男性の“女友達と彼女の境界線”ってどこ? 昇格方法と脈ありサイン

The following two tabs change content below.
クチン

クチン

80年代に憧れ、90年代を引きずっているライター。将来は可愛いおばあちゃんになりたい! 「クチン」はインドネシア・マレー語で「猫」という意味です。

男友達が好きになってしいまった…!好きな男性ができたら、相手にどう思われているか気になるもの。いったい男性にとって、女友達と好きな人の違いって、どんなものでしょう?

今回は” 女友達と彼女の境界線 “をテーマに、女友達から彼女へ進展しうる女性の特徴や、彼女への昇格方法、脈ありサインまでいろいろと紹介していきます。

気になる彼にとってあなたは彼女枠?女友達枠?

まずは、男女間の友情はありえるのか?から見てみましょう。

“男女の友達”はありえるの?

男女で異性の友達の捉え方が違う?

一般的に女性は男友達を「友達」と割り切っていることが多く、「もしかすると恋愛関係に発展するかな…?」なんて期待を持つことは少ないといわれています。
(もちろん、恋愛感情が突然うまれてくるものなので、いつ気持ちが変わるかわかりませんが…)

一方、男性は女性より、女友達と友人関係から恋愛関係に発展する可能性があると考えている人が多いとされていわれます。
多くの男性にとって女友達はノリや話が合って、理解してくれる仲間だけれど、チャンスがあれば恋愛関係に発展する可能性がある存在といえるでしょう。

では、生物学的、心理学的にはどうでしょうか?本能的な部分では、男女で友達として仲良くするというのは可能なのでしょうか。

 

生物学的には男女の友情はありえない

異性との関係は、大きく分けて、「性の対象としての関係」と「人間同士の関係」のふたつといわれています。

生物学的には、男女は子孫繁栄を目的として、お互いを必要としています。男性はより多く自分の遺伝子を残そうとし、女性は優秀なひとりの男性を得て、子育てを終えるまでキープしようとする本能があるので、生物学的にいうと異性は交渉相手であって、友達ではありません。

 

男性は一度女性をして意識すると友達に戻れない!?

男性は一度告白されると、相手を女性として意識してしまう人がほとんどのため、友達関係になりにくく、男女が友達になるには、男性と女性が異性の関係から完全に離れる必要があります。

これらから考えると、異性の友達関係って難しいようですね…。男女の友情は思った以上に貴重なものかもしれません。

いろいろ納得な部分もありますね。
では続いて、男性目線で考える「女友達と彼女(好きな女性)の境界線」について解説していきましょう。

 

“女友達と彼女の境界線” 男性にとってどこからが彼女?

“女友達と彼女の境界線” 男性にとってどこからが彼女?

どんなときに会うのか、どうして会うのか

理由もなく会えるのが友達、理由がないと会わないのが知り合い、理由を作って会いたくなるのが彼女(好きな女)。
女友達が相手であれば「今から会える?」くらいの連絡で十分で、もし都合が合わなかったら、別の友達を探せば済むだけです。しかし、彼女は会いたいから会うわけなので、会うために予定を調整したいり約束をしたりします。

また友達とは、忙しいときには会わずに自己都合を優先しますが、好きな女性とは、寝る間を惜しんで会おうとします。

 

会話のノリ

友達との会話はその場のノリを意識しており、楽しければそれでいいし、特に意識せず会話が進みます。

対して、好きな女性との会話は、相手のことを知りたい欲求が強く、自分のことを知ってもらいたい気持ちも強いので、内容が深くなる傾向があります。

また、相手に好かれるために色々会話のネタを工夫したりもします。

 

一緒にいて楽しいかくつろぐか

男性は女友達とは飲み会、カラオケ、BBQなどの楽しい活動の場を一緒に共有しますが、好きな女性とはくつろげる時間を過したいと思う傾向があります。
彼女とも楽しい時間は過ごしますが、二人きりでまったりくつろぐタイミングがあるかどうかが、境界線のひとつのようです。

 

積極的に関わるか、誠意があるか

男性は、女性よりも合理性を重んじます。
そのため、女友達とは表面的な付き合いを好むので、積極的に関与して変にもめることはあまりありません。女友達には言わなくていいことは言わないし、聞かなくていいことは聞きません。

しかし、好きな女性は、特別な存在のため、問題を放置することができず、逆にケンカになってしまうケースも多いです。また本気で好きな女性へは誠意ある行動を心掛けます。

 

女性として可愛いと感じる瞬間があるか

男性と女友達との間にない瞬間、それは相手女性が可愛くてときめく瞬間です。
女友達に対しては、男友達同然接しますので、ときめいたりすることは普通ありません。
好きになった女性に対しては、自然と可愛いと感じたりときめく瞬間が増えます。

 

触れたいと思うかどうか

男性は本気で好きな女性がいるときは、女友達からのボディタッチに何も感じないし、触れたいとも思いません(浮気性の人は別)。

逆に、好きになった女性には、頭をなでたり肩や手を触るなど、とにかく触れたがります。

続いては、彼女としてアリな女友達の特徴についてご紹介します。男友達が気になる人は、自分が当てはまるがチェックしてみてくださいね。

 

恋人候補? 彼女としてアリな女友達の特徴

恋人候補? 彼女としてアリな女友達の特徴

一緒にいてリラックスできる女性

男性は、女性が与える「癒し」に弱い生き物です。

・いつもニコニコしている
・一緒にいるだけで気分が安らぐ
・話を聞いてくれる
など。そんな癒しを与えてくれる女性は、彼女候補筆頭といえるでしょう!

 

見た目がタイプの女性

男性は女性と比べて、恋人にする基準を「見た目」で判断することが多いです。女性と比べると自分のタイプかどうかにこだわる傾向があると言えます。

あなたが彼のタイプの範囲に入っていれば、恋人へ発展することも十分にありえるでしょう。

 

色気のある魅力的な女性

女としての「色気」がある女性も、男性が彼女にしたいタイプと言えます。

女友達から恋人へ昇格するためには、男性に女性として意識してもらうことが必須。

色気といってのセクシーな装いをする必要はありません。にじみ出る色っぽさが大切。まずは、見た目や言葉遣い、何気ない行動を変えてみて、普段とは違う一面を彼にアピールしてみるのはいかがでしょう?

 

どこか守ってあげたくなる部分がある女性

スキがあったり、危なっかしいところがあって、守ってあげたくなる女性も、女友達から彼女になる可能性があります。

男性は本能的に「女性を守りたくなる」部分があります。友達として過ごしているうちに、「この子は俺がいないとダメかも」「俺が守ってあげなくちゃ」と思うようになるパターンが多いです。

★参考記事

 

では友達関係の間から、恋人同士の関係になるにはどうしたらよいのでしょうか?相手にひとりの異性、つまり女性として意識してもらう方法をご伝授していきましょう。

昇格!女友達から彼女になる方法♡
次のページへ