエットに効果的なほうがいい!ということで、トレーナーさんに解説していただきました。

ウォーキング VS. ランニング

これからは過ごしやすい季節になっていきますね。そんな気候に誘われて外で体を動かしたくなるところですが、さてどんな運動をしようか迷うことはありませんか?

そこで、今回は、気軽に始められる人気の2大エクササイズ「ウォーキング」と「ランニング」について、多くの人が感じる疑問や悩みにお答えしながら、解説したいと思います

2つの運動はどう違うの?

ウォーキングとランニングは、どちらも「有酸素運動」です。
有酸素運動は主に酸素を取り込み、体内の脂肪などを燃焼させることによって、必要なエネルギーを調達します。

脂肪を燃やすには?

ダイエットにおいては、どれだけ多くのエネルギー(=カロリー)を消費して脂肪をたくさん燃やせるかが気になるところですね。
その消費カロリーは、「運動の強さと時間の掛け算」によって決まります。
つまり、消費カロリーを増やすには

1.できるだけ強度の高い運動を行う
2.できるだけ長時間行う

という2つの方法が考えられるわけです。

 

ぶっちゃけ、どっちが早く痩せられる?

ウォーキングとランニング

先ほど述べた「消費カロリーの増やし方」を頭の隅においたうえで、2つの運動を比較していきましょう。

同じ時間ならランニング!

●ウォーキング

運動の強度は低いが、その分ラクに長時間続けることができる。

●ランニング

・運動の強度は高いが、ウォーキングよりキツイので、同じ時間続けられるかどうかはその人の体力次第。
・ランニングの運動の強さはウォーキングの約1.5~2倍程度(スピードにもよります)。

1時間のウォーキングと30~40分間のランニングがほぼ同カロリーを消費する、といことです。
ですので、まったく同じ時間運動する場合は、ランニングのほうが早くやせられるということになります。

ランニングが向かない人

ただ、ランニングのほうが強度の高い運動なので、それをこなせるだけの体力がないとウォーキングと同じ時間行うことは難しく、キツくて続かなくなってしまう可能性もあります。

ですので、結局は自分が続けられる運動の強さやタイミングを見つけて、習慣的に継続することが効率よくやせるコツといえます。

 

ランニングは足が太くなるって、本当?

ランニングの疑問で「走ると足が太くなるのでは?」というのが多く聞かれます。
それについて解説しましょう。

ランニングで使う筋肉

ウォーキング(=歩く)とランニング(=走る)との違いは、空中に浮いている時間があるかないかです。言い換えれば、ランニングは片足ジャンプを連続して行う運動ということです。

ジャンプの着地&キックで主に使われるのが、ふくらはぎや太ももの筋肉。ランニングに慣れていないうちは、ある意味、それらの筋肉にとって筋トレの要素が含まれてくるので、太くなる可能性がないわけではありません。

ただ、有酸素運動を継続していくと、筋肉も慣れてきて筋トレとしての要素は減ってくるので、むしろ細くなっていきます。
(マラソン選手は、筋肉はしっかりしていますが、体の線はとても細いですよね)

ウォーキングとランニング、あなたが向いてるのは?セルフチェック!
次のページへ