好きと恋愛の境界線|LIKEなの?LOVEなの?自分の恋愛感情がわからない!

The following two tabs change content below.
ALEX

ALEX

フードコーディネーター・ライター 恋愛など、女性のお悩み記事も配信していきます! 好きな飲み物は南の島で飲むビール♡

最近、自分の感情がLIKEなのかLOVEなのかが分からない女性が増えているのだとか。

「素敵な人だし、好き!でもこの感情は恋愛…?ちょっと待って…、好きって何?」こんなお悩みを抱える女性のために、 好きと恋愛の境界線 について探ってみました。

あなたの気持ちはさてどっち?セルフチェックもありますよ!

人として好き?恋愛感情?自分の気持ちが分からない…

「会社の同僚から突然の告白♡
そこそこかっこいいし、友達も多い彼。仕事もできるし面白い。彼氏としては申し分ないかも!
でも、ちょっと待って…。私、本当に彼のことが好きなの?好きって何…?」

こんな状態になっていませんか?

最近、恋愛離れしている女性が増えているせいか、自分の「好き」という感情がLIKEなのかLOVEなのかが分からない人が増えているのだとか。それはどうしてでしょう?

まず「好き」という感情は大きく分けると、次のような2種類があります。

人として好き=「LIKE」

感じが良い、話しやすい、尊敬できる、信頼できる、自分と似ているなど

恋愛感情の好き=「LOVE」

相手のことをもっと知りたい、尽くしたい、受け入れられたい、独占したい、スキンシップを取りたいと思うなど

こんなふうに文字で書くと分かりやすい気がしますが、なぜ「好き」と「恋愛」の違いが自分自身で分からなくなってしまうのでしょうか?

 

なぜ、「LIKE」なのか「LOVE」なのか、恋愛感情がわからない?

なぜ、「LIKE」なのか「LOVE」なのか、恋愛感情がわからない?

原因1:好きの形が色々あるから

おそらくそれは、好きの形が色々あるから。
ひとくちに「好き」といっても、友情に近いLOVEだってありますし、尊敬に近いLOVEもあります。また、燃えるようなLOVEもあれば、静かで穏やかなLOVEもあります。
好きの中のLIKEとLOVEの割合は無数にあり、形 は色々なのです。

つまり、好きの形がたくさんある分、自分の好きの気持ちが、本当はどれにあたる「好き」なのかが分からなくなってしまうのです。

原因2:自分のココロと対話できていないから

気持ちがわからない人は、自分のココロと向き合えていないケースが多いです。

例えば、本当はココロが「好き」のサインを出しているにも関わらず、「私はもう彼氏なんて作らないから!」や「忙しいから恋愛する時間がない」というような感情の方がずっとあったため、ココロのサインに気がつかないことも。

また、まわりが結婚しはじめたので、焦って彼氏を探していて、彼氏を作ることが最優先になってしまっている場合。こういう時は、焦りなどで、自分の気持ちと向き合う時間がおろそかになってしまい、結果、自分の本当の気持ちが分からなくなって混乱してしまうこともあります。

 

あなたの気持ちは「LIKE」」?それとも「LOVE」チェックテスト

さて続いては、セルフチェック。実際に今あなたが相手の男性に対して抱いている感情は、一体何なのでしょうか。下のチェックテストで明確にしてみましょう。
下記の質問に、YesかNoで答えてくださいね。

セルフチェック1

□彼とあなたには食事の好みや、趣味に共通点がある
□彼のことが信頼できる
□彼は尊敬できる人だ
□彼と一緒に出かけたい
□彼と一緒にいると楽
□彼はとても話しやすい
□彼とは価値観が似ている

セルフチェック2

□彼に触りたい、触られたい
□彼のことをもっと知りたい
□彼を守りたい、または守られたい
□自分のことを語りたくなる
□彼に口説きたい、口説かれたい
□彼の肌に触れたい
□彼の周りの異性に対して嫉妬してしまう

 

1の質問にYESが多かった人
相手への気持ちが、人として好きである可能性のほうが強いです。

2の質問にYESが多かった人
恋愛としての好き、つまりLOVEに近い感情のほうが強いです。

いかがでしたか?
あなたはどちらに多くチェックが入りましたか?

 

好きと恋愛の境界線 に悩む時間をプラスに

あなたが今、好きなのかどうか分からないと思い悩んでいることは、多くの女性が経験すること。「私だけがこんなことで悩んでいるの?」と思わなくてもいいのです。

今の気持ちが恋愛としての好きの場合は、それはとっても素敵なことですし、例えそれが恋愛感情の好きでなくても、次の恋に生かせばいい。
その過程を経験して悩むことも、素敵な女性になる一歩ではないでしょうか?

逆に「LIKE」と「LOVE」の間で悩んでいる時間を楽しんじゃうのも、恋愛の醍醐味かもしれません。