これ以上後悔したくない!アラサーのうちにしておきたいこと6つ

これ以上後悔したくない!アラサーのうちにしておきたいこと6つ

人生に「正解」なんてありませんが、先輩の経験はとても参考になるもの。40代の先輩たちに「アラサーのうちにしておけばよかったこと」を聞いてみました。アラサーライフのヒントが見つかるかも。


先輩女子に聞いた!

女性にとって、「40歳」の節目の迎え方は、大きな問題のひとつかもしれません。40歳になるのが「怖い」「何だか不安」と感じる人もいるでしょう。

でも、40歳を超えて輝いている先輩たちはたくさんいます。
美しく幸せなアラフォー女子になるには、どんなことに気を付ければいいのでしょうか?

40歳になってから後悔したくない!という方必見。40代の先輩女子に「アラサーのうちにしておけばよかったこと」を聞きました。
読むと納得の言葉が次々と…!

美容は日々のケアが大切

アラサーの頃は、高価な化粧品を使って肌にいいことをしているつもりでした。けれど今思えば、化粧品の値段はあまり関係なかったかな(笑)。むしろ毎日ていねいにケアすることのほうが大切。メークを落とさず寝ちゃうなんて、もってのほかですよ。

40代前半/大学職員

やはり「継続は力になり」でしょうか。日々の小さな努力が結果にもつながるもの。地道に日々のケアをしっかりしていくことが大切です。

先輩に言われると重みを感じますね。「まだ、大丈夫」なんて言わずに、毎日コツコツ頑張りましょう。

プレ妊活も忘れずに

卵子の老化について、ちゃんと知識を身に付けておくべきだった。
今になって子どもを授かりたいと思い、不妊治療をしています。でも、なかなか授からなくて。せめて5年前に、本気で女性の体について考えていれば…。もう少しチャンスがあったんじゃないかと思う。

40代前半/PR

近年、晩婚・晩産化が進み、30代後半~40代での妊娠・出産を希望する女性も増えてきましたね。

しかし、卵子は35歳くらいから老化が始まり、37~38歳頃になると、老化が加速していきます。
40歳を過ぎるとさらに、年を重ねるごとに自然に妊娠する確率は低下していき、体外受精などの不妊治療を行う人も増えています。

また、排卵期に性交渉をしても、妊娠が成立するのは約20%程度。妊娠が成立する確率って、思っているよりも低いものです。

いつかは…と妊娠を望む女性なら、アラサーのうちに行動しておいて損はないかもしれません。

自分のために生きてみる!

もう少し自分のためにも生きて良かったかな。
もちろん、仕事をやめて主婦になったことで、夫をより支えることができて楽しかったし、子どもたちの笑顔を毎日見られたのもとても幸せだった。

でも、まわりに振り回されてしまったことが多かったのも事実。ママ友との付き合いに一喜一憂したり、姑のひと言に傷ついたり。誰かの評価を気にしすぎていたような気もする…。

40代/主婦

結婚、出産を経験し、仕事をやめて子育て中心の毎日になると、日々の生活の中で必然的に家族への比重が大きくなりますよね。
もちろんそれはとても充実したものでもありますが、子どもが大きくなってだんだん手がかからなくなると、手持無沙汰になり、「自分のことは後回しにしてしまった」という後悔が出てくる可能性も。

子育てを卒業してからどんなことをしようか、と小さな目標を持つと良いかもしれない、とのことです。忙しいときでも自分のための時間をぜひ持っておくと、さらに充実した30代が送れると思います。

貯金は大切

30代、あのときが本当に貯め時だったんだと思う。結婚も出産も遅かったため、何も考えずに『自分のお金だもん』と使ってしまってしまった。40代になって子どもの教育費や自分たちの老後を考えたとき、『あれ? 嘘でしょ』と現実を見つめるのが怖かった。

40代/パート

成長と共に子どもへの出費がどんどん増えていくのは、確かに不安。
遊べるうちに遊びたいという気持ちはわかりますが、子どもが小さいうちに、または結婚前からお金を貯めておくことはとても大切なことかも。

旅をたくさんしよう

もっと世界中を旅しておけばよかった。仕事、結婚、出産ってやっているうちに、自由に動けなくなっちゃった。今行きたいのは、ペルーのマチュピチュです。

40前半/主婦

40代になって、一番感じるのが体力の低下。30代の比ではないことをお伝えしておきます。友達と会ってランチ、なんて楽しいときも『更年期?』って話になりますし。
長い移動を考えると簡単には行くことのできない世界遺産へ、その価値がわかるようになった30代の間にもっとたくさん行っておけばよかったと心底思います。

40代/会社員

年をとれば、どんどん価値観が固定してきて、新たな発見ってなかなか見つけられないもの。
まだまだ体力も自由な時間もあるアラサーのうちに、たくさん世界を見ておくのがよいかもしれません。
「面倒くさい」とは言わず、様々な場所に顔を出し、挑戦してみてはいかがでしょうか。

変化を恐れないで!

この記事のライター

ライター5年目。恋愛、ライフスタイルを中心に執筆しています。将来は可愛いおばあちゃんになりたい!

関連するキーワード


アラサー ライフプラン

関連する投稿


片思い中のアラサー女子よ!待つだけの恋はもうやめよう

片思い中のアラサー女子よ!待つだけの恋はもうやめよう

みなさん、恋、していますか?恋愛中は彼のことを考えただけでドキドキしたり、オシャレにも気合いが入ったり、世界が一気に華やいだように感じる人も多いでしょう。ですが、「片思い」から一歩先に進めるためには、彼を見てドキドキしているだけでは何も始まりません。今回は、「片思い中のアラサー女子が恋を成就させるためにすべきこと及びしてはいけないこと」について解説していきます。


もうこれで失敗しない!?成功率がグンと上がる婚活心得7か条

もうこれで失敗しない!?成功率がグンと上がる婚活心得7か条

婚活をはじめてみたけれど、素敵な人に巡り合えず、婚活疲れしているなんてこんとはありませんか?心の奥では焦りも感じていることでしょう。今回は、婚活するうえで大切にしたい、心得7か条をご紹介。婚活中の人はもちろん、これから婚活しようか悩んでいる人も、婚活に向けての心構えを知っておくことは大切なので、ぜひチェックしてみてくださいね。


【サロモシンガーcyanが選ぶ】悩めるアラサーに聴いてほしい5曲!福山雅治、高橋優も

【サロモシンガーcyanが選ぶ】悩めるアラサーに聴いてほしい5曲!福山雅治、高橋優も

誰でも、失恋した時に助けてもらった曲、勇気をもらった曲など、思い入れのある曲ってあると思います。特に失恋、結婚、転職など、大人の女性の悩みはつきないもの…。今回は、今注目のサロモシンガー「cyan」さんに、悩めるアラサーにおススメの曲を聞いてみました。シアンさん自身アラサーということもあり、共感できる曲や、新たな発見があるかもしれません!


歳を重ねるたびに美しくなる方法!美しく歳を重ねるアメリカ人女性の特徴とは?

歳を重ねるたびに美しくなる方法!美しく歳を重ねるアメリカ人女性の特徴とは?

アメリカでは、女性は何歳になっても美しいという価値観があります。もっと学び、もっと成長したい!と目覚める女性が今も増え続けています。そんな情熱的でパワフルな彼女たちのように、強くしなやかな女性になりたいと願う女性も多いはずです。今回は、なぜ彼女たちは美しく歳をとることができるのか、その秘密に迫っていこうと思います。


法律相談|夫の前妻と子どもへの養育費を減額してもらうには?

法律相談|夫の前妻と子どもへの養育費を減額してもらうには?

弁護士が回答!バツイチ同士で結婚し子どもにも恵まれたけれど、夫の収入が下がって、かなり生活が厳しい。夫の前妻と子への養育費の支払いが滞っていて、差し押さえまでされそう…。減額してもらいたいけど、どうすればよいの?そんな法律の悩みに、弁護士先生が優しくアドバイスします。


最新の投稿


『LOAVE AOYAMA(ローブ アオヤマ)』の気負いなく等身大でおしゃれを楽しむヘア&スタイル

『LOAVE AOYAMA(ローブ アオヤマ)』の気負いなく等身大でおしゃれを楽しむヘア&スタイル

〈サロンガール”ヘア×ファッション”SNAP⑦〉おしゃれと評判のサロンで働く、トレンドに敏感なサロンガールたちの最新リアルルックをご紹介︕ ヘアスタイル や、ファッションアイテム、コーディネートテク、ブランドなどを徹底ウォッチ。


BOX! BOX! BOX!  しまう・飾る・贈る・整える

BOX! BOX! BOX!  しまう・飾る・贈る・整える

愛おしいから、しまっておく。かわいいデザインに、にんまりする。 開けたときの笑顔を思って、あれこれ詰め込む。 暮らしをデザインするように、積み上げる。 私たちがわくわくするとき、「箱」はいつもすぐそばにある。


可愛すぎる「キキララカフェ」が新宿ルミネエストに期間限定オープン!2018.10.15から

可愛すぎる「キキララカフェ」が新宿ルミネエストに期間限定オープン!2018.10.15から

新宿ルミネエスト8 階にあるカフェ「EGG&SPUMA」にて、前回好評だったサンリオ「いちご新聞」とのコラボカフェに続き、今度は「キキララ」 の愛称で親しまれているサンリオ「Little Twin Stars(リトルツインスターズ)」と「EGG&SPUMA(エッグアンドスプーマ)」のコラボカフェの開催が決定しました。可愛すぎる「キキララ」スイーツを、ちょっとだけご紹介します☆


やっぱりイヤ!彼氏・夫のキャバクラ通いを止めさせる方法。男性がキャバに行く理由とは?

やっぱりイヤ!彼氏・夫のキャバクラ通いを止めさせる方法。男性がキャバに行く理由とは?

全然キャバクラに行かない誠実な男性もいるのに、なんで私の彼・夫はキャバクラに通うんだろう…、と悩んでいる方も多いはず。キャバクラ通いを否定すると「器の小さい女性だな…」こんな風に男性から思われそうだけど、嫌なものはイヤなんですよね。今回は、男性がキャバクラに行く理由と、キャバクラ通いを止めさせる方法をご紹介します。


2人きりで食事を誘われたら脈あり? 男性が女性を食事に誘う本当の理由

2人きりで食事を誘われたら脈あり? 男性が女性を食事に誘う本当の理由

男性から2人きりでの食事に誘われたら、それはあなたへの脈ありサインなのかもしれません。女性からしたら、たかが食事と思うかもしれませんが、男性はそうではありません。そこには男女による恋愛観の違いみたいなんです。この記事では、男性が女性を食事に誘うとき、そのときの心理について解説します!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング